赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    【在りし日の】GM・東急9000系9001F[39:リメイク]【東横線】

    ライトユニットの調整を行っていました。
    調整自体はそんなに時間掛かってないのですが、発注から納品までに時間が掛かってたり、仕事で公休が潰されたりでね(´・ω・`)

    色々調整して出力
    前回からの変更点は、ユニット本体と運転台機器類の一体化、導光に光ファイバー使用に伴う内部構造の変更です。

    先に油分を落としておこうと、ガイアのレジンウォッシュと超音波洗浄機で洗って・・・
    先に洗っておく
    その後お湯で濯いでおきました。

    それから数日して・・・
    白濁しますたorz
    白濁しました。
    本体はともかく、半透明のまま維持したかったパーツまでも白濁してしまい、この地点で使い物にならなくなりましたorz

    なので、試作調整品と割り切って組んでみることにしました。
    光ファイバー使用
    光源から灯具類の近くまではφ0.5mmの光ファイバーで導光してみたのですが・・・

    やっぱり光量不足っぽい・・・?
    それでも光量不足な予感がしてならないのです(´・ω・`)
    φ1.0mmのファイバーが使えれば良いのですけど、内部構造上収まらないのです。

    組み立てるとこうなります。
    組んでみた
    細かいパーツを一体形成することで、組立ての煩わしさを解消しました。
    塗り分けが面倒になりますけど、ガラス越しかつ入り組んでいるので、そこまで厳密な塗り分けは求められないだろうと。

    裏側
    基盤は光源を変えて集電バネを切って曲げた以外はそのままです。

    車体へ装着。
    はめ込みは良好
    前回品から各パーツの大きさを調整したので、合いはばっちりでした。

    ライトさえ光ってくれれば・・・
    前面ガラスの磨きが足りないので、それも直さないとですね。
    4月中には完成できるだろうか・・・?
    スポンサーサイト
    1. 2015/03/27(金) 18:18:41|
    2. GM・東急9000系9001F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    京阪600形613F・3社比較

    まさかね・・・複数メーカーから製品化されるなんて思いもしなかったですよ(´・ω・`)

    3社並び
    左からBトレ(バンダイ)、鉄コレ(トミーテック)、プラッツ(車体は殆どがGM板キット)です。
    Bトレはそれらしく長さ約2/3、鉄コレはほぼ正確な大きさ、プラッツはベルニナ(箱根登山)の動力に合わせて大きめです。

    先頭部アップ
    先頭部分はこんな感じです。
    プラッツのだけは前照灯と尾灯部分をくり抜きクリアパーツをはめ込み、ワイパーを別パーツ化しています。
    副表部分だけでも各社で処理が違いますね。
    Bトレは副票をモールドしそこへ印刷、鉄コレは素の車体に直接印刷、プラッツは実車に倣ってシール切抜きを副票挿しに貼り付けしてます。

    側面
    側面。
    Bトレは車体長がデフォルメされてますが、ラッピングの雰囲気は良く出ていますね。
    鉄コレとプラッツではデザインの位置関係が微妙に異なりますが、どちらも誤差の範囲、でしょうか?
    床下機器をみるとかなりバラつきがありますね・・・。
    Bトレは割り切れるとして、鉄コレのはちょっとね。
    ただし台車は正確(のはず)です。
    プラッツは台車は近似のもの(KATOの叡電きらら)ですが、床下機器の並びはほぼ実車どおりでしょうか。


    ラッピングの印刷解像度に関して。

    ・Bトレ
    Bトレ
    粒が大きめですが、遠目で見れば気になるほどではありません。


    ・鉄コレ
    鉄コレ
    Bトレよりも粒は細かいですが、先頭部分との処理が目立ちます。
    乗務員室扉脇の手すりは、下の車体色で印刷済みです。


    ・プラッツ
    GM(プラッツ)
    デカール貼り付けものなので、印刷自体は極めて良好です。
    が、凹凸の激しい車体に大判デカールを貼ると言う作業があるので、その辺の処理を上手くこなす必要があります。

    正面から
    3社正面から。
    鉄コレ(中央)は印刷がつぶれ気味で各キャラクターの表情が分かりにくいです・・・。
    この点ではBトレ(左)のほうが多少良いでしょうか?
    プラッツ(右)はご覧のとおり。あ、副票曲がってるorz
    ただし、平面のデカールを3次元的曲面を持つ前面に貼ると言う鬼畜っぷりですがね(´・ω・`)

    鉄コレに関しては色味の境目が目立つ印象です。
    ちょっと気になる
    特にこの部分。
    もうちょい調整できなかったものか・・・残念。

    どれもそれぞれ良いところがある
    車体そのものの出来と手軽さを取れば鉄コレですが、最大の特徴であるラッピングをフルに生かすのであればプラッツでしょうか。
    Bトレは値段と省さがスペースがウリでしょうか。

    ●Bトレ
    ・3社で一番安い
    ・車体長がフルサイズのおおよそ2/3でコンパクト
    ・印刷は荒めだが遠目で見れば目立つほどでもない
    ・組立てが必要だが接着剤不要なので手軽に組める
    ・屋根板は作り分けされているが装着には前面パーツへの加工が必要
    ・加工に自信が無い場合は同じ屋根を使うことで代用できる
    ・専用動力もありN化しやすい

    ●鉄コレ
    ・完成品なので扱いは一番簡単
    ・印刷具合に多少バラつきがあるもよう
    ・車体の塗装部分と印刷部分の境界がやや目立つ
    ・屋根は作り分けされている
    ・専用動力もありN化も容易
    ・パーツ単位で造形不良がある可能性(同時購入した600形4次車のヒューズ箱が一部欠けてた)

    ●プラッツ
    ・基本はGMの板キットなので組立て必須
    ・屋根板は素組みすると片方エラーになる
    ・印刷精度は極めて良好
    ・ただしデカール貼り付けが鬼畜
    ・動力化も指定の動力の入手のし易さには疑問
    ・他の動力を使うにしても加工は必須
    ・素人向けではないと思われる
    ・作る楽しみいっぱい
    ・作る苦しみもいっぱい
    ・実車への愛が試される


    あくまで一個人の感想に過ぎませんが、せっかく3社揃ったので。
    あ、手付かずのMAXモデル(HO)のキットを含めれば4社かw
    1. 2015/03/04(水) 23:50:51|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0