赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【深刻なエラーが】カトーのE231系500番台にラッピング[6:修正]【発生しました】

    明後日の運転会を前に、急遽こいつを入場させました。
    例の広告列車
    今年初めに完成させたE231系500番台山手線広告列車です。

    実はとんでもない間違いがあったのです。

    先頭車。
    特に破損などはない

    中間車。
    これで気づいた人は居るのだろうか

    これだけで気づいた人は居るのでしょうか・・・。

    間違いに気づいたきっかけはこの動画。

    上2枚の画像のモデルの向きと、動画の車輌の向きは同じです。

    ・・・お分かり頂けただろうか?

    ・実車先頭車(上記動画より抜粋)
    先頭車

    ・模型先頭車
    特に破損などはない

    ・実車中間車(同じく上記動画より抜粋)
    中間車

    ・模型中間車
    これで気づいた人は居るのだろうか


    実はですね・・

     片 側 だ け 広 告 の 貼 り 付 け パ タ ー ン を 間 違 え て い た orz

    これに気づいたのは数ヶ月前のことで、その時から修正するか否か考えていましたが、この度修正することにしました。

    そういうことで・・・
    慎重に剥がす
    剥がします。
    再利用するので慎重に作業を進めていき・・・

    先頭車は片側すべて剥がす
    無事にすべてをはがすことに成功。

    そうしたら正しい位置に貼り直しますので・・・
    車体側にマークセッターを塗布
    車体側にマークセッターを塗布して・・・

    剥がしたデカールを再度貼り付けて終了。
    貼り付け完了
    先頭車に関しては修正前と比べると、貼り付け位置が逆順になります。

    一方中間車は・・・
    中間車は一部だけ剥がす
    真ん中4枚だけを剥がして・・・

    こちらも貼り直す
    順序を入れ替えて貼り付けて終了。

    修正前と比較。
    修正前後で比較

    つまり、広告の貼り付け順序が左右で逆順になっていたのです。
    ところが不思議なことに、11号車だけは正規の貼り付けパターンでした。謎です(・ω・`)


    これで終わらせても良いのですけど、念のために表面保護を行いますので・・・
    一旦分解
    一旦分解します。

    例によって、保護にはクレオスのメタルプライマーを使用。
    メタルプライマーを吹く

    吹いて、乾燥を待ちます。
    吹いて乾燥中

    ところで、何故メタルプライマーかというと、銀色(金属色全般か)にクリヤーを吹くと、金属感が無くなるというか、本来金属色が持たないような艶が出てしまうのです。
    メタルプライマーではクリヤー特有の艶が出ないので、金属色特有の輝きを損なうことなく表面保護ができるのです。


    ラスト、組み立てをして修正完了です。
    これでよし

    これ、思った以上にあっさりと終えることができて拍子抜けと言うかなんというか・・・。

    今度こそ、これで正しい広告配置になったので、外で走らせてももう恥ずかしくなんかない、もう何も恐くない。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/08/30(木) 22:06:34|
    2. カトー・E231系500番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<丸い試運転と四角い検測運転 | ホーム | マイクロの横高Y500系にも小細工>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1426-4201583f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)