赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【それはとっても】京阪600形(3次車)[18]【作ってみたいなって】

    ちょっと間が空いてしまいましたが、動力関係の工作を行っていました。

    カトー・叡電900系の動力
    今回動力には、カトーの叡電900系「きらら」のものを使います。

    理由は単純。
    本当に良く似ている・・・
    FS503A近似のこの台車を使いたかったから。
    で、折角なので動力もそのまま使ってしまおうと考えた次第。

    場合によってはGMの2モーター動力を弄ってしまおうと考えていましたが、今回その必要は無くなりました。

    さてこの動力ですが・・・
    問題は動力の長さ
    600形と比べて全長が長いのです。
    台車間距離を基準に測ったところ、7mm切り詰める必要がありました。
    そこで、動力本体とにらめっこ。
    どこかで切り詰める必要がある・・・
    どこで切り詰められるかを考えます。

    ・・・

    暫く考えましたが、一気に7mm詰められる場所は無さそうです・・・。

    そこで、2箇所で分割して切り詰められないかを考えたところ、ギリギリ上手くいきそうなポイントを発見。

    まず一ヶ所目。
    罫書いて・・・
    非動力台車側の、中心ピンとモーターとの間。
    ここを4.5mm詰めます。

    切る
    切りました。

    モーターカバーにモールドされている床下機器も取り去ります。
    床下機器モールドも取り去る
    この時、台車とモーターカバーとが干渉する場所も切り取っておきます。

    一方動力台車側は、2.5mm詰めるのですが・・・
    固定穴の位置をずらす
    弄ったのはこのパーツ。
    固定穴を元の穴より2.5mmずらした位置に新設し、その分ダイキャスト側(画像向かって奥のほう)にはみ出る分を切り落とします。

    室内パーツも適宜切り詰めて、すべてのパーツが整ったところ。
    ダイキャストはそのまま
    今回、ダイキャストは切り詰めは行いません。その分作業は楽です(・ω・)

    一旦分離したパーツ類を接着して、元通りに組んでみたところ。
    組んだところ
    特に問題なく組み付け出来たので一安心・・・。

    気になる長さは・・・
    実車と比較
    実車と比較しても、車体と台車位置との関係はほぼ一致しました。

    元の製品と比べてみると・・・
    製品と比較
    当たり前ですが、縮んでいますね。

    続いてT車。
    続いてT車

    こちらは切りやすそうな位置で切って・・・
    適当な位置で切る

    貼るだけです。
    貼る


    これで全長方向の長さの調整は終わりましたので、今度は幅の調整。

    このために、新しくヤスリを買ってきました。
    大きすぎたと思ったらこれで丁度良かった
    金属加工用です。
    最初は大きすぎたと思ったのですが・・・
    所定の幅まで削る
    こうやって作業する時には丁度良い大きさでした。
    ダイキャスト部分も含め、片側0.25mmずつ削って車体に嵌るようにしました。
    本当に、ダイキャスト部分に施した加工はここだけでです。

    MT共に幅を詰めて、ひとまず形になりました。
    大きな加工は終了

    最後に一番重要なところを。
    元の軸が使えなくなる・・・
    動力台車をモーター側に寄せたので、元の推進軸が使えなくなりました・・・。
    現状ではこの状態。

    本当は、推進軸は出来るだけ弄りたくないのですが・・・、今回は仕方ありません。
    φ2.0mmの丸棒を・・・
    φ2.0mmの丸棒を用意して・・・

    精確に中心に穴あけ
    中心部分に精確にφ0.9mmの穴を開けます。
    丸棒をリューターに咥えて回転させ、ドリル刃を中心に押し付けて開口させました。

    推進軸を切断します。
    軸を切断
    こちらも2.5mm切り詰めます。

    そして、先ほどの丸棒に差し込みます。
    丸棒に差し込む
    ややキツめに嵌ったので、接着はしていません。

    動力に組んでみました。
    組んだところ
    この状態では問題なく装着できています。

    試走させてみました。
    問題なく走行できた・・・
    完全に製品の状態の走り・・・よりかは僅かに劣った感じはしますが、調整しだいで直りそうです。

    そういうことで、動力の短縮化は無事に終わりました。
    動力の短縮化は成功
    まだ細かいところの加工が残っていますが、それは追々行う予定です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/05/01(火) 23:44:53|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<公開試運転 | ホーム | 7500+7550>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1278-59f56062
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)