赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京阪旧3000系ラストラン

    明け番で強行で行ってきました。
    10日の通常営業終了と異なるのは、DDを抜いた7両編成であることです。

    @淀駅~八幡市駅間
    @淀駅~八幡市駅間
    とりあえず、DD無しの7両であることが分かればそれで良かったはずなのですが・・・

    @淀駅
    @淀駅
    結局は追いかける始末。

    @淀駅
    @淀駅

    吹っ切れて、淀の車庫から寝屋川の車庫へと回送するところまで見届けることに。

    @八幡市駅
    2600系@八幡市駅
    こいつも格好良い(・ω・)

    @八幡市駅
    @八幡市駅
    何事も無かったかのようにすんなり撮れた一枚。
    マトモに撮ることなんて期待していなかったので、これは嬉しかった。

    @八幡市駅
    @八幡市駅
    寝屋川の車庫へ向けて走り去る旧3000系。

    また一つ、名車が消えてしまいましたね(・ω・`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道写真

    1. 2013/03/31(日) 22:11:58|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[65]【いいよね・・・】

    今までiModelaで削り出してきたガラスパーツたち。
    今まで削り出してきたパーツ
    ふと、車体に合わせてみたくなって、ピタッとはまる様を想像しつつ試したみたらですね・・・。

    あれ・・?
    ・・・あれ(・ω・`)?

    どうして・・・?
    このパーツも・・・?

    何故にorz
    どうしてこうなるの(´・ω:;.:...

    データ作りの段階では間違いなく正しい数値を入れたはずなのですが、実際削りだしたところそれよりも二周りほど小さくなっていたのでした・・・。
    ここまできて、そういえば以前もそうだったなと思い出すのでした・・・。
    でも、そうだとしても今回のはあまりにも小さすぎなので、データ修正は避けられないですね。


    とりあえず先に進んで行きます。
    車体色の二色目を塗る為にマスキングを行ないます。
    上半分をマスク
    603Fは上半分をマスク。

    こちらは尾灯部分だけ
    613Fは尾灯部分と妻面の一部を残すようにマスクしました。

    床板をマスク
    室内床板は座席部分を残すようにマスクします。
    ここに関しては厳密な塗り分けは求めないので、気軽に作業することに。


    マスキングが終わったら塗装。
    最初は塗り分け部分を
    最初は塗り分け際を軽く塗ります。
    こうすることで、塗り分け線のにじみを少しでも押さえようという考えです。

    それから徐々に全体を吹きます。
    それから全体を塗る

    マスキングを剥がします。
    一見良さそうに見えて・・・
    ぱっと見は良さそうに見えたのですが・・・

    いやこれはちょっと・・・
    全面塗り分けに歪みがあったり・・・

    薄々気づいてはいたけどやっぱり・・・
    薄々感じてはいたけど妻面塗り分けの歪みと吹き込み。

    吹き込み
    こちらは内側からの吹き込み。

    ちょっと修正が必要なところが幾つか出てしまう結果に(・ω・`)
    後日おとなしく修正します・・・。

    一方、部分での塗装が中心の613Fは・・・
    こちらは厳密な塗り分けは求めないが・・・
    妻面以外は厳密な塗り分けを求めないのでこの程度で良しとするのですが・・・

    足りないのは困る
    こんな風に、塗り足りないのはやはり修正対象なのです。
    この程度の面積なら筆塗りのほうが効率がいいのかな・・・。

    室内床板。
    こちらは問題なし
    こちらは問題なく仕上がったようで。

    これで屋上と床板を残すだけとなるのですが・・・
    とりあえず修正が先
    車体塗装の塗り分けをキッチリ仕上ることが先ですね。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/28(木) 22:37:41|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[64]【いいよね・・・】

    塗装の続きです。

    塗り分けのためマスキング
    613Fは所々元の塗装が見えている場所がありますので、それを再現する為にマスキングをしておきます。
    これは、前照灯部分と妻面に少し見える薄緑色を吹くためのマスクです。

    前回までに・・・
    再度黄色を吹く
    GMカラーを吹いたところ、何か違うということで、黄色部分は塗りなおすことにします。
    そのためにわざわざ模型屋に足を運んで塗料を買いに行って、いざ塗装と思い瓶の中身をかき混ぜながら思ったのは・・・
    これも・・・なんか違う
    買ってきたのは「Mr.COLOR329・イエローFS13538」でしたが・・・
    うん・・・これもちょっと濃いな(・ω・`)
    前回分よりも赤みは減ってるのですが、依然として色が濃いように見え、結局はこの塗料は使わず・・・

