赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    西武6000系50番台[17]

    いよいよ実際に形にする時がきました。
    ただし、いきなり10両出力するのはリスクが大きいので、試作品として2両だけにしました。

    上回りはアクリル高精細(Xtreme)で出力させます。
    値段が・・・
    こんな感じのデータを作って・・・

    形になりました
    出力されたのがこれです。

    台車
    これは台車。

    先頭部
    先頭部。
    これを組み立てると・・・
    これならいけそう・・・?
    こうなります。
    パーツ同士のはめ合いも悪くなく概ね思ってた通りに形になりました。
    現在ほかのパーツの組み立てを行っていますので、それができ次第アップしようと思います。

    すべてのパーツが完全な状態ではなく、ばらばらになってしまったものもありましたが・・・
    ちゃんと出てるから良し
    折れずにちゃんと出力されています。

    床板はABSライクで出力してみました。
    うーん・・・
    大きいサイズなら大丈夫かと思ってたのですが・・・

    これはちょっとね・・・
    薄く垂直に立つ部分を中心に欠けが目立つ結果に。
    ただしこれ、出力できる最低値を大きく下回る部分ですのでやむを得ない部分ですね。

    前照灯のレンズとライトユニットのプリズムは高透明アクリルで出力。
    データ次第で何とかなる?
    こちらも隣接したパーツや突起同士がつながってしまいました。
    データ次第で何とかなりそうです。
    透明度は高めに見えますが、今後磨いてみて実用レベルに達するかどうかが気になるところです。


    以上の3つの出力品ですが、この段階で18000円を超えました(´・ω・`)
    単純計算で10両90000円とか洒落にならないので、出力品の体積を減らすことにしました。
    少しでも安くするために・・・
    主に床下機器の中身を空洞にすることで出力体積を減らせないか、それとも・・・。

    しかし大きく体積を減らせたもの床下機器のみでして・・・、高コスト覚悟の一品になりそうです・・・。
    スポンサーサイト
    1. 2016/05/26(木) 21:59:53|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    西武6000系50番台[16]

    床下を描き進めていくうちに、実際に出力して検証したい部分があったので試してみました。
    元データ
    元のデータはこんな感じです。
    主制御器の網目部分の再現で、思いついた3つの方法のうちどれが一番良さげなのかを見つけ出そうということです。

    出来上がったのがこちら。
    出力品
    半透明でディテールが分かりにくいので、サフを吹いてみました。

    サフ吹き
    もともと網目の深さが浅かったので「一応網っぽく見える」程度で出力されてる模様。

    真ん中が妥当か?
    最上段と、中段以降でデータ上での網目の構造が異なり、最下段は中段のデータを裏抜きして、実物通りの「網」にしてあります。
    ぶっちゃけ・・・どれもあまり変わんねぇ(´・ω・`)

    まず、最下段は網越しに中が見通せないかなと淡い期待をして作ってみたのですが、塗装前の段階ですでに網目が埋まっていたので、これは候補から外れますね。
    最上段と中段では、このデータの場合正面からでは中段のほうが網目がはっきり出ています。
    しかし側面の網目は最上段がはっきりと出ていました。
    側面から
    向かって右側が最上段です。
    これを参考にして、度の網目を採用するか検討することにします。


    せっかくなのでコンプも出力してみました。
    コンプはこんな感じ
    2方向どちらの向きで出力させるときれいに見えるか試すためでしたが、どちらもあまり変わりなさそう?
    これだったら、床下パーツと一体で出力しても問題なさそうですね。


    そのほか、床下機器はほぼすべて描き終えました。
    現在、データの見直しを進めているところです。
    1. 2016/05/06(金) 18:10:47|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0