赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【もう何も】京阪600形(3次車)[22]【恐くない(当時)】

    忘れていた床下機器の再現を行います。
    なるべく既存のモノを使用
    例によって実車画像と見比べて、近似の機器箱を選んでいきます。

    新しくゴム型を作のが面倒なので、なるべく既存のモノを使い回すことにしました(・ω・)
    これも同じく

    複製する量も少ないし、横着して光硬化パテを使ってみたのですが・・・
    光硬化パテでは上手くいかず・・・
    大部分が失敗となりましたorz
    機器箱の表面の部分が荒れているのが大半で、ひょっとすると光が届かなくて硬化していないのではと。

    結局レジンを使って複製することに・・・。
    結局レジンを使う
    こちらのほうが明らかに綺麗さは上でした。
    初めからレジンで複製すれば無駄な時間をかけずに済んだのに・・・。

    一部だけ、元の動力にあった床下機器を使いたくて・・・
    この場合なら光硬化パテのほうが良かったかも・・・
    こちらも横着してマスキングゾルを使って型取りし、そこへレジンを流したのですが、結果ゾルとレジンが貼りついで失敗。
    こちらは逆に光硬化パテを使ったほうが良かったかも・・・。
    結局その部分は近似の床下パーツを使うことにしました。

    このレジンを使ったパーツの複製作業なのですが・・・
    時間がかかる割りにあまり進行しまい・・・
    昨日の夜から深夜と本日夕方に作業をして、時間にして9時間前後かかっているはずなのですが、結果は上の画像の通り・・・。
    レジンの硬化時間も関係しているのでしょうけど、時間の掛かる割りに作業が殆ど進まないのが気分的に辛いです(´*ω*`)
    しかも、複製したパーツの半分くらいは気泡などで使い物にならないことが多いのです・・・。
    まぁこれはレジンの流し方などきちんと行えば解決できる問題なので。

    で、抜いたパーツを整形して、床板に貼り付けるのですがそれはまた今度。



    雲が良い仕事してくれました。
    @自宅
    金環日食@自宅(東京都南部≒神奈川県北部)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/05/21(月) 23:23:02|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【キットも、資料も】京阪600形(3次車)[23]【あるんだよ】 | ホーム | 【もう何も】京阪600形(3次車)[21]【恐くない(当時)】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1303-4a2bc8d7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)