    もう少し薄くてもいいのだけど・・・
    結局は手持ちの「Mr.COLOR113・RLM04イエロー」で塗りました。
    これでもまだ濃いのですけど、店頭ではズバリの色が見つからなかったので、これで進めて行きます・・・。

    ある程度色が付いたところで・・・
    ここのマスクを剥がす
    ステッカーを貼る部分のマスキングを剥がします。

    塗幕でできた段差
    塗幕の段差ができてますが、ここにステッカーをピッタリはめ込んで上からクリヤーを吹けば上手くいくはず(・ω・)

    マスクした部分はサフの色がそのまま出るので、車体色で塗っておきます。
    再度上塗り
    これで上手くいくかは分からないけど、ここまで来た以上はやるしかない。

    一方で、フルラッピングとなる613Fですが、フルといっても元の塗装が見える部分がありますので・・・
    塗装は必要な部分だけ
    その必要な部分だけに車体色を塗りました。
    こちらも、デカールとの境界がピッタリ繋がれば良いのですが・・・。

    室内に関しては、床面をそれっぽい色で塗っておきます。
    内装は大体の色合いで
    ここも新たに買ってきた塗料を使っています。

    これで本日分の塗装は終わりです。
    次は車体色下半分かな
    この次は車体色の下半分が対象になると思います。



    ・例によって・・・
    戸袋窓部分
    塗装と平行して戸袋窓部分のパーツを削っていました。
    こう段差のあるパーツになると、手作業で削るのはなかなか難しくなりますね・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/25(月) 22:05:51|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[63]【いいよね・・・】

    京阪、東横と約一週間のうちにイベント盛りだくさんで、模型弄っている時間が無かったのです・・・。
    東横に関しては、無事に相直運転が始まり一段落といったところでしょうか。

    最後に模型記事を上げて以降、全く何もしていなかった訳ではなく・・・
    下段
    ガラスパーツの削りだしを行なって少しでも先を目指していました。
    これは側面ガラスの二段窓の下段に使うもの。


    今回、室内も簡単に再現しようとしているのですがね・・・
    完全に忘れていた・・・
    ここにきて車椅子スペースの存在を完全に忘れていたことに気づきました。

    幸いにして、まだ下地の塗装だけの状態でしたので、座席の一部を切り取るだけで済みました。
    座席を一部切り落とすだけ
    それ以上は特に何もせず、このまま本塗装をするつもりです。


    車体の塗装を行ないます。
    まずは613Fから。
    塗り立てホヤホヤ
    ここではベースとして白色が指示されているので、それに従います。
    相変わらずラッカー系塗料で白色を持っていないので、タミヤのアクリル系塗料を使いました。
    購入してから数年が経過し、塗料の粘度も高くなっていたので、専用薄め液を多めに入れ、さらにペイントリターダーも多めに入れて吹いたところ、なかなか色が付かないうえになかなか乾燥しない事態に。
    どちらも程々にしておくべきでしたね(・ω・)
    ただし、全く乾かない訳ではないので、そこは気長に待つことにします。

    続いて1次車の塗装。
    近似色として、GMカラーの17番が充てられていたので、それに従って塗ってみたのですけどね・・・
    いやなんか違う・・・
     何 か 違 う 。
    このままでは近鉄石山坂本線と化するのではと思うほどこの色じゃない感が漂ってます・・・。
    流石にこれで進めるのは無理があるので、今後本来の黄色を塗る為の下地塗装と言うことにしましょう(・ω・)

    本日分の塗装はこれで終わりです。
    とりあえずここまで
    今まで一次車の車号は伏せていましたが、特急色になった603Fとして作っているところでした。


    ここでも、塗装と同時進行で・・・
    上段
    側面窓ガラスの削り出しを。
    こちらは二段窓の上段。

    残すは戸袋窓とドアガラス。
    窓ガラス関係は、特に613Fを作るときに塗装後すぐに必要なので、今のうちに作っておかないとどんどん工期が延びてしまうので・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/20(水) 21:26:20|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Joint!

