赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GM・東急1000系(改)[8]

    車体の塗装です。
    塗った
    GMの銀色(8)で塗りました。
    これ、死蔵していた缶スプレーの中身を出したものです。
    それにガイアのメタリックマスターを添加して吹きました。

    マスキングを剥がすとこうなります。
    こんなもん?
    特に大きな問題はないのですが・・・
    塗幕が弱いアクリル系
    帯部分の緑がややマダラになってます。
    恐らく、上から貼っていたマスキングテープの影響を受けたと思うのですが、三日月部分には特に異常はなかったのですよね(・ω・`)

    表面が柚子ってますが、これは前に塗った金色の影響かと。
    そのときちょっと濃い目に溶いていたのでそれが原因ですね。
    しかし・・・これはちょっと柚子感が強調されて写ってます。実際はこんなに酷くないです。
    この段階で一度、表面保護としてメタルプライマーを吹いておきました。

    さらに塗り分けるため、マスキングテープを切ります。
    もう手放せないなこれ
    もう手放せません。
    それを貼ります。
    当然塗り分ける
    かつてはすべて手作業で切り抜いていたので、作業効率は大幅アップしてます。
    9000系のときはマジ地獄でしたから(´*ω*`)

    クレオスのスーパーステンレス(SM04)で塗りました。
    決して銀一色ではない
    決して銀一色ではないのです。

    帯だけ塗りなおすので、当該部分を除いて再度マスキングして・・・
    帯だけ塗りなおす

    同じ色で塗りなおしました。
    これで良いかな?
    アクリル系なので、表面保護の前に完全乾燥させておきたいのと、タッチアップしたい場所があるので、今日の作業で表面保護は行いませんでした。


    そろそろ表記類を作っておかないと・・・。
    スポンサーサイト
    1. 2014/06/21(土) 23:12:50|
    2. GM・東急1000系(改)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GM・東急1000系(改)[7]

    ぼちぼち塗装に入りました。

    まずは屋上と床下
    塗りに関しては今までの東急車と同じくです。
    屋根板:クレオス・明灰白色1(35)
    クーラー:クレオス・ライトグレーFS36495(338)
    床下:ガイア・Exブラック(Ex-02)
    スカート:クレオス・グレーFS36118(305)
    運客仕切り:GM・小田急アイボリー(21)

    今回は輪芯の塗装にこれを使ってみました。
    試してみる

    使った結果としてはこのとおり。
    良いんじゃないかな
    吹き方にもよると思うのですが、踏面への吹き込みも無く良好です。
    ただし・・・セットするまでがちょっと大変だったかな(・ω・`)

    続いて車体を塗るために準備します。
    機械任せ
    ミカヅキ部分と帯部分のマスキングは、PCでデータを作ってクラフトロボで切り出して使います。
    特に三日月部分、周囲を四角く切ってあるのはちゃんと理由があります。

    車体の塗装は、今回は先に帯色から塗りました。
    帯色一回目
    まずは一番明るい黄緑色。
    ガイアの萌葱ライトグリーン(VO-29)です。
    店頭で見かけた中で一番色合いが近そうだったので。

    それから帯部分をマスクします。
    三日月部分は、切り出したマスキングテープを外板の上部継ぎ目とドア枠に合わせることで位置が決まるように仕込んでおきました。
    三日月部分の周囲を四角く切っておいたのはそのためです。

    それから帯色2色目を塗ります。
    帯色2回目
    タミヤのグリーン(X-05)です。
    アクリル系塗料なのでちょっと不安要素がありますが・・・。
    ところで、タミヤも瓶入りのラッカー系塗料出してくれませんかねぇ・・・

    2色目をマスクして、3色目。
    帯色3回目
    同じくタミヤのゴールドリーフ(X-12)です。
    この塗料だけ、他とは臭いが違うんですけど、何か理由があるのだろうか。

    で・・・、一発目で薄すぎてしまい、濃度を調整して吹きなおしたのですが、ちょっと良い予感がしないですね(´・ω・`)


    それにしても、マスキングテープをあらかじめ切っておくだけで作業効率がぜんぜん違います。
    モノにできれば作業が捗る
    データ作るまでが手間ですけど、一度作ってしまえば同型の車輌にも使えますし、なにより精度が期待できるのが大きいですね。
    モノにできればもっと複雑なマスキングも可能になるでしょうね。


    ドサクサに紛れて床板の一部も塗っておきました。
    実車も白だったので
    1600形のこの部分。
    実車も白いカバーが被ってたのでそれに合わせただけです。


    次回は車体色、つまり銀の塗装ですね。
    1. 2014/06/14(土) 20:03:49|
    2. GM・東急1000系(改)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GM・東急1000系(改)[6]

    ライトの基盤、もう少し薄ければなぁ・・・(・ω・`)

    「だったらいっそ、削っちゃえばいいよね」

    削っちゃえば・・・(・ω・`)

    「そう、削っちゃえば良いんだよ」

    削っちゃえば・・・ハッ(゚д゚)!!

    ・・・上記電波を受信したので早速やってみたのがこれ。
    だったら削ればいいじゃない
    単純に基盤を裏側からリューターでガリガリ削ってみただけです。

    この状態で組みなおしたらですね・・・
    ほぼ思い描いたとおり
    先頭部分の「浮き」をほぼ抑えることができました。
    やっぱり、分厚すぎるんだよあの基盤・・・。


    忘れかけてた前面手すりの加工を行います。
    実車は手すりが切り取られて、僅かに出っ張りが残っています。
    そこで、手すりのモールドをそぎ落とし、穴を開けて・・・
    植えて・・・
    手すり(のようなもの)を植えました。
    ここで使ったのは配管止め用の細い銅線です。

    そして、不要部分を切ります。
    切る
    僅かに出っ張りを残すのがミソです。

    これで車体への加工は全て終えたはずなので、そろそろ塗装に入れるかも・・・です。
    1. 2014/06/05(木) 20:43:53|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0