赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【年内には】京阪600形(1次車と3次車)[50]【仕上たい】

    間が開きましたが前回の続きを。

    前回までに、ランボード本体とその脚の切り出しを終えていましたので、こんどはそれらを接着します。

    とにかく小さくて見難い
    相変わらず見難いです(´*ω*`)
    あらかじめ端から0.2mmの位置に折り曲げ線を入れてありますので、それを目安に折り曲げます。

    端を折り曲げる
    折り曲げ・・・ました。

    これをランボードの裏側に接着します。
    ランボードに接着

    これを屋上に乗せるとこんな感じになります。
    こんな感じになる
    やっぱり、以前のφ0.5mm丸棒と比べれば圧倒的にこちらのほうが見栄えは良いです。

    この、折り曲げて貼り付けて・・・の地味な作業を4両分行います。
    これを4両分
    本当に地味な作業でした(・ω・`)

    ランボードの次はパンタ台。
    ただの突起物にはしない
    こちらもプラ板を曲げてそれっぽい形にしています。
    この段階では形は不ぞろいですが、屋上に接着する時に何とかなるでしょう・・・たぶん。

    せっかくなのでエッチングパーツも貼り付けました。
    こちらもムダにエッチングパーツ貼り付け
    これは、ヒューズ箱台座に貼り付けたパーツの余りなのです。
    この辺はそれっぽく見せれば良いのかなと(・ω・)


    ところで、はじめに行おうとしていた屋根板は・・・
    とっくに乾燥しているので・・・
    ヒューズ箱台座に開いた穴が屋根表面よりも深かったので、一度瞬着で埋めて乾燥待ち・・・の状態でしたね。
    既に一週間以上経っていて当然完全に乾燥していますので、ここから整えていきます。

    目の荒いペーパーで順に削り進めて行きまして・・・
    削って均す
    きれいになりました。
    これでようやく屋上への加工を行う準備が整った状態です。

    ここから屋上を飾っていきますが、それは次回にでも。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/12/04(火) 22:27:18|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1
    <<【年度内には】京阪600形(1次車と3次車)[51]【仕上たい】 | ホーム | 輝け!SUS車体>>

    コメント

    誹謗中傷対策ジャッジメント

    いいですね
    1. 2012/12/10(月) 16:07:42 |
    2. URL |
    3. 誹謗中傷対策 ジャッジメント #TY.N/4k.
    4. [ 編集]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1521-0621ba73
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)