    ついに東横線と副都心線との相直運転が開始されました。
    早朝に記念乗車券を買いに行くべく渋谷駅に行ったのですが、並んでいる途中で完売してしまいました(´・ω・`)


    とりあえず、深くは考えずにどこかで軽く撮ってから帰ることにしました。


    @新丸子駅
    東武50070系@新丸子駅
    805-072 [急行 和光市]
    運番表示は[05T]

    @新丸子駅
    5000系4000番台4109F@新丸子駅
    052-072 [特急 飯能]
    運番表示は[52K]


    @新丸子駅
    5050系5160F@新丸子駅
    019-082[各停 新宿三丁目]
    運番表示は[19K]

    @新丸子駅
    メトロ7000系@新丸子駅
    709-082[各停 保谷]
    運番表示は[09S]

    @新丸子駅
    西武6000系@新丸子駅
    114-082[特急 小手指]
    運番表示は[14M]

    @新丸子駅
    左・メトロ9000系・右:メトロ10000系@新丸子駅
    757-082 [特急 川越市]
    運番表示は[57S]

    @新丸子駅
    5050系5174F@新丸子駅
    012-082 [各停 飯能]
    運番表示は[12K]

    @新丸子駅
    Y500系Y514F@新丸子駅
    024-082 [各停 新宿三丁目]
    運番表示は[24K]

    時刻表と運番を照らし合わせると、ある程度法則性が見えてきますね。

    000→東急車・MM車(8両)(K)
    050→東急車(10両)(K)
    100偶数→西武車(M)
    700→メトロ車(S)編成でさらに細分化されてる予感。
    800奇数→東武車(T)

    【参考】他線区の運番
    ・田都
    000→東急車(K)ただし033辺りからは非乗入れ車
    051奇数→メトロ車(S)
    050偶数→東武車(T)

    ・こ国
    180→こどもの国線

    ・大井町
    100→5両編成(各停・GとB区別なし)
    120→6両編成(急行)

    ・目黒
    200→東急車(K)
    300→メトロ車(S)
    400→都交車(T)
    500→埼玉車(M)

    ・池多摩
    000~016→池上線 ただし006は夕方から深夜まで多摩川線
    021~030→多摩川線 ただし026は朝ラッシュ後→夕ラッシュ後まで池上線

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道写真

    1. 2013/03/16(土) 19:52:24|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    9000系回送

    明け番で東横線に行ってきたのでした。

    最初に渋谷駅に向かったのですが、その時に乗ったのがまさかの9000系9005Fだったのです。
    乗った号車は9605号車でした。
    まさかこの日に乗れるとは思いもしなかったので、嬉しい限りです。

    渋谷駅で降りて・・・
    @渋谷駅
    すぐに[各停 武蔵小杉]として折り返していきました。

    記念乗車券を買って、一度外へ出ます。
    @渋谷駅付近
    東横線渋谷駅最大の特徴とも言えるこの屋根。
    ちょうど1番線にはメトロ7000系が停車中ですね。
    これもこの日限りで見納めです・・・。

    暫く線路沿いに歩いていきます。
    @渋谷駅~代官山駅間
    Y500系@渋谷駅~代官山駅間
    ちょうどJRと交差するところですね。
    翌日からはこの真下に掘られたトンネルの中を走りますので、この光景ももう見ることができません。
    ちなみにこの付近でトンネル構造が少し異なるらしい。
    奥の煙突は清掃工場のもの。

    さらに歩いて代官山駅まで辿り着きました。
    @代官山駅付近
    5050系5172F@代官山駅付近
    ここがまさに線路切替ポイントとなります。

    代官山駅から新丸子駅へ移動しました。

    @新丸子駅
    1000系1007F@新丸子駅

    @新丸子駅
    メトロ03系@新丸子駅

    @新丸子駅
    1000系1005F@新丸子駅
    半ば諦めていた1005Fですが、最後の最後で撮ることができました。

    そして・・・
    @新丸子駅
    左:9000系9010F・右:1000系1007F@新丸子駅
    いよいよ9000系の回送が始まりました。
    これは一本目。

    ここではいい場所が取れず、沿線設備の一部が被ってしまいました(・ω・`)

    次の目的まで時間が空くので、駅構内のマック(クモハナルドとも?)で昼食を取り、それから多摩川駅に移動しました。

    それでもまだ時間があったので・・・
    @多摩川駅~沼部駅間
    7600系7601F@多摩川駅~沼部駅間
    多摩川線を撮って暇つぶしをしようとしたら、いきなりナナロクが登場w
    検査後とはいえ、日中出てくる機会が少ないのは確かなので、撮れる時に撮っておきたいクルマの一つ。
    皆が東横に気を取られている中、美味しくいただきました。

