赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GM・西武6000系

    いつまでもPC云々言ってられないので、気分転換に完成品の仕上げ作業を。

    今回は・・・
    ロゴなし
    GM・西武6000系です。
    乗務員室扉の脇にロゴマークの無いタイプです。
    現在はロゴマークが入っているので、その辺を再現するところから入りました。

    ロゴは自作
    はい。
    なるべく時間を掛けないようにしたので、ロゴマークは自前で用意したものではありません。
    大きさ、色合いを調整して透明デカールに印刷しただけのお手軽仕様です。

    これ以降は普段の作業と変わりありません。
    まず車体をバラします。
    バラす
    完成品とは何だったのか?と疑問に思う瞬間でもあります(・ω・ )

    車体表面の汚れを落とします。
    洗って・・・

    その次に、前もって用意していた自作のデカールを貼り付け。
    デカール貼り付け
    透けることを考慮してやや濃い目の色合いにしてみたのですが、そこまでする必要は無かったようです。
    あと、もう一回り小さくてもよかったかな?

    そして表面保護へ。
    使うのは例によってクレオスのメタルプライマーです。
    これは、銀色の質感を損なうことなく保護ができるのです。
    クリヤーではそれそのものの光沢が銀独特の輝きの邪魔をしてしまうのです。
    ところで、この製品に関してはきれいな銀色をしてます。
    モノによっては塗りなおしたりするのですが、こいつに関してはそのままでも十分ですね。

    表面保護が終われば組み立てへ。
    このときにステッカー類も貼り付けていきます。
    ここで用意したのがこちら。
    当時純正品が出ていなかったので
    富士川車両さんのステッカー。
    じつはこの製品、行先印刷済みなのですがね・・・
    さすがにこれは・・・
    印刷は前面だけ、側面行先表示については印刷が無いのです。
    せっかく行先表示器がクリアパーツになったのに、これでは余計に目立つばかりでがっかりしたところでもあります。
    当時、GM純正でステッカーの発売が無かったので、最初に目に付いたのが今回使うステッカーだった、ということです。
    ここでは、東横線、副都心線直通の想定で[快速急行 飯能]を選びました。

    組立工程の中で、室内灯ユニットを装着しますが、通常はトミックスの幅狭を使います。
    が、今回は・・・
    余り物の処理とも
    死蔵している幅広ユニットを組み込んでみました。
    この製品ではユニット固定用のツメが無いのと、ユニットの導光材の一部を削り、集電スプリングを曲げ加工することで、両面テープにて装着することができました。

    そして仕上げ完了。
    仕上げ完了
    いつも通りの完成品の仕上げ工作なので、特に特別なことは行っていません。

    自作のロゴマーク。
    デカールとはいえ厚みが気になる
    本音はインレタですけど、透明デカールでここまでできれば妥協点かなとも。
    でも、デカール自体の厚さが気になる(・ω・`)

    もっと余裕があれば50番台もやってみたいですけど、いつ製品化されても不思議でないから怖い。
    それは京阪600形で残酷なほど経験してるんで(´・ω:;.:...
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/08/20(火) 23:56:05|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アクリル工作で自作棚

    全然模型工作なんてやっていません(´・ω・`)
    いや、やってないというか「やれない」んです。
    今進行中の京阪600型に関しては窓ガラスの製作待ち状態なのですが、窓ガラスにはアクリルを削りだしたものを使おうとしてます。意地でも。
    で、削り出しには意地でもiModelaを使おうとしてるんですが、PC更新以降それがPC上で認識されない事象が発生していましてね・・・。
    結果としてはついさっき(2013/08/13 23:00現在)使えるようになったのですが、この辺の顛末は別の機会にでも。

    今回のお題は・・・
    9月以降に一気に増える予定なので・・・
    PCラック右脇のこのスペース。
    去年あたりから次第に増えつつあるモノを置いているところですが、9月以降に急増することが予想されるので、その置き場所を確保する必要が出てきました。
    で、買ってきたのがこちら。
    ちょうどいいサイズが無かったorz
    厚さ3mmのアクリル板です。
    この状態で600mm×900mm。でかいです、もって帰るのに苦労しました。
    決して欲張ったのではなく、単純に手ごろなサイズの板が無く、仕方なくこのサイズになったって感じですね。

