赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[34]

    前回の、先頭部の黒の塗り分け乱れがどうしても気になっていました。
    ほんとうにわずかな乱れ
    拡大するとこんな感じです。

    このまま放置したら絶対後悔するだろうと思い、直しました。
    軽く磨いてあらかた黒を落として、車体色で上塗り。
    修正完了
    これで満足です。


    この辺からぼちぼち車体へのパーツ取付けを始めました。
    側引戸をはめ込み
    側引戸と沓摺、妻面引戸とその取っ手、車側灯と車外スピーカー、そして屋根と妻面との角に当たるパーツを付けました。

    沓摺は別パーツ
    やたら細かくパーツ分けしていたのは、車体磨きの効率化とモールド喪失を防ぐためでもありましたが、もう一つは塗り分けの簡略化と正確性を出すためでもあります。
    沓摺と車外スピーカーは、輝き強めの銀で塗りましたが、良いアクセントになってます。これで正解でした。

    パーツの取り付け作業は、手間はかかりましたがおおむね順調に進んでいました。

    作業「は」順調でした・・・。

    異変に気付いたのは、最後の先頭車1両の妻面引戸を付けたときでした。
    この引戸は、互いに連結状態でも常に同じ方向に引いて開けるようになるので、向きが異なる両先頭車で同じ方向に引戸が付いたことに違和感を感じました。

    そしてその違和感は現実のものに。
    やらかしましたorz
    左から6800形、6900形、6000形(先頭車)の順です。

    そもそも 妻 面 が 左 右 反 転 し て ま し た orz

    原因として有力なのは、6100形のデータを妻面を差し替えずに流用したから、ではないかと思ってます。
    なぜなら、ちゃんと6000形の妻面は描いていたから。
    データ上はちゃんと作ってあった

    さぁ困りました・・・。さすがに見過ごすには大きすぎるし、丸ごと1両やり直すのも手間だし・・・。
    考えた末、エラー部分だけを差し替えることにしました。
    修正用パーツ
    妻面の大部分を切り取り、このパーツと置き換えます。

    で・・・、このパーツのためだけにプリント発注するのはもったいないというか、印刷方向を決めたい関係で他の気になるパーツと合わせて発注しようと思っています。

    気になるパーツその1。
    手すり別体化
    空調装置。
    磨いたときに手すりの大半が消えたのが気になりだしたので、その部分を別パーツ化しました。
    ・・・そして調子に乗りましたw



    ・・・ばか・・・
    スリット部分はすべて抜き、中のヒートシンクをそれっぽく描いてしまいました。
    現行の空調装置パーツの経験から、ほぼ間違いなく中身は見えないでしょう。

    気になるパーツその2。
    パンタも・・・
    パンタグラフ。
    当初はGMのPT42をそのまま使うはずでしたが、ホーンの形状が違うんですよね。
    で、擦り板だけ描こうと思っているうちにこうなってました・・・。
    ちゃんと上枠が下枠の中に納まるようになってます、そのはずです。
    出力にあたっては擦り板を除き、可動部を含めたパンタ枠一体出力をしてみようと思っています。
    可動部のクリアランスは、DMM公式では0.05mm以上となってますのでデータもそれに合わせています。
    しかし、うまく稼働しなかったことも想定して、クリアランス0.075mmと0.1mmの、計3種類を描いて出力しようと考えています。
    パンタに限っては、上昇させてその位置を維持させないといけないので、きつ過ぎず緩すぎずが求められますからね。


    この他に、まったく別関係のパーツを描かないといけないので、それらをまとめて発注し、それが届くまで作業中断です。
    スポンサーサイト
    1. 2017/04/16(日) 23:09:40|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    西武6000系50番台[33]

    今月で開設して丸10年、そして11年目になりました。
    正直、ここまで長く続くとは思ってませんでした。

    10年前の自分に「10年後はPCでモデリングして3Dプリンターで車体作った」なんて言ったらどうなることやら。
    そもそも3Dプリンターって何よ?ってところから始まるかもしれません・・・。
    そして、それを駆使して西武6000系を作ってるなんて言ったらもっと驚くかもしれません。
    当時は西武のクルマとはほとんど縁がなかったですから、一体何があったのか聞いてくること間違いなしですきっと。

    更新速度は年々遅くなっていますけど、作業時間が減ってるのもありますし、ある程度進捗があってから上げる方向にしつつあるので、決して飽きている訳ではありません。今後も月2回程度の更新頻度になるかと思います。


    それでは本題。

    塗り分けが必要な部分への作業を行います。

    最初に、車体先頭部の黒を塗り分けしました。
    黒で塗り分け
    こちらは周囲をマスキングテープ等で囲って、エアブラシで塗っています。
    塗り分けはほぼ完璧なのですが、それゆえに正面貫通扉の左側の、ごく僅かな線の乱れが気になっています・・・。

    ここからは筆で細部の塗り分けをしていきます。
    車体窓枠を銀と黒で塗ります。
    この辺は筆塗り
    はみ出した部分は適宜タッチアップして誤魔化してます・・・w

    屋上の配管へ、明るいグレーを塗ります。
    さらに目立つように
    先端付近は黒で塗りました。
    配管の存在感がより増してきましたね。浮いた配管の影がまた良い。

    妻面に生えてるドアコックの配管です。
    ドアコックのハンドルに赤を
    こちらはハンドル部分を赤で塗りました。
    実車はハンドルの一部に黒いゴムが巻いてあるようですが・・・さてどうしよう(さっき気づいた)。

    側引戸の戸当たり部分へ黒を入れました。
    戸当たりへ黒を

    スカートから少し見えている手歯止めへ白を。
    手歯止めは白に
    これが手歯止めということは半年前に知りました・・・。
    なので、ここは見える部分だけそれっぽく作ってあります。

    床下機器の一部へも色を入れました。
    部分的に銀を
    一部機器箱のハンドル部分をはじめ、主制御器やフィルタリアクトルへの配線、この画像のコンプレッサーなど、それらしく塗りました。

    台車へも色を入れます。
    軸受け部分に黒を
    軸受け部分へ黒を塗りました。
    他にもブレーキシューなどへの色入れをしたいのですが、この状態のままでは厳しそうなので、組立て後に行うことにします。


    今のところここまでなので、またある程度進んだ地点で上げようと思います。
    1. 2017/04/03(月) 21:59:11|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0