    多摩川線を一周撮って、程よい時間になりましたので移動して・・・

    @多摩川駅~新丸子駅間
    9000系9005F@多摩川駅~新丸子駅間
    2本目の回送を撮影。

    さらに移動して・・・

    @奥沢駅~田園調布駅間
    9000系9001F@奥沢駅~田園調布駅
    走り馴染んだ東横線を背にして去ってゆく9001F。
    この時既にヘッドマークの類は外されていましたが、それでも格好良さは変わらない。
    そしてこの瞬間に、東横線から9000系全編成が去っていったのです(´;ω;`)

    さらに追いかけるべく、徒歩で緑が丘2号踏切に向かい、待機。

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    8090系8099F@緑が丘駅~自由が丘駅間
    もうすぐ東急線内から消滅する可能性のある8090系。

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    9000系9001F@緑が丘駅~自由が丘駅間
    今度は5両編成で走ることとなるのでしょうか?
    ちなみに9001Fは、過去にも5両編成で大井町線を走行していた経緯があります。
    @二子玉川駅
    左:9000系9001F・右:8000系8001F@二子玉川駅(2008年1月)
    この当時、5年後に東横線から9000系が消えるなんて微塵も思いませんでしたよ・・・。

    さらに追っかけていき、最後は長津田で。

    @長津田駅
    9000系9001F@長津田駅
    8両としてここを走行するのはこれが最後か?

    @長津田駅
    9000系9001F@長津田駅
    そして車庫内へと入っていきました・・・。

    9000系の入庫を見届けた後に、ワタクシも家に帰りました。

    本日3月15日を以って、俺の中での東横線は一度死んだも同然。
    8000系もいない、頼りの綱だった9000系もこの日で東横から離脱。
    好みのクルマが存在しない以上、そこにできた空白も大きいです(・ω・`)
    しかし、翌日からは東横線は新しい時代へ突入します。
    その中で、また新たに何かを見つけられれば・・・と思うところです。


    そのほかでは、東急単独でのターミナル駅がまた一つ消えることも大きな話題でしょうか。

    それともう一つ。
    @多摩川駅
    運賃表@多摩川駅
    これ、気づいた方もいると思うのですが、運賃表の渋谷周りの概念が無くなるので、この表記もこの日までとなりますね。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道写真

    1. 2013/03/15(金) 21:59:29|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    消えゆく主役

    あと3日で大きく変化する東横線。

    @新丸子駅
    メトロ03系@新丸子駅
    営業では間もなく見納めとなりますね・・・。

    @新丸子駅
    メトロ9000系@新丸子駅
    前面窓の形は変わらないのに、従来車とは大きくイメージが異なる南北線車輌。

    @新丸子駅
    9000系9010F@新丸子駅
    本当に、無駄の無い機能優先なスタイルですが、それがまた格好良いクルマです・・・。

    @新丸子駅
    1000系1004F@新丸子駅
    9000系と同時に東横から姿を消す1000系。

    @新丸子駅
    9000系9001F@新丸子駅
    そして本日の主役、9001F。

    事前情報で、日中出ている9000系2本を確認できたので、一旦東横線を離れます。

    いきなりですが、ここから脇道に逸れます。
    次に向かったのは池上線です。

    @池上駅~蓮沼駅間
    7600系7602F+7500形@池上駅~蓮沼駅間
    7602Fの車輌回送もこの日でしたので、逃さず撮ることにしました。
    憶測なのですが、代わりのクルマがまだ来ていないので、7602Fは再び池多摩に戻ってくる可能性大です。
    7600系は2編成ともまだ当分は池多摩に残りそうですね。(趣味的には)良い事ですw

    @池上駅~蓮沼駅間
    7600系7602F+7500形@池上駅~蓮沼駅間
    蒲田駅の構造上、4両までが限界なので、このような方法が採られているのです。

    で、この回送と必ずセットになるのが・・・
    @池上駅~蓮沼駅間
    7550形@池上駅~蓮沼駅間
    7550形の単行による回送。
    これは池多摩線内でしか見られないものです。