    早速、求めているサイズにカット。
    切り出す
    幅は約60cm、奥行き22cmに設定。
    角を斜めに落としてあるのは、切り出したときに割ってしまったので、その部分を切り落としたらこうなった。

    この段階できちんと嵌るか確かめます。
    ここにはめ込む
    自分でも驚くほどぴったり嵌りました(・∀・)

    これをこのまま使うのは強度的に不安なので、補強板も用意します。
    補強板も用意
    たぶん、気休め程度の強度しか出せないと思うんですが・・・。

    棚板本体には金具を取り付けるためのねじ穴を開けておきます。
    穴あけ
    ねじの頭を飛び出させないために、表側からねじ穴をすり鉢状にさらっておきました。

    保護紙をはがして、補強板を接着。
    接着
    アクリル専用の接着剤を使いましたが、これってどういう原理で接着してるんだろ。
    すぐに蒸発するし、はみ出しても表面を溶かしているようにも見えないし・・・。

    さらに金具をねじ止めします。
    さらにねじ止め
    ねじ自体もプラ製のを使い、なるべく目立たないようにしてみました。

    これをPCラック横の梁に装着して完成。
    完成
    重いものを乗せない限りは大丈夫かと思うんですがね・・・。

    一箇所だけじゃ厳しいか
    後ろの支えが一箇所だけってのがちょっと気になるところ。
    部材を買い込んでいたときに思い描いていた時から急遽設計変更をしたのでこういう状態なのです。
    場合によっては金具を追加したほうが良さそう。


    もうひとつ。
    塞がれた通気孔
    せっかくのPC天面通気孔を塞いでいるの図。
    冷却能力に影響が出そうな予感がするので、通気孔を確保しつつ物を置けるように架台を作ります。

    こちらも所定の大きさに切り出ししますが・・・
    こちらは意図的に角を落とす
    こちらは意図的に角を落としました。
    そういうデザインにしたかったのです。

    足を装着すべく、取付け用の穴を開けます。
    足の取り付け穴をあける

    そして、足装着。
    足装着
    この足ですが、フォトフレームに使う足をそのまま流用してるだけです。

    こいつをPCの上に乗っけて完成。
    これでよし
    足は通気孔の穴にうまくはまり込む位置に付けていたのでした。
    これで多少のことでも位置がずれるのを防ぐことに成功。

    これでPC通気孔の問題は解決。
    このスペースが意外と便利なんです
    以前のPCでは通気孔が無かったので、直接物を乗っけても問題なかったのでした。



    これでやることもやって、PC更新前の状態に近づいてきたので、そろそろ模型工作を再開できそうです(・ω・)
    1. 2013/08/14(水) 00:52:41|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    PC更新

    また少し間が開いていましたが、通常使うPCの機器更新作業を行っていました。
    というのもですね、最近動作に不安な点が出ていたりしてたのです。
    ただし、「いつやるの」→「今製作中の模型(=京阪600)を終わらせてから」と思っていた矢先ですね・・・
    突然のブルースクリーン
    今年2度目のブルースクリーンが出たりと、このまま使って大事故が起きる前に手を打つことにしたのです。
    で、せっかくだから内部の機器も更新してしまおうと。

    「いつやるの?」

    「今でしょ!」

    このノリで。


    更新の方針としては、PCの中身を最新モノに置き換えることにしたので、まずは機器を調達するところから。
    あくまでも中身だけ替えるはずだった
    ざっとこんな感じですかね(・ω・)

    PC本体から元の機器を外して、新しい機器を装着するんですが、マザーボードを装着しようとしたときに事件が起こったのです。

    ガツン。

    あ、フレームに当たったか。

    ガツン。

    ん、今度はコネクターにぶつかった。

    ガツン。

    待て何かがおかしい。

    あれ・・・?
    どう見てもサイズ不一致です。本当に(ry...

