赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GM・京急2100形に追加加工[2:終了]

    昨日の続きですが・・・、なにせただ色を塗るだけなので特に書くことも無く・・・。
    ではアレなので、せめて使った色だけでも挙げておきます。

    床下機器・台車・車輪・スカート・連結器・アンテナ・通風器・クーラー端・ヒューズ箱・避雷器→クレオス・No.338
    屋根板→GM・No.9
    床下一体はガイアのマルチプライマーを吹いた後で塗装しています。

    車体とパンタは以前に塗った状態のままです。

    その後は元通り組んで完成です。

    ・5年前(追加加工前)の状態
    A快特 泉岳寺行き

    ・追加加工後
    追加加工でちょっといい感じに
    実車同様、床下が同じ色で統一されるだけでも印象が変わってきますね。

    もーるど自体は付属のがいいのだけど・・・
    今回もメインの加工となった床下機器の交換。
    正直、製品付属のほうがモールドはきれいなんですけどね。

    左右で一体の制御器
    左右で一体のトラクションコンテナ部分。
    この角度で覗かないと気づかないと思うんです。
    そう考えれば、左右分割の床下パーツでもそこまで問題にならないんじゃないかなと。

    TH2100っぽく
    台車はTH2100に近づけるべく、ブレーキシリンダーと車輪間のブレーキてこの一部を加工。
    なんか思い切り荒が出てますがorz
    ボルスタアンカーについては今回見なかったことにします(・ω・)

    屋根も再塗装
    屋上機器類も塗ることで、プラの質感を消しました。
    ワイパーカバー断面は例によってサインペン塗りです。

    ざっとこんな感じで作業したのですが・・・製品ままより幾分見栄えは良くなるんで、気が向けば他のクルマにも同じ作業をやりたいところ。
    やるとは言ってない
    スポンサーサイト
    1. 2014/08/21(木) 22:30:14|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<生存報告 | ホーム | GM・京急2100形に追加加工[1]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1618-593cffef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)