赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    西武6000系50番台[12]

    スカートを描きました。
    胴受けのバネって再現する必要あっただろうか
    同時に連結器周りも描いていきます。
    このサイズで胴受け内部のバネを描く必要があったのか、今思えば疑問です・・・。 どうせ出力時には潰れるでしょうし。

    連結器も描いていきましたが、最初は最小限の表現に留めようとおもいつつ気づいたら・・・
    連結器
    こうなってました。

    スカート本体や周囲のディテールを追加していき・・・
    諸々ディテールを追加
    これで完成とします。

    で・・・真横から見た時に(おそらく)ATCの受信器が見えたので、それも描いてみました。
    詳しい形は知らん
    ただし資料が全く無いので正しい形は知りません。

    スカート本体は表面を磨くことを前提としてるので、磨きやすいように別パーツとしました。
    もちろん磨けるように分割してる
    こんな具合で分割してます。


    残りは床下機器類です。
    やっと終わりが見えてきたかな・・・?
    スポンサーサイト
    1. 2016/01/26(火) 21:21:56|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    西武6000系50番台[11]

    一時中断してたライトユニットへの作業を再開しました。

    今回も運客仕切りを実車っぽく再現しました。
    運客仕切り

    さらに前面行先表示器を描き足し、断面モードで干渉している部分がないかを確かめます。
    干渉してないか入念に・・・
    前面部や屋根板の一部を加工して調整しました。

    その後、運転台機器類を描き足して仕上げました。
    運転台機器類を追加
    もちろん詳細な寸法など知る由もなく、見た目と雰囲気でそれっぽく形作ってます。

    ハンドルもあります
    ワンマンモニターやその画像を受信するアンテナ、ハンドルも忘れずに。
    運転台左側壁面の機器箱も追加したかったのですが、内部寸法の制約がかなり厳しく、作ったところで違和感がありそうでしたので見送りました・・・。

    ライトユニットはこれで完成とし、車高の調整をしました。
    車高はこれで決着か
    今のところこれで決着がついたのですが、これを導くまでがちょっと大変でしたね。
    GMの新旧動力とT床板とで皆車高がバラバラらしく、いったいどれが正解なのかハッキリしなかったですからね・・・。
    あとは実際に形にしてみてから考えます。

    これで残りはスカートと床下機器です。
    1. 2016/01/16(土) 19:55:42|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    西武6000系50番台[10]

    新年明けましておめでとうございます。
    今年もスローペースながらも模型作りを進めていこうと思います。

    作業的には去年の続きですが・・・
    この辺はそれらしく
    モーター付近の大きさを調整しました。
    正確なサイズが分からないのでこの辺りは見た目それらしくなるように作ってます。
    台車の集電板は一般販売されてるGMの集電板をそのまま使います。

    次いで空気ばね。
    デフォルメって難しいね・・・
    横からの見た目を維持しつつ車体からはみ出ないようにしようと考えた結果こうなりました。
    単純に、ばね部分を線路中心に寄せただけです。

    台車はここでいったん作業を中断しました。
    とにもかくにも、新床板が手に入らない限りはそれ以上先に進めないので・・・。

    今度はライトユニットを作ります。
    これも床板との兼ね合いがあるので、できるところから進めていこうという方針です。
    ライトユニット
    作ってみたらめっちゃコンパクトになりました。
    水色部分はアクリル削り出しで作る予定です。
    それを見据えてなるべく単純な形になるように設計しました。 片面切削のみで出来上がります。

    ちゃんと窓下に収まりました。
    今回も運転台シースルー
    これに運転台機器や運客仕切りを追加しますが、これも後回しにしました。
    ・・・後回しにしないといけなくなったのです。

    昨日、出かけたついでに模型屋に寄り道したらですね・・・
    見つけた!
    市場から蒸発したと思われたこいつが手に入ったから。
    ついに新動力と床板が手に入りました。
    話逸れますけど、スカート付きの8590系ってすごい格好良いです、はい。

    早速分解。 
    全体

    モーター車。
    M車

    トレーラー車。
    T車

    気になる中心ピン部分。
    カトーそっくり・・・いや、同じ?
    カトーとそっくりです。 てかほとんど同じじゃないかと。

    さてここで誤算が。
    T台車の集電板の位置が予想より線路の外側に来ていました。
    床板もそれに合わせるように穴が開いています。 

    結局T床板は自作することになりまして・・・
    新規で作った意味は・・・?
    こちらも市販のGM集電板を組み込んだ設計にしました。
    ウエイトも旧床板のものを使いますが、車内に出ないように設計してます。 その代わりに床板の強度が不安ですが・・・。
    中心ピンはスナップ式で作ってます。
    これだったら台車スナップ止めにこだわらないで旧床板&台車ねじ止めで良くね?って言われそうですが、言われても無視する構えですw

    すべてのパーツを描き終えるまでにはまだ時間がかかりそうですが、折れずに進めていこうと思います。
    1. 2016/01/10(日) 20:35:18|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0