赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    いつもの倍

    とうとう手を出してしまいました。

    前々から、運転会などで目にする機会はありまして、それに触発されたわけでして・・・。

    全景
    最近発売された、カトーのEF510-500番台ですね。
    箱から出す時に、見かけ以上にズッシリとしていて驚き。

    先頭部アップ。
    先頭部アップ
    入門機との位置づけて、細かいディテールは省略されていますが、Nではなかなか出せない迫力があります。

    側面。
    側面
    床下の作りこみが凄いです・・・。

    パンタ周り。
    パンタ周り
    パンタ本体は金属製です。

    個人的に一番気になったのは台車です。
    台車
    台車に小型のモーターとフライホイールが搭載されています。
    現物を見た感じ、思いのほかコンパクトにまとめられています。
    モーターはN用よりも小さく見えます。
    この小さなモーター2基で牽引力は大丈夫なのか不安ですが、カトーの公式動画を見る限りでは問題ないようです。
    確かに、動き出そうとする車輌を軽く抑えた程度では止められないので間違いはないかと。

    ヘッドライトが点く直前に動き出してしまい、何かで押さえようとしてもすぐ乗り越えてしまいそうなので、ヘッドライトを点けた状態での撮影は出来なかったです・・・。
    ※パワーパックハイパーDを使用

    そしてNではなかなか出せない立体的なモールドが素晴らしい。
    台車だけでも30分は行けそうですw


    ゆくゆくは24系客車(北斗星)の製品化が控えていますので、ぼちぼち増やしてフル編成に持っていくつもりですよ(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/06/08(金) 00:13:57|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【製品化なんて】京阪600形(3次車)[26]【あるわけない(当時)】 | ホーム | 【製品化なんて】京阪600形(3次車)[25]【あるわけない(当時)】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1323-0d28e239
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)