    元のマザボがてっきりATX規格だと思ったらそうではなかったらしい(´・ω:;.:...

    さてどうする。

    そして考え付いたのが・・・
    あわててケースを追加購入
    こうじゃ。

    即効で最寄のヨドバシに駆け込んでPCケースを買ってきたのでした。
    これではほぼPC全交換と変わりないですねぇ・・・。

    で、改めて機器の組み込みを。
    組み込み完了
    結局再利用したのは、電源と後付したCDドライブだけでした。

    この段階では問題なく組込みできているように見えますが・・・
    ケーブル切り継ぎ
    ウラでケーブル切り継ぎなるチートをしています。
    次回の更新時には電源交換必須ですねこれ。

    それと・・・
    ちょっと厳しいグラフィックボードの支え方
    やたらと大きいグラボの支え方。
    近くにあった太めのケーブルを支えに使うという無茶をしてます。
    支えがないとそのうち重さでグラボ基盤がコネクタ根元から折れるんじゃないかと不安になったので。

    元の場所に据え付けた状態。
    外観
    天板の大部分にわたって通風孔があるのですが、今はほぼふさがった状態ですね。
    近いうち架台を作ってそれを塞がないように仕込むつもりです。



    さて更新後のPCについて。

    ・マザーボード
     ギガバイト・GA-Z87X-UD5H
     チップセットはインテルZ87を搭載。選んだ決め手は「見た目」。
     
    ・グラフィックボード
     ギガバイト・GV-R797OC-3GD
     Randeon HD7970搭載のグラボ。「とりあえず重い、物理的に」が第一印象。

    ・CPU
     インテル・Core i7 4770K
     前PCに引き続きCore i7シリーズの最新モノ(2013/08現在)を使用。

    ・CPUクーラー
     コルセア・H80i 
     簡易水冷式のCPUクーラー。ある日アマゾンに勧められたのが購入の動機。
     ポンプヘッドのロゴはLED内蔵で光ります。
     輝くポンプ
     こんな感じに。
     設定次第でCPU温度に合わせて色を変えることもできるそうです。
     参考までに、付属のクーリングファンはフルパワーで回すとかなりの音が出ます。
     静音モードで使用すればかなり静かになります。

    ・記録媒体
     CFD・S6TNHG5Qシリーズ
     安心の国産東芝製SSDとのことで。
     今回は512GBを2基導入し、RAID0にて運用。(前回は1TBのHDDを2基使ってRAID1を構成)
     読み書きの速さとSSD自体の寿命向上を狙った。(たぶんこれで合ってるはず)
     そのほかに前のPCで余った1TBのHDD1基も組込み。

    ・その他
     メモリーは8G2枚と4G2枚で合計24Gを搭載。
     光学媒体の読込み装置は引き続きI・Oデータのブルーレイスーパーマルチドライブを。
     ケース本体からカードリーダーが無くなったので、新たにてAkasa製のものを導入。
     PCケースはエナーマックス・OSTROG / ECA3252シリーズを。

    SSD使用ってのもあってか、OSの起動時間が大幅に短縮されました。
    電源投入から1分後にはすでに使い始められる状態です。
    シャットダウンに至っては10秒未満w


    これで今のところ問題らしい問題は出てないのですが、一つ重大な懸念が。

    ―iModelaを認識しない―

    やばいです。これが使えないと京阪600型を完成に持っていけませんorz
     
    さぁどうする?



    ついでに、ミニノートPCも更新しました。
    こちらも更新
    マイクロソフトのSurface proです。
    今まで自室とリビングに1台ずつあったのですが、稼働率が低いのでこの1台に統合しました。
    購入の動機は家族に「タブレットみたいのが欲しい」と言われたから。
    元々ミニノート2台を更新する予定は無かったですが、その一言で購入する口実ができたという話(・ω・)
    1. 2013/08/03(土) 22:26:47|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0