    で・・・、この時初めてスカートに変化があることに気づいたのです。
    参考までに、過去の写真を。
    @蓮沼駅~蒲田駅間
    7550形@蓮沼駅~蒲田駅間(2012/10/16)
    これは10月に行なわれた7601F回送の時の写真です。
    スカート部分の保護板(名称不明)のようなものが無くなり、床下が見通せるようになっていますね。

    その後の11月の検測運転の間までに・・・
    @溝の口駅
    7500形+7590形+7550形@溝の口駅(2012/11/27)
    保護板が撤去されていました。
    なんというか、何故ここまで気づかなかったのかと(・ω・)

    @池上駅~蓮沼駅間
    7550形@池上駅~蓮沼駅間
    こう、配管むき出しなスタイルがいかにも事業用車な雰囲気を出してると思うのですが、いかがでしょう(・ω・ )

    一旦昼食を採り、多摩川駅で東横線に乗り換えたらタイミングよく9010Fが来ました。
    と言うことは、退避となる自由が丘駅で後続の優等列車と並ぶってことは・・・
    @自由が丘駅
    9000系9001F@自由が丘駅
    種別灯を点けてやってきた9001F。格好良いです。

    @自由が丘駅
    9000系同士の並びももう見納めですね・・・。

    自由が丘駅で降りてからは、大井町線沿線に向かいました。

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    8090系8097F@緑が丘駅~自由が丘駅間
    東横から9000系引退の話ですっかり盛り上がっていますが、それによって押し出されているのが8090系。
    下手したら東急線内からは形式消滅の可能性もあるわけですので、こちらも押さえておかないといけませんね。

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    9000系9007F@緑が丘駅~自由が丘駅間
    一方で、こちらは当初から大井町線に投入されている9000系。
    4~5年前までは大井町線では稀少な存在でしたが、今となっては主力の一員となってしまいました・・・。

    しばらくして・・・
    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    7500形+7600系7602F+7550形@緑が丘駅~自由が丘駅間
    大井町線沿線に来た理由は、こいつを撮るためでした。

    7602Fの回送を見送った後は、再び東横線に戻ります。
    もうすぐ営業終了となる東横渋谷駅に向かいました。

    @渋谷駅
    5050系5168F@渋谷駅

    @渋谷駅
    渋谷ヒカリエと@渋谷駅
    この建物がそれか、と改めて思ったなど・・・。
    早いもので、もうすぐ開業1周年なのですよね。
    それに合わせて4110Fがド派手な特別仕様車としてやってくるそうで。
    それを模型化できたら注目の的になりそうだけど、車体ラッピングには苦い思い出しかないからいまひとつ気が進まない(・ω・`)

    @渋谷駅
    メトロ7000系@渋谷駅
    東横渋谷に入線するメトロ車が見られるのもあとわずか。

    @渋谷駅
    9000系9001F@渋谷駅
    本当に、あと2日で見納めとなるのが信じられない・・・。

    @渋谷駅
    9000系9010F@渋谷駅
    東横の主役として活躍した9000系、そして東急の表玄関と言われた東横渋谷駅。
    日常的に見られたこの風景ももうすぐ無くなる・・・。

    @渋谷駅
    @渋谷駅

    @渋谷駅
    @渋谷駅

    @渋谷駅
    こいつは14日で見納め@渋谷駅

    @渋谷駅
    @渋谷駅

    @渋谷駅
    @渋谷駅

    9000系2本を見送った後、鶴見川へ。

    @綱島駅~大倉山駅間
    メトロ03系@綱島駅~大倉山駅間
    16日以降は武蔵小杉以西で03系が走ることはあるのだろうか・・・?
    7000系とのすれ違いも撮れたのですが、それはこちら↓で。



    @綱島駅~大倉山駅間
    メトロ7000系@綱島駅~大倉山駅間

    @綱島駅~大倉山駅間
    9000系9010F@綱島駅~大倉山駅間

    @綱島駅~大倉山駅間
    9000系9001F@綱島駅~大倉山駅間

    一旦自由が丘駅まで戻りました。

    @自由が丘駅
    メトロ7000系@自由が丘駅
    16日以降日常化する光景。

    @自由が丘駅
    9000系9001F@自由が丘駅
    15日で見納めとなる光景・・・。

    @自由が丘駅
    9000系9010F@自由が丘駅
    今度は地上の自由が丘駅に姿を見せることになるでしょうけど・・・。

    この時上り列車に阻まれて、9000系同士の並びはまともに撮ることができなかったです(´・ω:;.:...
    ここから9001Fに乗ろうとしたのですが間に合わずorz
    後続の列車で菊名へ出て、そこから9001Fに乗車。
    横浜駅まで乗りました。
    @横浜駅
    9000系9001F@横浜駅

