赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    マイクロの横高Y500系にも小細工

    やっぱりタイトルのままです・・・。

    どうしてこうなる・・・
    右側は無加工の状態。
    ライトユニットの位置が前面ガラスの印刷部分と一致していませんね。
    これを左側のように修正します。

    まず、どうしてこうなってるかというと・・・
    矢印部分で干渉
    前面パーツの取り付け穴(赤矢印部分)とライトユニットとが干渉しているのが分かります。
    ところが、同東急5000系ではそのようなことはありませんでした。

    原因は恐らく・・・
    赤網掛け部分を再現したのが原因か?
    赤網掛け部分の僅かなスペースではないかと。
    5000系にはこの網掛け部分はありません。
    実車に倣って、この部分も作り分けされているのです。
    参考までに、GMのは5000系の車体がプロトタイプなので、過去に発売された5050系、Y500系、5080系、5050系4000番台は厳密には「タイプ」です。
    同じようで異なる車体のはずなんだけど・・・
    上から順に、GM5000系、同5050系、同Y500系、同Y500系メッキ、同5080系、同5050系4000番台、マイクロ5000系、同Y500系です。
    上6つはGM製品で、すべて同じつくりです。
    実車は先頭部分だけでも3形態くらいあるのです・・・。

    この網掛け部分の分だけ車体の長さが長くなり、前面パーツの取り付け穴の位置も前進し、結果としてライトユニットと干渉してしまった、と言った感じでしょう。

    ならば・・・
    干渉部分をカット
    干渉するなら、切ってしまえと。
    こんな感じで、ユニットの角を斜めに切り落としたところ、取り付け穴との干渉はほぼ無くなりました。

    ちなみに前面に貼るステッカーは、導光材が見えている部分よりやや右側にずらして貼ると、前面ガラスの印刷部分と一致するようになるようです。


    ●参考:5000系先頭部分
    マイクロ製品では見たことない構造
    今までのマイクロ製品の中で、ここまで作り込んだ製品ってあるのでしょうか?
    写ってはいませんが、運客仕切りも再現されていて、運転台シースルー化がなされています。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/08/27(月) 22:26:11|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【深刻なエラーが】カトーのE231系500番台にラッピング[6:修正]【発生しました】 | ホーム | マイクロの東京メトロ06系に小細工>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1422-9ba59038
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)