赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【本当の気持ちと】京阪600形(3次車)[30]【向き合えますか】

    2回目のサフ吹きを行いました。
    2回目サフ吹き後
    目立つ傷や凹みは殆ど消えましたので、次に進みます。

    ここで先に、側面ガラスのはめ込み調整を行っておきます。
    側面ガラスはめ込み
    開口部単位で一つずつ調整していきますので、結構時間がかかりました・・・。
    1両目はすべて完了するまでに3時間半ほどかかってますが・・・
    ぁ・・・ぁ・・・
    この日の作業遅れの原因はカオナシのせいにしておきましょうw

    ガラスパーツはまだ接着せず、すべてのパーツのはめ込み調整が終わったら一旦外します。
    ケースに入れて保管
    予備が無いので、ケースに入れて紛失防止に努めます。
    ついでに、これは614号のもの。

    そして本日。
    板状になっているものを・・・
    最初はこの板状のモノから始まります。

    分割してパーツを切り出す
    はめ込むパーツを切り出します。

    抜きテーパーを削ぐ
    車体側では、抜きテーパーを削ぎ落としておきます。
    これ、サフ吹く前にやっておいたほうが良かったかな・・・。

    切り抜いた透明パーツも断面を削るなど微調整を行い・・・
    ガラスパーツ側も微調整してはめ込む
    ピッタリと嵌ればよし。

    角に丸みがあるパーツは、そこも復元しておきます。
    角に丸みがあるパーツはそれも復元する
    これ、戸袋部分のパーツなんだけど、そもそも角のアールが合っていなかったという・・・(・ω・`)

    もちろんですが、妻面のガラス表現も忘れてはいません。
    妻面も抜かりなく
    本日分2両目の作業時間は約3時間、昨日と30分ほどしか変わってませんね(・ω・)

    さて・・・いよいよ次回から本格的に塗装作業に入れそうです。

    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/07/07(土) 22:29:11|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【作るって】京阪600形(3次車)[31]【ほんとバカ・・・】 | ホーム | 【本当の気持ちと】京阪600形(3次車)[29]【向き合えますか】 >>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1359-3a74ffd9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)