赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【今度こそ】京阪600形(1次車と3次車)[40]【決着をつけてやる】

    前回までに、屋根板に溶きパテを盛って乾燥させていた状態。
    前回までの状態

    ペーパーがけして表面を均します。
    ナイフで大きな盛り上がりを削ぎ、#180→#360→#600の順でペーパーがけします。
    ペーパーがけして均す
    この段階で、目立つ段差や凹みは無くなります。

    当初は実車と異なる配管を直すべく、その別体化を行ったのですが、今回は見た目重視で行きます。
    恐らくパンタ鉤外し装置
    そのため、このモールドだけは削がずに残していたのでした。
    これ、恐らくパンタ鉤外し装置と思われるのですが、これだけ屋根に張り付いているのもどうかと思ったので(・ω・ )

    この部分が実際にはどんな構造になっているかを確かめるべく、手持ちの画像と比較しようとしたものの鮮明に写っている画像が無く、グーグルの画像検索をかけても、何故か上位には自分で作っていた、まさにこのモデルの画像ばかり上がってきてあまり役に立たなかったり(´・ω:;.:...

    で、ようやく見つけた1枚の画像を頼りに別体化への目処がたったので、先ほどの装置のモールドを削ぎました。
    別体化のために除去

    例によって、溶きパテを盛って凹凸を埋めます。
    溶きパテを盛って乾燥待ち
    これを削って均すのは次回の作業の時ですね。

    一方で、削いだモールドですが・・・
    削いだモールドは保管
    L字部分を再利用しようと考えているので、それまでは大切に保管。
    自作するにも、4つとも同じように作る自信が無いので、この方法を採ったわけです。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/09/16(日) 21:01:32|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<トンネルの向こう側 | ホーム | 【今度こそ】京阪600形(1次車と3次車)[39]【決着をつけてやる】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1447-3d784702
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)