赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    リベンジ

    と、いうわけで復讐(revenge)した結果↓
    お前はもう、死んd(ry
    無事に分解することが出来ました。
    これで、前面ガラスの内側から、行き先表示ステッカーを貼ることが出来ますね。
    しかしコレ、少々複雑に組み込まれていて、順序を間違えると、この前のように部品の破損を発生させてしまいます・・・。
    今回、次の順に部品を外すことで、分解に成功しました。
    1.台車をはずす
    2.床板をはずす
    3.【重要】テールライトにつながる導光器を、あらかじめ後ろに押し下げておく
    4.室内床板をはずす
    5.左右窓ガラスをはずす
    6.車体に残ったライトユニットを、天地方向に引き抜き、はずす
    これで、部品の破損を防ぐことが出来ました。
    ついでなので、室内灯の組み込みと、カプラー交換も行いました。

    仕上がりはこんな感じ↓
    鳩マークがズレたorz角度を変えて・・・
    行き先は[特急 淀屋橋]に設定しました。
    行き先表示が、前面ガラスを通して見えるのが確認できると思います。

    さぁ次は京急2400形にも同じことを行わないと・・・。

    変わってこちらは東急7200系です。
    今回使用するパーツ
    今回、キットから使用する部品はこれだけです。
    まず、動力を搭載する側の車両には、床板は不要ですし、HG台車を走行用に改造するため、台車下枠も不要です。

    さぁ、いよいよ製作開始です。
    まずは、IPAを用いて、塗装を落とします。
    まずはIPAプールに回送
    アルミ試作車の場合、側面肩部にコルゲートが無く、側面腰部のコルゲートは数が異なる(従来車は13本、アルミ車は10本)ため、側面に加工が必要なのです。

    とりあえず今は、塗装が落ちるのを待つばかりです・・・。
    その間に、標識灯の搭載方を考えなくては・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2007/11/26(月) 23:12:34|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<京急も弄る | ホーム | 災害は忘れた頃に・・・>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/119-1abb3c06
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)