赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【年度内には】京阪600形(1次車と3次車)[53]【仕上たい】

    屋根板から浮いた配管を作る前に、その配管が通る小物類に加工を行います。

    一度埋める
    まず、以前に加工したヒューズ箱とクーラーキセを一度元の状態に戻すことからはじめました。
    φ0.5mmのプラ棒を挿して接着するだけの簡単な作業。

    それが終わってから、改めて穴あけを行います。
    今回は完全に貫通させる
    ヒューズ箱に関しては、今回は端から端まで穴を貫通させました。

    クーラーキセは、端ギリギリのところにドリルで穴あけをして・・・
    端ギリギリに穴あけ

    さらに内側を面取りして、配管が通るようにします。
    内側も削る
    光が透けるくらいに薄くしないと配管が通らないのです・・・。

    こうすることで、キセの中に配管が通る形態を再現しました。
    これでよし

    配管をクーラーキセの部分で切って分けたほうが簡単そうですが、それだと配管の固定に不安が出る箇所があったので、今回の方法に落ち着いたのです。


    で、Bトレの京阪600形を組んだ方なら気づいたと思うのですが、Bトレのクーラーキセには手すりがモールドされているのですよね。
    Bトレに在って、Nで無いのは無視できない訳で、つい・・・
    調子乗ってしまった・・・
    勢いでクーラーキセに手すりを植えてしまいました(・ω・)


    ヒューズ箱への加工に戻ります。
    そのままではヒューズ箱が装着できなかったので、脚の部分を作り直すことにします。
    都合で穴を拡大
    まず、屋根板のヒューズ箱取付け穴を拡大して、手持ちのφ1.0mm丸棒が入るように調整しました。

    この丸棒がヒューズ箱の脚となるのですが・・・
    これが脚となる
    手ごろな長さに切り出しておきまして・・・

    真ん中に穴あけ
    その中心にφ0.5mmの穴を開けました。

    ヒューズ箱本体には・・・
    こちらも穴あけ
    元の脚を切り取った後、φ0.5mmの穴を開けておきます。

    その傍らで・・・
    コイル状に曲げる
    φ0.3mmの真鍮線をφ0.5mmのドリルに巻きつけてコイル状にしたものを用意します。
    これは一週ごとに切り出してリング状になるように調整をしておきます。

    φ1.0mmプラ棒に開けた穴に洋白線を差しこみ、さらにリング状にした真鍮線を通します。
    こちらは洋白線を使用

    それをヒューズ箱本体に差し込んで完成。
    碍子も再現してみたの図
    真鍮線は碍子を再現しようとしたのですが、こんな感じでしょうか(・ω・ )


    ちょっと太かったかもしれない・・・
    今見てみると、脚はちょっと太かったかもしれないです。
    実際に見える部分は屋根板から0.5mm程度になると思うのですが、その時にどう映るか・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/12/25(火) 22:12:13|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【年度内には】京阪600形(1次車と3次車)[54]【仕上たい】 | ホーム | 【年度内には】京阪600形(1次車と3次車)[52]【仕上たい】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1524-da26dae2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)