赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    斬撃のiModela

    タイトルはツイッターのiModela公式アカウントから。

    新たにガラスパーツを削りだす前に試しておきたいことがあったので。
    芋寺とも
    この子、動作中は目が離せないんです・・・。

    その訳のひとつとして・・・
    守るべきはX軸スクリュー
    X軸スクリューに削りカスが溜まると、X方向の動作に支障が出るのです。
    そうなると当然切削結果にも影響が出てくるので、ここは何としてでも守りたい部分なのです。
    対策としては小まめに削りカスを落とせばよい訳ですが、うっかり清掃を忘れてしまうことも度々あるんです。

    で、考え付いたのは、本体にブラシを付けて、常にカスを落とせば良いのではと。
    そこで・・・
    歯間ブラシ
    100均で見つけてきたこれ、歯間ブラシです。
    20円/1本。
    こいつのブラシ部分を取り出します。
    ブラシ部分だけ使う
    ブラシの針金部分が思った以上に長かったのが幸い。
    これを本体に元々付いているネジに、ワッシャーを付け足して固定します。
    ワッシャーを追加して固定
    スプリングワッシャーを挟むことで、固定力を上げてみる試み。

    スクリュー1本に対して4つのブラシで清掃するような形です。
    効果があるかは使ってみないとわからない
    これでどの程度効果があるかは使ってみないと分からないですが・・・。


    これともう一つ、ワークの沈み込み対策も考えているのですが、これはまだ構想の段階(・ω・ )
    スポンサーサイト
    1. 2013/07/03(水) 22:16:57|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<続・斬撃のiModela | ホーム | 【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[76]【二度撃ち】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1566-a054baf9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)