赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京阪600形(1次車と3次車)[78]

    少しだけ進展がありました。
    テストピース
    前回作った窓パーツのテストピースを削り出しました。

    つまり、iModela復活のお知らせです。

    PC更新以降使用できなかったiModelaですが、ここに至るまで色々あったわけです(・ω・`)
    まず、切削機を認識しない問題。
    最初の壁はこれでした。
    これに関してはUSBハブを介さないように、なおかつUSB2.0ポートへ接続することで解決しました。
    最新のMB故にUSB3.0ポートが多く、2.0の配線取り回しには苦労しました・・・。

    で、問題はここから。
    切削機のファームウェアアップデートを行おうとしているときでした。
    切削機との通信中にあろうことか切削機への電源が絶たれ、そのまま起動不能に陥る事態が発生。
    メーカーのサポートと相談の上、最終的には修理に持ち込み、切削機の問題は解決。

    もう一つは3Dデータを切削機へ送るソフトウェア「MODELA PLAYER 4」(MP4)が使えない問題。
    こちらもサポートと相談し幾つか方法を試したものの、改善せず。
    こちらは新しいチップセットとの相性が良くないのでは?とのことで、原因が分かり次第対応するとのことでした。
    しかしですねぇ・・・、iModelaCreatorなど他の付属ソフトウェアは問題なく起動できるのに、唯一MP4だけ起動しないんですよねぇ。どういうことやら(´・ω・`)

    そんなこんなで色々あって、最終的には次の方法で決着をつけることに。
    こうせざるを得なかった
    まず、MP4が使えない問題を処理するべく、使用しなくなったミニノートPCを整備して、それにMP4をインストールすることで解決。
    さらにそのミニノートに切削機を繋ぐことで使える状態になりました。

    つまり・・・切削機のためだけにPCを1台別途用意したってことです。

    で、机上に切削機とミニノートを出していても邪魔なだけですし、ミニノート自体もそのままでは使いにくいので、普段使ってるPCからリモート操作でミニノートを弄れるようにしました。
    また、OSもVistaから7にアップデートすることで、幾らか動作が軽くなりました。
    これでミニノートの操作性の問題は解決。

    この状態で削り出しをしたのが一番最初の画像のやつですが、切削自体には問題は発生しなかったので一安心。

    改めて切削物を見てみましょう。
    各窓パーツを一つずつ抽出
    各窓パーツを一つずつ抽出して並べたのがこれ。
    これを・・・
    分離
    各パーツごとにばらして車体の窓部分にはめ込みます。

    その結果・・・
    おぉ
    良い感じで嵌ってくれました(・∀・)
    ただし、妻面に関してはもうちょっと調整が必要でしたので3Dデータを修正しておきました。

    これで上手くいけば、やっと窓パーツの完成に持ち込めそうですが、果たしてどうなることやら。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/09/30(月) 22:03:05|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<あの日見た西武電車を僕たちはまだ知らない[第4話] | ホーム | あの日見た西武電車を僕たちはまだ知らない[第3話]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1582-0fa76c46
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)