赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【依頼品】クロスポイント・東京メトロ5000系をBトレ化[15:落成]【練習台?】

    動力台車のカプラー延長の詳細みたいな感じです。
    カプラー延長加工後のもの
    片側は現物合わせで加工して、こんな状態になったのですが、これに至るまでの経緯を追ってみます。

    ちなみに動力は、Bトレ用の「動力ユニット3」です。

    参考までに台車の外し方ですが、動力のモーターカバーに付いているネジ2箇所を外し、モーターカバーを外します。
    モーターカバーはネジ以外にも4箇所のツメで台枠に装着されていますので、破損させないように外します。
    台車を90度回すと動力本体から外れます。

    台車から元のカプラーを外します。
    元の状態

    こんな感じに切り込んだり削ったりします。
    こんな感じで切り出す

    続いて、GM台車のカプラーポケットを用意します。
    GM台車のカプラーポケット

    こちらもこんな感じに加工します。
    こんな感じに加工

    動力台車にはめ込んでみたところ。
    仮合わせ
    ほぼストレス無く入り込めばOKです。
    そうでない時は干渉している部分を削るなどして調整します。

    カプラーポケットにカプラーをはめ込んでから、動力台車に接着します。
    カプラーをはめてから接着
    接着にはエポキシ系接着剤を使用しました。
    構造上、カプラーは外せなくなります。

    以上で動力台車の加工は終了です。

    続いてT車の車高を下げようと思ったのですが・・・
    これ以上は下げられないか・・・
    当初は中心ピン部分を削って車高を落とそうと考えたのですが、そうするとカプラーポケットが床板と干渉することが判明。
    車体側で調整しようとすると加工に時間がかかるので、結局M車の車体装着位置を1.0mm上げることで揃えました・・・。

    あとは、組み立てを行うだけです。
    最終組み立て
    こんな感じで・・・
    5輌揃ったところ
    5両分の組み立てを終えました。

    最後にステッカーを貼って、全工程終了です。

    ●東京メトロ5000系(Bトレ化)
    第58編成として製作
    今回は第58編成としました。
    ご覧の通り、標識灯、室内灯完備です。
    無理矢理集電対応化した台車が思いのほか良く機能しているのに驚き(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/12/19(月) 22:30:06|
    2. クロスポイント・東京メトロ5000系(B)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<カトーのE231系500番台に・・・[1] | ホーム | 【依頼品】クロスポイント・東京メトロ5000系をBトレ化[14]【練習台?】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1113-f4075f09
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)