    ここで折り返してくるのを待ちまして・・・
    @横浜駅
    9000系9001F@横浜駅
    光り輝く種別灯。
    本当に東横から去るのが未だに信じられないのです・・・。

    ここから菊名駅までが、本当に最後の乗車となります。
    @菊名駅
    9000系9001F@菊名駅
    あたりも薄暗くなり始めたので、ここでお別れです。

    @菊名駅
    9000系9001F@菊名駅
    決して「無くなるわけではない」はずなのですが・・・、また一つ、東横の象徴が無くなると思うと残念でなりません(´;ω;`)

    ワタクシの中の東横のイメージは「8000系と9000系が主役、そこに華を添える1000系とメトロ03系」でしたが・・・、まさかこんな早くにすべて失うとは思いもよらなかったですね・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道写真

    1. 2013/03/13(水) 23:12:09|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    京阪旧3000系

    本日10日で京阪旧3000系の定期運用が終了との事で現地に行ってきました。
    今回は全工程とも京阪本線に絞ることにしました。

    あまり詳しいことは書かずに、写真だけ貼っておきますね・・・。

    @東福寺駅
    8000系30番台@東福寺駅
    この日まで無事に走ってこられたのも、保線の方々をはじめとした方々のおかげです。

    @東福寺駅
    8000系30番台@東福寺駅
    その後追い。

    @中書島駅
    8000系30番台@中書島駅
    隣は6000系による特急でした。

    @枚方公園駅
    2600系@枚方公園駅
    最近このクルマに魅力を感じてます(・ω・)

    @枚方公園駅
    3000系@枚方公園駅

    @枚方公園駅
    9000系@枚方公園駅

    @枚方公園駅
    2200系@枚方公園駅
    2200系、2400系、2600系の区分がいまひとつ怪しいです(・ω・`)

    @枚方公園駅
    8000系@枚方公園駅

    @枚方公園駅
    7000系@枚方公園駅

    @枚方公園駅
    8000系30番台@枚方公園駅

    @大和田駅
    5000系@大和田駅

    @大和田駅
    8000系@大和田駅

    @大和田駅
    7200系@大和田駅

    @大和田駅
    3000系@大和田駅

    @大和田駅
    6000系@大和田駅

    @大和田駅
    8000系30番台@大和田駅
    直前になって雨が降るわ気温が下がって寒くなるわですごい条件悪かったです・・・。

    淀屋橋からは旧3000系に乗り、三条駅で降りる予定でした。
    が、寝落ちしてしまい結局全線乗った状態に・・・。

    @出町柳駅
    8000系30番台@出町柳駅
    この日限りで見納めとなるダブルデッカー車。
    ラストランはDDを抜いた7両となる予定だそうです。
    淀屋橋からはこれに乗ってきたのです。

    @出町柳駅
    8000系30番台@淀屋橋駅

    ここで旧3000系の出発を見送りました。

    @出町柳駅
    2600系@出町柳駅

    @三条駅
    2600系@三条駅
    旧色との混結編成でした。

    @三条駅
    2600系@三条駅
    同じ2600系でも細かいところで差異があるのがまた面白い。
    模型化するには重要なポイントですね。

    これをもって、京阪の撮影は終了としました。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道写真

    1. 2013/03/10(日) 23:06:22|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[62]【いいよね・・・】

    本当だったらですね・・・、東横線を撮りに行こうと思っていたのですよ。

    7:30に目覚まし時計をセットしていたはずなのですが、ふと目が覚めて時計を見ると・・・

     1 3 : 3 0

    えぇ、思い切りやらかしました(´・ω:;.:...
    ちょうど1001Fの回送と重なったのでそれもついでに撮りに行こうとしていたのに、なんということを・・・。
    過去帳入り
    ついに過去帳入りしてしまいましたね(・ω・`)

