赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[68]【二度撃ち】

    前回は塗り分けの修正を行ないましたが、またしてもやってしまった赤色の吹き込み。
    吹き込んだ赤色
    窓枠部分が中心ですので、今回の塗装で修正することにします。

    今回は屋根と床下の塗装が中心なのですが、この段階で標識灯周りの銀の塗り分けをマスクしておきました。
    塗装はしないが先に貼っておく
    細く切り出したテープをぐるっと巻くように貼るだけですが、ライトケースの淵から僅かに下がったところに塗り分けを作りました。
    実車も銀色部分が少しだけケース側面に回り込んでいるのでそれ合わせます。

    車体と屋根部分の塗り分け部分はマスキングテープで作り、残った車体側面は紙でカバーしました。
    側面は紙でカバー
    テープの節約も兼ねていますが、紙をめくり上げることで車体が露出しますので、黄色部分の修正塗装も行なえるようにしたのです。

    塗装の順番としては、黄色部分の修正塗装→床下→屋上で行ないました。

    マスキングをはがすとこの通り・・・
    よし決まった
    黄色の修正塗装を行ないつつも、床下(乗務員室扉下のステップ)と屋上の塗装を行なうことができました。
    ここでは写していませんが、台車と床板も塗装を行なっています。

    塗装の仕上がりは良好でここでようやくキレイに仕上ることができましたε=(・ω・`)

    今回唯一気になったのは・・・
    次回の塗装で修正予定
    一両だけ、屋上塗装に吹き残しがあったこと。
    これは次の標識灯周りの銀色塗装と同時に修正の予定です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/04/18(木) 21:23:57|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[69]【二度撃ち】 | ホーム | 【まさかの】京阪600形(1次車と3次車)[67]【二度撃ち】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1552-f7595a05
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)