赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[74]【二度撃ち】

    今日今までに完全に忘れ去られていたことが一つありました・・・
    完全に忘れていた・・・
    奇数号車の先頭部屋上部分。
    実車にはL字アンテナが装着されているのです。

    @三井寺駅~浜大津駅間
    こんな具合に。

    手ごろな厚さのプラ板を1.5mm四方に切り出します。
    1.5mm四方

    これを、当該部分に接着します。
    装着イメージ
    以上です。

    L字アンテナはGM東急8500系キット(車体一体形成)の余りを使いました。
    アンテナ根元の円筒部分の厚さを薄く仕上げています。


    さていよいよ側面ガラスと取付けを。
    一部を除いて、大きさ自体はほぼピッタリって事は分かっているので、後は実際に装着してどうなるか、ということですが・・・。

    まずは、やや小さい戸袋窓から。
    うん、これはちょっと・・・
    うん・・・流石にこれはダメですね。
    小さすぎる上に奥行き不足です・・・。
    まぁ・・・、これは作り直すことにしましょう。

    続いて側面窓。
    奥行きが足りない・・・
    僅かに小さいですが・・・、それよりも深刻なのは奥行き。
    流石にこれでははめ込み窓の意味がありません・・・。
    これも作り直し。

    側引戸ドアガラス。
    ピッタリだけど奥行きが・・・
    大きさ、配置間隔は製品のようにピッタリです。
    しかし、こちらも奥行きが・・・。

    ・・・ってことで、すべての窓パーツにおいて奥行き不足が発生したと言うことでした(´・ω・`)
    思えば窓パーツ表面の荒れを整えるのにペーパーがけしたのが原因か?
    しかし、それだけでこんなにも奥行きを不足させるものか疑問ではありますが・・・。

    削り出すための3Dデータの寸法を再確認するも、特に目立った誤りはなし。
    ってことは、切削工程自体を見直せばよいのか。

    とりあえず現実として・・・
    試作品に成り下がったパーツ類
    合計で数十時間掛かって削ったこれらのパーツは全て試作品扱いに留まることに・・・。


    ところで、製品の窓パーツを使わないのか?って疑問も上がってくるでしょうけど・・・
    キット付属のもダメなのです・・・
    過去に窓パーツをはめ込んだ際に、車体側で調整してしまったために窓パーツと車体との寸法が変化してしまったのです。
    それと、元々は車体裏からセルを貼り付けることが前提なので、窓パーツ自体もプラッツのキット付属の1編成分しか無いのです。

    そろそろアクリル板の在庫も無くなるので、次でちゃんとした物にしたいです・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/05/27(月) 21:39:50|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<DD51(大きいほう) | ホーム | 【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[73]【二度撃ち】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1559-7cca534b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)