赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京阪600形(3次車)[4]

    また間が空いてしまいましたが、ヘッドライト周りの作り直しの続き。
    まずはこれで試してみる
    iModeraで削り出したヘッドライト周りのパーツ。
    バリが凄いので、とりあえずそれを取り除いて・・・
    これで良さ気なする・・・
    こうなりました・・・。
    ライト本体が設置される長方形パーツの「ふち」は、0.13mmのプラ板を貼ることで再現しました。
    ライトのレンズ部分はφ1.0mmで開口しています。
    とりあえずはこれで進めよう
    長方形部分のふちと、ライト本体の淵の高さの違いも再現したつもりです・・・。

    とりあえず新しい前照灯周りのパーツができたので、元のモールドを除去します。
    まずは穴あけ
    まずは、くり抜く部分の周囲をドリルで穴あけして・・・
    モールド除去
    それから元のモールドを削ぎ落とします。
    開口
    新しい前照灯周りのパーツが入る大きさに開口しました。

    試しにはめ込んでみたところ。
    こんな感じかな・・・?

    横から。
    横から

    前面パーツとライト周りとの間に、僅かに隙間ができていますが、これ、埋めるべきかそのままにするべきか・・・(・ω・ )
    塗装の工程上、前面パーツとライト周りパーツは別々にしたいので・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/02/06(月) 22:39:42|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<札幌旅行(鉄道編) | ホーム | とんぼ返りで十鉄>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1171-d35f0517
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)