赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    塗装ブース清掃

    前々から気になっていた塗装ブースの汚れ落としを行いました。

    まずは作業前の様子を。
    少なくとも2年以上は経つ
    少なくとも2年は経ってます。
    銀色や灰色を良く使うようで、ブースの汚れも灰色が中心ですね。

    この中にはフィルターが仕込まれているのですが・・・
    塗料塵でいっぱい
    (゚д゚)
    流石に2年分、中の汚れも相当でした・・・。

    フィルター拡大。
    その拡大
    完全に目詰まりしてますね・・・。
    フィルターが仕事できていません。

    排気用のファンを大型化してから初めての清掃となるのですが、奥のほうまで満遍なく塗料塵で一杯です。

    参考までに前回(2009年12月)の清掃の時の内部の様子。
    こちらも真っ白・・・
    このときは入口部分での汚れが目立ちましたが、排気口部分ではそんなに汚れていないように見えますね。

    やっぱり、吸引力増加で塗料塵がより内部に吸われているのでしょうか。


    今回の掃除方法は特にこれといったことはせず・・・

    エアダスターで塗料塵を吹き飛ばす。

    フィルターを除いて水洗い。

    フィルターはラッカー系塗料溶剤に漬ける。(約2時間)

    フィルター水洗い。

    ブース筐体は溶剤を含ませたティッシュでひたすら拭く。(約2時間)

    組み立て

    こんな流れで作業を進めました。
    同時に排気用のファンと、窓用換気扇2基も清掃を行いました。
    換気扇のフィルターにも、2年以上の埃が詰まっていまして、良くこんな環境で生活しているなと(・ω・ )


    きれいになったブース。
    色々作業した結果
    これで集塵力も回復しますね。

    次の清掃作業は何時になるのやら・・・
    次に掃除するのは何時になるのでしょう・・・。
    1~2年程度先になると思うのですが、その頃までには何両のクルマが完成するのやら(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/08/13(月) 23:33:17|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<収納増強 | ホーム | 【もう機械にも】京阪600形(3次車)[36]【頼れない】  >>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1404-d854037c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)