赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【もう機械にも】京阪600形(3次車)[36]【頼れない】  

    最期の記事更新以来、アクリル切削による導光材の製作とデカールデータの製作とその切り出し作業を行っていました。

    ところがですね・・・、導光材に関しては5回削り出しを行い成功は1回だけ、しかしその一個に付いても無理矢理成功に持ち込んだ感じで事実上の失敗作。
    デカールに関しては、色合いの調整に手間取り、調整後も印刷の都度調色が変わるなど、正直あまり納得はしていない状態なのです・・・。
    で、さらにはマシンによる極細部の切り出しが思うように行かず、やはり結果は残念な状態。

    で、正直あまり納得のいかないデカールで無理矢理完成に持ち込んでも、当然あまり「良いもの」とは思えないですしね・・・。
    もうあと半月もすればキットとして出てくるわけなのですが、それと自作品とを並べた時どうなのかと。

    全く先の見えない失敗の無限ループに嵌った状態であり、抜け出す為の決定的な方法も無い。
    下がる工作意欲、迫るキット発売日・・・。
    しかし作る以上は、きれいな状態で仕上たい。





    もう無理です(´・ω:;.:...
    現状。
    今月に入ってから悩んではいたのですが・・・。

    これ以上の進捗が望めないと判断し、これ以上の工作は停止することにしました。

    もう・・・ワタクシのライフはもうゼロです(*ω*)


    正直、辛いです(´;ω;`)
    約半年間、この2両に時間を費やしてきたのですから、その大部分が無駄になるということでして・・・。

    まぁ、このままダラダラと続けて他のクルマの制作意欲をも削ってしまうようでは意味が無いですからね。

    ここまで出来上がったキットはこのまま保管します。
    このあとどうするかはまだ決まっていません。


    今度発売されるキットは、妻面の雨どい付近から屋上にかけてが実車とは異なるので、その修正は欠かせませんね。
    恐らくランボードの位置や脚の数もタイプでしょうから、それも直さないとですね。
    決して、今までの経験がすべて無駄になるわけではなさそうです。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/08/12(日) 21:21:44|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<塗装ブース清掃 | ホーム | 【もう機械にも】京阪600形(3次車)[35]【頼れない】 >>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1402-bcf0c11f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)