赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    マイクロの東京メトロ06系に小細工

    タイトルそのまんまです。

    今のうちに完成品車輌の仕上作業をやってしまおうと細々と作業を進めていまして、本日たまたまこのクルマの作業をやっていて気づいたことがあるので。

    わずかな違いですけど・・・
    マイクロの東京メトロ06系です。
    実車も1本しかない稀少なクルマですね。

    前面の運行表示器と行先表示器にステッカーを貼った段階で気づいたのですが、前面ガラスの印刷部分とステッカー貼り位置とが合ってないのです・・・。
    向かって右側が無加工の状態なのですが、ステッカーの上半分が完全に隠れてしまっている状態ですね・・・。

    また、連結器の位置もやや下にずれて見えるので、ここも合わせて修正してしまいます。
    連結器の位置加工に関しては、過去に東武50050系とメトロ03系でも実施しているので、ここで扱うのはこれで3例目(のはず)です。

    で、向かって左側が加工後の状態ですが、これに至るまでの流れを簡単に紹介します。


    まずは運行表示器と行先表示器の高さ調整。
    これは凄く簡単で、上下分割のライトユニットの上側のパーツを弄るだけ。
    具体的には、上部パーツの裾を1mmほど切り落とすだけ。
    ユニットの高さを詰める
    画像ではパーツの上端を揃えてあります。
    加工したパーツはそのまま元通りに組み戻すだけです。
    中の導光材も全く問題なく入ります。

    続いて連結器の加工。
    こちらは連結器本体を床板に接着固定するようになります。
    連結器周りの様子

    製品そのままのスカートパーツがこちら。
    加工前の状態
    これを・・・

    こんな感じで切り出し
    スカート部分と連結器部分とで切り離します。
    見にくいですが、連結器本体の取り付け部分(二股になっている部分)と、胴受けとは上面をツライチにまるまで削っておきます。
    さらに、床板の凸部分(赤丸部分)を削ぎ落とします。

    あとは、連結器を床板に直接接着し、スカートパーツは元通りに床板にはめ込むだけです。


    ・・・とまぁこんな感じです。
    あくまでも見た目重視。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/08/26(日) 21:16:56|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マイクロの横高Y500系にも小細工 | ホーム | 【再生決定】京阪600形(3次車)[37]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1420-a65b1ab6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)