    ●本題
    そういう事情があって、模型弄りの時間ができたのでそっちを進めることにします。

    最初に、車体に盛った溶きパテを削って均すところから。
    整えたところ
    なるべく狭い範囲でペーパーがけしました。

    それと同時進行で・・・
    落とし窓
    アクリル削り出しにて窓ガラスパーツを作りました。
    これは乗務員室扉の落とし窓。


    2度目のサフ吹きに入ります。
    車番とロゴマークの部分をマスク
    この時、ラッピングをしない初期車だけ、車番とロゴマークの部分をマスキングテープでマスクしてしまいます。

    そしてサフ吹き。
    今度は正規のサフ
    今回はちゃんと缶入りサフを使いました。
    灰色サフのストックが僅かで、ほぼ使っていない白サフが余っていたので、その二種を混ぜて消費することに。
    同じ種類のサフなので、特に問題は無いはずです。

    一度目のサフ吹きで発見した傷や凹みが無くなれば良しとします。
    傷や凹みは消えた
    目立つ傷や凹みはすべて無くなりました。

    マスキングをした部分に付いて。
    意図的に段差を作る
    この段階で意図的に段差を作ることが目的なのです。
    イメージとしては、この段差部分にステッカーを貼ることで、段差の分だけステッカーの厚さを誤魔化せないかという考えなのです。
    さらにその上からクリヤを厚めに吹いて、段差の部分を磨いてなだらかにすれば、見かけ上のステッカーの厚さを無くすことができるのではと目論んでいます。

    ここでも、サフ吹き作業と同時進行で・・・
    これから本番なのです・・・
    ガラスパーツの削り出しを行なっていました。
    が、今回は必要な厚さに削りだすまでに4時間以上かかりました・・・
    これから窓ガラスの形に削り出しを行う作業ですが、これも相当時間が掛かる見込みです(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/07(木) 21:15:16|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【もうゴールして】京阪600形(1次車と3次車)[61]【いいよね・・・】

    やっと・・・塗装作業に入ることができました。
    正直、ここまで辿り着くのに時間掛かりすぎですε=(・ω・`)

    まずはいつものように・・・
    洗浄中・・・
    車体を洗うところからはじめます。
    車体表面の油分を落とすのもありますが、細かい部分に入り込んだプラなどの削りカスを落とすことも兼ねています。

    洗浄完了
    洗い終えたら、しっかり水気を切っておきます。
    そのまま自然乾燥だと、水滴の跡が残ってしまうのです。

    車体は塗装スタンドへ、そのほか細かいパーツ類は割り箸などへ取り付けていきます。
    その最中、パンタ本体の脚部分にちょっと細工をしておきました。
    それっぽく作り分け
    ちょっと分かり難いと思うのですが、脚先端の四角い部分を薄く残すものと、完全に除去するもとので作り分けました。
    実車写真を見る限り、1次車は先の四角い部分があって台座が二重に見え、3次車はそれが無いのでそれっぽく見せようとしたところです。

    こうして、塗装の準備は整いました。
    いよいよ塗装へ


    ここで、Bトレの京阪600形を取り出します。
    このためだけに買ったBトレ

    付属のステッカーにマスキングテープを上貼りして、表記に沿って切り出しておきます。
    これが上手くいくかは未知数
    これ、ある目論見があって試しているところですが、上手くいくかは未知数です(・ω・)

    ちなみに・・・、車番とロゴマーク目当てで、このBトレを買ったのです。
    後に旧社紋仕様で組もうかと。

    それでは塗装に入ります。
    塗装・・・と言ってもプライマー処理とサフ吹きが中心なので、特別「色」が着くわけではないのですが・・・。
    塗った
    今回、缶スプレーから取り出したサーフェイサーを切らしていることを完全に忘れていて、塗る直前で気づいたというオチが。
    仕方なく、普段溶きパテとして使っている角瓶に入ったサフを薄めて塗ることにしました。

    特に問題らしい問題は無かったので良しとしましょう。

    サフを吹いて初めて気づく傷や凹みが出てくるものです。
    いつ傷つけたか不明
    ノータッチのはずなのに傷が入っている場所とか・・・

    削った痕
    車側灯を削いだ時にできた傷や・・・

    接着不足か
    車体同士の接着部分で新たに隙間ができたりとか・・・。

    当該部分には改めて溶きパテを盛って、乾燥させてから整える予定です。


    で・・・、この先下手したら次に作業できるのが16日以降になる予感なのです。
    理由は単純、東横と京阪。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2013/03/04(月) 21:23:06|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0