赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    板から箱へ

    昨日に引き続き、今回はビードの取り付けを行いました。
    側面パーツのコルゲーションをすべて削り落としているため、別パーツを使用して再現しなおす必要があります。
    今回、グリーンマックス製のコルゲート板を使用するか、クロスポイント製のエッチングパーツを使用するかで迷いましたが・・・
    主な違いは、断面と強度でしょうか・・・
    断面と作業性を考えた結果、今回はコルゲート板を使用しました。
    エッチングパーツは、断面が角ばっているうえ、Bトレサイズに正確に・きれいに切断する自信がなかったのです(´・ω・`)

    そういうわけで、コルゲート板をBトレサイズに切り出して・・・
    表面のコルゲーションを潰さないように・・・
    側面パーツに貼り付けました。
    ついでに雨どいも
    コルゲート板は、裏に両面テープが貼ってありますが、今回はそのまま使用しています。
    なので、「バールのようなもの」でこじると簡単に外れてしまいますorz
    ついでなので、雨どいも追加しました。
    側面パーツ上端から伸びているヒゲが、その余り部分です。

    今日はここまでのつもりでしたが、まだ時間が残っていたので、さらに作業を進めました。

    ボディについては、もう特に弄る箇所はなくなったので、「箱」にしました。
    ようやく箱になりました
    私の場合ですが、ここで満足してしまう傾向があるのです・・・。
    ガマンガマン・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/02/12(火) 21:37:13|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<パーツのスキマ♡お埋めします | ホーム | 隙間の原因と処置>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/161-53e3491f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)