赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    ライトユニット

    久しぶりの模型弄りです(・∀・)

    今日は、ライトユニットの改造(?)を行いました。
    例によって、ベースとなるのはこれ↓です。
    毎度お世話になっております・・・
    これに、リード線を介してチップLEDを4つ取り付けます。

    まずは、基盤に取り付けられている電球を外しますが、今回はこれ↓を使ってみました。
    はんだ吸い取り器
    ダイソーで200円で購入した、はんだ吸い取り器です。
    まー200円なので、どの程度使えるかはそこまで期待していませんでしたが・・・
    これが思った以上に使えるではありませんかw
    基板上のはんだの量なら、ほぼ一発で吸い取ってくれます。

    次に、リード線を用意しますが、購入してきたのは3線がくっついているタイプですので、不要な1本を取り外します。
    三位一体ですが、今回は・・・

    チップLEDにも細工をします。
    小さくて作業しにくいorz
    それぞれの端子に銅片を取り付け、リード線を取り付けやすくしました(つもりでした←コレ重要

    そして、LEDとリード線とをはんだ付けします。
    醜いはんだ付けw
    どーせ完成すれば見えない箇所だから、と、はんだ部分の見た目は気にしないですw

    コネクタ部分もはんだ付けしますが、先に端子同士が繋がったままで作業をして・・・
    切断前
    コネクタの中央部分で切断、分離します。
    切断後

    そのほか諸々を取り付け、基盤との接続部分に定電流ダイオードを挿入しました。
    このとき、まさかそんなことになるとは思うはずもなく・・・
    あとは、基盤に接続し、異常なく点灯すれば完成です。
    ・・・
    点灯しませんでした_∣ ̄∣ (((○

    まさか一個400円もするLEDを、熱でってしまったか・・・、と、直接それに電気を流すと・・・光る。
    途中でショートしていないか・・・、してない。
    さらによく見直してみると・・・、配線時に、LEDの極性が逆になってしまったようです(´・ω・`)
    原因も分かったし、やってしまったものは仕方ない、と諦めて、基盤に近い側のLED2つは、一旦外して取り付けなおし・・・
    こいつの付け替えが手強かった・・・
    基盤に遠い側は、コネクタを180度反転させて・・・
    強引な方法ですが・・・
    無理やり修正しました・・・。

    そしてついに・・・
    ついに完成・・・
    画像右上と左下が輝いているのが確認できますね。


    この白色LEDですが、「青みがかって見える」とのことでしたので、ちょうどマイクロエースの室内灯(白色)と同じような色を予想していましたが、そこまで青くはないようです。



    誰か:明日は重要な試験の日じゃないの?
    俺:知らんがな(´;ω;`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/02/07(木) 23:28:41|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<載せました | ホーム | 取り付けイメージ>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/157-18287a96
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)