赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京急600形608Fに小細工[1]

    今年は死蔵しているパーツ類などの使用と消費を進めようと思っています。

    今回はこちら。
    クロポ・京急608F
    クロスポイントより発売された、京急600形608Fと、トレジャーのパーツ類です。

    注目はこのパーツ。
    これの消費も兼ねる
    ホワイトメタル製の床下機器パーツで、608F一編成分が含まれています。
    元々はGMの600形タイプのキットとそのパーツ類を合わせて608Fを仕立てるつもりでしたが、完成品で608Fが出たことによりお蔵入り。
    608F自体が3年前の4月発売のようだったので、それよりも前から漬けてあったことになりますね(・ω・)

    今回はこの床下パーツのみを使います。一緒に写っていたクーラーは本当にお蔵入りです。

    元の床下パーツと交換するだけなんで、大したことはしていません。
    ただし・・・
    そこそこ削れました
    動力部分はダイキャストを盛大に削り、床下パーツ自身も多少加工して、動力に収まるようにしました。
    同時に動力の搭載号車をを608-3から608-4に変更しました。

    主な加工はこれでおしまいです。
    そして芋づる式に手を入れる場所が増える
    おしまい・・・にするはずでした・・・。

    台車を見ててふと、M車とT車で違いがあるはずと思っていたら、やっぱそのようでした。
    が、加工がちょっと手間になる予感なんですよねこれ・・・。
    しかし、知ってしまった以上見かけだけでも近づけておきたいので加工する方向で考えてます。

    屋上だって、ヒューズ箱とそれに付帯する配管が一つ多いので、そこも直したいですし・・・。

    早くも本来の目的から外れてますけど、仕方ないね(・ω・)
    スポンサーサイト
    1. 2014/07/28(月) 21:56:56|
    2. クロスポイント・京急600形608F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<京急600形608Fに小細工[2:完了] | ホーム | アルペンルートとほくほく線>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1615-779f6952
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)