赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[39]

    浮気から帰ってきました。

    台車の組立てを行いました。
    普通なら一体形成の台車枠に車輪をはめて床板に付けるだけですが、プリント方向と組立ての都合で5パーツ構成になっているのです。
    構造としては、(模型上の)ボルスタパーツに左右の台車枠をはめ、両者が抜けないように空気ばねパーツを兼ねたピンを差し込んで固定するものです。接着剤不要で分解できる構造です。

    SS050
    T車に使われるSS050(のようなもの)です。
    先頭車に付いてる速度発電機なども漏れなく付いてます。

    プラではなかなかできない作り?
    プラ形成では難しい構造をしています、強度なんて知りません。

    M台車のSS150(のようなもの)です。
    SS150
    見た目はT台車とほぼ同じですが、車輪の奥にモーターのシルエットが見えるように作ってあります。

    この辺はそれっぽく
    大きさ形はちょーてきとーです。横からそれっぽく見えればいいや程度で作ってます。

    動力に付く台車は、そのままでは動力台車の基部と干渉するので構造を変えています。
    特にブレーキが支障するので別パーツにしました。
    ブレーキパーツ
    基部からはみ出す部分だけを作っておき・・・

    先に動力に固定
    接着剤でそれらを固定します。

    そのまま台車枠を付けて完成です。
    台車枠を付けたところ
    この台車枠と空気ばねパーツも、動力台車専用に作ってあります。

    手間そうな作業に感じて後回しにしてたのですが、思ってたほど早く片付いて良かったです。
    まだまだやることはありますけどすこ~しずつ進めていきます。
    スポンサーサイト
    1. 2017/07/23(日) 20:25:01|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    鉄コレ・富士急6000系[1:カンセイカッコカリ]

    黄色いほうから浮気してこれを・・・。
    種車は鉄コレを
    鉄コレの富士急6000系です。

    塗装、印刷共に良好
    塗装・印刷共にきれいです。

    これをですね・・・
    今回はコレを
    「艦これ」ラッピング仕様にします。

    そのための資料集め。
    とにかく撮った
    車両ではなくラッピングばかりひたすら撮ってる姿は、傍から見ればただの不審者です・・・w
    この日、両側とも撮るのに適した位置に停車していたので、資料集めにはそんなに苦労しませんでした。

    その日帰ってから早速デカール作りに入りました。
    撮ってきた写真をあれこれ加工して、模型サイズに合わせて試刷り。
    左:インクジェット 右:MD
    インクジェットとMDで刷ってみました。
    インクジェットは輪郭はぼやけますがMDのような網目は出ません。また、印刷による背景のムラは出ませんでした。
    MDは輪郭がハッキリ出てる代わりに弱点の網目が目立ちます。
    また、どちらも艦娘の表情までは出すことができませんでした・・・。
    ラッピングの下にある3本の線は実車のビード部分です。ここまで消す技量や環境が無いのでスルーしました。
    今回は、パッと見て見栄えの良いインクジェットを選択しました。

    これらを車体に貼り付けていきます。
    上から貼るだけの単純作業
    ラッピングに残っていた実車のビードは模型のそれとピッタリ被って目立たなくなりました。
    ラッピングの他には、ドアボタンと車番も自作しました。これはMDで刷ってます。

    表面保護をしてパンタと足回りの一部を走行に適したものに置き換えました。
    完成(仮)
    要するに金属車輪への交換と動力組み込みです。
    動力はGMのコアレスモーター仕様のを組み込みました。
    動力と床下パーツ双方とも加工が必要ですが、幅を詰めるなど大掛かりな作業が無いのでそんなに苦労しませんでした。
    鉄コレの動力は室内に動力本体が見えてしまうのと、過去に突然死した個体に当たったことがあるので避けました。

    大きなHMも特徴的
    ヘッドマークはシール紙です。けっこう大きいのね。
    スカートはグレーと黒の2色で塗り分けました。

    パンタはカトーのE233系用のものから避雷器を切り取っただけです。
    カトーのものに換装
    本当ならばトミックスのPS33を使いたいところでしたが、見つからなかったので。

    ●山側サイドビュー
    6053号車
    6053山側

    6103号車
    6103山側

    6003号車
    6003山側

    ●海側サイドビュー
    6053号車
    6053海側

    6103号車
    6103海側

    6003号車
    6003海側


    外見上はほぼ完成です。
    全体
    カッコカリ扱いなのは、今後電装関係を中心に再び手を入れようと考えているからです。
    このまま続けても良いのでしょうけど、先に完成させるべきものがあるので・・・。
    1. 2017/07/18(火) 16:32:56|
    2. 鉄コレ・富士急6000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0