赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[31]

    床下の組立てを行いました。

    良い感じ
    組立て・・・というか床板に床下機器パーツを貼るだけの簡単な作業ですが。
    この辺は分かる範囲で設計したのでどこまでが正しいかは分かりませんが、奥行きを意識してみました。
    GMと同じく左右分割の床下機器パーツです。フィルタリアクトルのみ中央部分は別パーツです。

    コンプレッサー
    コンプレッサーやアフタークーラー、元空気ダメなども、わかる範囲で奥行きをつけています。

    車輪は波打ちしたものを再現しました。
    手作業で加工
    単品販売されているGM集電車輪の輪芯部分を削って、プリント品の波打ち輪芯パーツをはめ込んでいます。
    マイクロと同じような方法です。

    この輪芯を削るために、効率化を目論んで安いΦ国製の旋盤を買いました。
    ・・・結論から言うと、 ま っ た く 使 い 物 に な り ま せ ん で し た 。
    N車輪に合うバイト自体が無かったのもありましたが、そもそも無視できないレベルで軸ブレしてるとか、その使命を完全に放棄してるような「逸品」でしたね。

    結局、試作品を作った時と同じく、リューターで一つずつ削っていく方法で作業をしました。
    慣れてくると1軸あたりおよそ5分の作業時間でした。

    車端部のカプラー周りです。
    実車に即して機器を設置
    実車に合わせて機器類の有無を作り分けてました。
    ここはベースとなる部分に、ステップ、クレーンフック、手歯止め、ツナギ箱類を一体形成したパーツを接着しています。


    これですべてのパーツの塗装を行えるようになりました。
    だんだん車両らしくなってきた
    スカートは仮組みです。
    だいぶ実車に近づいてきました。

    この先は塗装してデカール貼って表面保護してアクリル削って組むだけ・・・ってまだやること沢山じゃん(´・ω・`)
    スポンサーサイト
    1. 2017/03/10(金) 21:50:07|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0