赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[63]【いいよね・・・】

    京阪、東横と約一週間のうちにイベント盛りだくさんで、模型弄っている時間が無かったのです・・・。
    東横に関しては、無事に相直運転が始まり一段落といったところでしょうか。

    最後に模型記事を上げて以降、全く何もしていなかった訳ではなく・・・
    下段
    ガラスパーツの削りだしを行なって少しでも先を目指していました。
    これは側面ガラスの二段窓の下段に使うもの。


    今回、室内も簡単に再現しようとしているのですがね・・・
    完全に忘れていた・・・
    ここにきて車椅子スペースの存在を完全に忘れていたことに気づきました。

    幸いにして、まだ下地の塗装だけの状態でしたので、座席の一部を切り取るだけで済みました。
    座席を一部切り落とすだけ
    それ以上は特に何もせず、このまま本塗装をするつもりです。


    車体の塗装を行ないます。
    まずは613Fから。
    塗り立てホヤホヤ
    ここではベースとして白色が指示されているので、それに従います。
    相変わらずラッカー系塗料で白色を持っていないので、タミヤのアクリル系塗料を使いました。
    購入してから数年が経過し、塗料の粘度も高くなっていたので、専用薄め液を多めに入れ、さらにペイントリターダーも多めに入れて吹いたところ、なかなか色が付かないうえになかなか乾燥しない事態に。
    どちらも程々にしておくべきでしたね(・ω・)
    ただし、全く乾かない訳ではないので、そこは気長に待つことにします。

    続いて1次車の塗装。
    近似色として、GMカラーの17番が充てられていたので、それに従って塗ってみたのですけどね・・・
    いやなんか違う・・・
     何 か 違 う 。
    このままでは近鉄石山坂本線と化するのではと思うほどこの色じゃない感が漂ってます・・・。
    流石にこれで進めるのは無理があるので、今後本来の黄色を塗る為の下地塗装と言うことにしましょう(・ω・)

    本日分の塗装はこれで終わりです。
    とりあえずここまで
    今まで一次車の車号は伏せていましたが、特急色になった603Fとして作っているところでした。


    ここでも、塗装と同時進行で・・・
    上段
    側面窓ガラスの削り出しを。
    こちらは二段窓の上段。

    残すは戸袋窓とドアガラス。
    窓ガラス関係は、特に613Fを作るときに塗装後すぐに必要なので、今のうちに作っておかないとどんどん工期が延びてしまうので・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/20(水) 21:26:20|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[64]【いいよね・・・】 | ホーム | Joint!>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1544-cd5f402f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)