赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    3D設計で5576号車[6:完成]

    10連勤やら何やらありましたが、地道に作業はしていました。

    前回までに下地を整えた状態でしたので、改めてサフを吹いておきました。
    きれいになった

    きれいになりましたので車体色を吹きます。
    もっと色の差をつけたかった
    車体はクレオスのスーパーファインシルバーとスーパーステンレスを混ぜたもの、側引戸とドア・窓枠は下地に黒を吹いたのちガイアのダークステンレスシルバーを吹いたのですが・・・、大して差が出なかったですorz
    吹き重ねたり塗装を落としてやり直すのも面倒なので、これはこれで・・・。

    そして各パーツを接着して箱にしました。
    箱組み
    嵌め合いとか今後の課題ですね。


    ここからは5576号車を組むための編成を用意します。
    黄帯が無いほうが良いので
    カトーの5050系4000番台を使います。
    車番と車端の黄帯を落とした状態にしました。

    一方5576号車への装飾は・・・
    帯などはデカールで
    MDプリンタでデカールを自作して再現します。
    これは単色重ね刷りの試作も兼ねてます。

    そして完成へ。

    5576号車
    色々気になる点があるのですが、あくまでも3Dプリント出力品による車体組立ての試作なので・・・。
    実車同様1両のみで形も単純そうという理由もありますが。

    妻面
    こういうところで理想と現実とが食い違ってくるんですね・・・。
    側板の複数枚貼り合わせは歪みの原因となりますね。
    どうで車体磨き必須なので、突起物を排除した状態で一体形成で出力するのも一つの方法でしょうか。
    今度やってみるか。

    カトー合わせは無理でしたorz
    目標はカトー基準・・・どころかGMにすら及ばない感じですはい(´・ω・`)

    あと、車体以外にも特徴があって・・・
    完全に自己満足
    見えます?あれですよ、アレ。

    ロールバー
    車内のロールバーをそれっぽい形に出力して取り付けてみました。
    完全に自己満足の世界。

    5576号車単品ではどうしようもないので、5176Fとして仕上げてその中に組み込みました。
    5176Fとして仕上げ
    行先表示はGMのステッカーを、(8CARS)は自作、車番と5576号車社章はトレジャーのインレタです。
    クーラーもGMの分売品と交換し実車に即した形状にしてます。
    また、前面ガラスの前照灯部分は、製品そのままだと黒地の丸抜きが大きすぎるので、ここも裏からデカールを貼って直径を小さく見せるようにしました。


    3Dプリントで車体ができるようになったら、あの車両をやってみたいのですよ。
    今でも「地下鉄車両=あの車両」って思っているほど印象に残っている、あれです。
    スポンサーサイト
    1. 2015/08/25(火) 22:37:19|
    2. 3D・5576号車
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    3D設計で5576号車[5]

    世間は夏休みとかいう時期らしいですが、こちらは21日間(3週間)のうち公休が1回だけな状態です。
    それって違反・・・かと思えば、10連勤→公休(いまここ)→10連勤(計21日)なので違反に当たらないそうで。
    欠を延々と放置し続ける黒会社め!
    まぁそんなわけで、模型弄りの時間がだいぶ減ってるんですよね(´・ω・`)

    さらに磨いた
    前回は600番のペーパーで磨いた状態でしたが、仕上げにプロクソンのポリライトホイール1000で磨きました。

    この後一度パーツを洗って、サフを吹きました。
    これで良いかな
    こんな感じですね。
    出力したままの状態と比べれば一目瞭然です。

    これで車体色を塗れる状態ですが、その前にパーツ断面の処理を行おうと思っているので、今日はここでおしまいです。
    この調子だと、次はまた10日後でしょう・・・。
    1. 2015/08/07(金) 19:22:20|
    2. 3D・5576号車
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0