赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京阪600形(1次車と3次車)[80]

    新年最初の記事は、手がけてからもうすぐ丸2年経とうとしている京阪600形。

    側面窓ガラスも入りいよいよ車体ラッピングへ・・・と思ったのですが、その前にやり残していたところを終えておきます。

    後付部品の塗り足しを
    無線アンテナの台座がまだ未塗装でしたので今のうちに塗っておきます。
    ここですが、車体の塗装後しばらくして付け忘れに気づいたので、そこだけ塗られていないというわけです。

    車体色で
    よく見れば塗装面に細くヒビが入っていたので、その辺も一緒に塗っておきました。

    忘れていたのは台座だけでなく・・・
    アンテナと幌も塗装
    アンテナ本体と幌も手付かずの状態でしたので同時に塗りました。

    そしていよいよ、この工作の最大のポイントである車体ラッピングに入ります。
    いよいよデカール貼り
    車体全体に渡る大きなデカールを貼り付けるという、見るからに初心者お断り的な雰囲気を発するキットですが・・・。

    まぁ、とりあえずやってみましょう。
    平面 vs 曲面
    デカールは平面なのに対して、車体は3次元の曲面、どこかで必ず歪みが出るのは間違いないですね。

    本当に大丈夫だろうか
    夢中になってこれを貼った直後の写真撮り忘れてますが、マークソフターを塗って少しずつ車体になじませていくことで、ある程度何とかなるのですが、思ったとおり側面に回り込んだあたりでシワができました。

    続いて側面。
    不安しかない
    デカールの面積が大きいので、位置合わせに手間取るか・・・と思ったらそれほどでもなく・・・

    マークソフター必須
    窓枠など深めに凹んだ部分の処理をどうするか、これに尽きると思います。
    マークソフター大量塗りで無理矢理なじませるにもちょっと厳しいように見えますし。

    そこで、凹んだ部分に沿ってデカールに切込みを入れて処理しました。
    周りのデカールから切り離すことで、無理なく凹んだ面に貼ることができるのです。
    それに、実車も断面部分へのラッピングはされず車体色が見えていた覚えがあるので、これはこれで問題ないはずです。

    流れとしては、まずデカールを所定の位置に乗せて、マークソフターを多めに塗ります。
    そうすると・・・
    無理に押し付けない
    こんな感じでデカールがふやけて、何もしなくても多少は凹んだ部分に貼りついてくれます。
    この時、無理に力を入れて押し付けないこと。
    デカール自体がかなり柔らかくなってるので、下手すると破れます。
    そのうちデカールが乾燥してきますので(体感5~10分くらい?)・・・
    少し乾いた頃に切込みを入れる
    よく切れるナイフで凹みに沿って切り込みを入れて、凹み部分のデカールも密着させます。

    断面部分から下地の塗装が見えてしまいますが、ここは実車に即して元の車体色でも塗っておこうかと。

    前面と片面だけデカールを貼ってこんな感じ。
    遠目で見ればなんとか・・・
    ある程度のシワは避けられないものとして割り切ってしまったほうが、精神衛生上いい気がします(・ω・)
    表面にティッシュの繊維が大量に付いていますが、後で除去しておきました。

    続いて妻面。
    デカールの大きさは車体側面の高さと同じなので、妻面部分は一部デカールが足りなくなります。
    この部分はタッチアップ用に収録されている部分を使って貼り足しておきました。
    妻面もそれっぽく貼る
    3次車の特徴に合わせて妻面を加工したための措置ですが、キット素組みの場合は必要のない作業です。

    余った部分のデカールは剥がして整えて、ラッピング作業は終了です。
    完成までもう一息
    あとは細かいところの工作を残すのみです。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2014/01/12(日) 20:38:14|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<京阪600形(1次車と3次車)[81] | ホーム | あの日見た西武電車を僕たちはまだ知らない[第8話]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1591-348c33e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)