赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    屋根板補修

    完成してから1年ほど経過した東急8017Fと8039F。
    原因はなんとなく判明
    実は先頭車の屋根板のはまり具合が良くないまま放置していたのですが、だんだん悪化してきたような気がしたので修正します。

    中間車については殆ど問題なく、何故か先頭車だけこうなるんですよね。
    一応、原因はなんとなく分かっていまして・・・
    ライトユニットが邪魔している為
    先頭部分にライトユニットを搭載しているのですが、このユニットが屋根板に装着しているツメと干渉し、車体と上手くかみ合わないからだと思われるのです。

    そういうことで・・・
    プラ片を埋める
    屋根板のツメがしっかりとかみ込むように、プラ片を埋めてみます。

    とりあえず4両すべてにこの加工を行ってみました。
    4両分

    で、実際に屋根板を嵌めてみたのですが・・・、それでもいまいち具合が良くないんですよね(・ω・`)
    結局最終的には・・・
    結局接着することにする・・・
    先頭部分だけゴム系接着剤を点付けして、屋根板が浮かないように固定することにしました。

    完全に接着固定しないのは、後からライトユニットを弄れるようにするためなのです。
    これで様子を見て、問題なければそのまま加工終了ですが、次回8000系を作る時には改良しないといけませんね・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/11(火) 18:33:50|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<整理中・・・その結果 | ホーム | 整理中・・・>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1027-84671986
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)