赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    総合検測車(2日目)

    昨日に続き、総合検測車追っかけ2日目です。

    @田園調布駅~多摩川駅間
    9000系9001F@田園調布駅~多摩川駅間

    @田園調布駅~多摩川駅間
    7200形+7590形+7290形@田園調布駅~多摩川駅間
    これは長津田から元住吉への送り込み回送。

    @妙蓮寺駅~白楽駅間
    9000系9001F@妙蓮寺駅~白楽駅間

    @妙蓮寺駅~白楽駅間
    5050系5159F@妙蓮寺駅~白楽駅間

    @妙蓮寺駅~白楽駅間
    7200形+7590形+7290形@妙蓮寺駅~白楽駅間

    @渋谷駅
    7200形+7590形+7290形@渋谷駅

    @渋谷駅
    7200形+7590形+7290形@渋谷駅

    @渋谷駅
    7200形+7590形+7290形@渋谷駅

    @渋谷駅
    7200形+7590形+7290形@渋谷駅
    東横線渋谷駅の頭端式ホームも間もなく見納め・・・

    @自由が丘駅~田園調布駅
    7200形+7590形+7290形@自由が丘駅~田園調布駅

    @大倉山駅~綱島駅
    5050系@大倉山駅~綱島駅

    @大倉山駅~綱島駅
    7200形+7590形+7290形@大倉山駅~綱島駅
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2012/01/31(火) 21:36:54|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    総合検測車(1日目)

    もしかしたら、7200形+7590形+7290形による総合検測が今回で最後となる可能性が高いので、無理して追っかけてみた結果の報告。

    @長津田駅~つくし野駅間
    8500系8621F@長津田駅~つくし野駅間

    @長津田駅~つくし野駅間
    7200形+7590形+7290形@長津田駅~つくし野駅間

    もう一発
    @長津田駅~つくし野駅間
    7200形+7590形+7290形@長津田駅~つくし野駅間

    @二子新地駅~二子玉川駅間
    8090系8081F@二子新地駅~二子玉川駅間

    @溝の口駅~二子玉川駅間
    6000系6101F@溝の口駅~二子玉川駅間

    @溝の口駅~二子玉川駅間
    7200形+7590形+7290形@溝の口駅~二子玉川駅間

    @自由が丘駅~緑が丘駅間
    6000系6106F@自由が丘駅~緑が丘駅間

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    9000系9004F@緑が丘駅~自由が丘駅間

    @緑が丘駅~自由が丘駅間
    7200形+7590形+7290形@緑が丘駅~自由が丘駅間

    @藤が丘駅~市が尾駅間
    8500系@藤が丘駅~市が尾駅間

    @藤が丘駅~市が尾駅間
    7200形+7590形+7290形@藤が丘駅~市が尾駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    9000系9003F@二子玉川駅~溝の口駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    6000系6104F@二子玉川駅~溝の口駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    9000系9011F@二子玉川駅~溝の口駅間
    5輌化されてからは初見。

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    8500系8639F@二子玉川駅~溝の口駅間

    @高津駅~溝の口駅間
    8500系8642F@高津駅~溝の口駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    左:8500系8628F・中央:9000系9106F・右:8500系8641F@二子玉川駅(高津駅)~溝の口駅間
    この時、夕日+SUS車体の組み合わせに軽く発狂。
    そして本来の目的を忘れているw
    2012/10/01追記:2013年某カレンダーにて、これと同様の写真が採用されました。

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    8500系8641F@二子玉川駅~溝の口駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    8500系8640F@二子玉川駅~溝の口駅間
    夕日も時間と共に沈み・・・

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    9000系9007F@二子玉川駅~溝の口駅間

    @高津駅~溝の口駅間
    8500系8615F@高津駅~溝の口駅間

    @二子玉川駅~溝の口駅間
    7200形+7590形+7290形@二子玉川駅~溝の口駅間

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2012/01/30(月) 21:16:50|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    京阪600形(3次車)[3]

    山手の広告列車が完成したので、暫くはこちらを中心に作業します。

    前回・・・
    もうちょっと見栄えを良くしたい・・・
    前照灯周りの造形を3次車に合わせるために、新たにプラで作ってみたわけですが、いまひとつ精度がよろしくない。
    これはちょっと不恰好なので、もっと精度良く作れないか考えた結果がこちら↓
    CADソフトで設計
    まずはCADソフトでパーツを設計して・・・
    厚さ2.0mmのプラ板を用意して
    厚さ2.0mmのプラ板を用意し・・・
    削る
    iMODERAを使って削り出す。

    iMODERAとはこれ↓のこと。
    これがiMODERA
    iMODERA公式ページはこちら
    切削結果はというと・・・
    再設計が必要・・・
    なんか・・・手作業で作ったほうが見栄えが良いってどういう事?

    まだ実用としては難がありますけど、設計上0.1mmとなる部分がちゃんと残っているあたり、機械自体の加工精度は問題ないようです。

    こうなった結果に付いてはおおよそ予想がついているので、まだまだ改善の余地はありますね。


    今回、iMODERAの扱いに時間を要したので、これだけしか作業できなかったです(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/28(土) 22:40:06|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カトーのE231系500番台にラッピング[5:貼付完了]

    インレタが届きましたのでこちらの作業を再開。

    明らかに意図した2編成を収録
    今回は富士川車輌さんのインレタを使います。
    513編成と545編成の二種類が収録されてますが、今回は545編成とします。

    車体に印刷されたものよりもやや小さめ
    こんな感じで、縦横にガイドが備わっているので、位置決めには苦労しません。

    前面ガラスの編成番号は、トミックス455系に収録されているバラ数字を組み合わせて再現。
    大きすぎるけど、これで様子見
    明らかに大きいのと書体の違いは承知の上です。

    これで車体への工作は全て終わりましたので、一旦ばらして表面保護を行う準備をします。
    塗装の為バラす

    例によって、クレオスのメタルプライマーを吹き付けました。
    表面保護中

    プライマーの乾燥時間の間で、ガラスパーツへのステッカー貼りを行います。
    その流れで、前面の編成番号札も別途用意しました。
    なんとか数字が読める程度・・・
    大きさは1.0mm×1.5mmです・・・。
    それでも数字が何とか読めます・・・よね(・ω・`)

    車体をスタンドから外して、ラストスパート。
    後は組み立てるだけ

    行先は外回りに設定しています。
    外回りに設定
    編成番号札も、特に問題無さそうです・・・。

    もう恒例化していますが、組み立てと同時に室内灯も装着しました。
    室内灯も組込み

    ラスト、列車無線アンテナと信号炎管を屋上に装着。
    アンテナ・炎管も取り付け


    ●完成
    E231系500番台・トウ545編成
    E231系500番台・トウ545編成

    広告はこんな感じです。
    広告の並びはこんな感じ


    ところでこれ、貸しレ等に持ち込んで走らせたら、周りの人はどんな反応をするのだろうか。
    もちろん実在していた広告列車なので、妄想でも何でもない訳ですがね(`・ω・´)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/25(水) 22:57:58|
    2. カトー・E231系500番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    京阪600形(3次車)[2]

    前照灯周りの続きから。
    灯具をどうしようかと・・・
    ここにライト本体を再現します。

    手元にあったφ2.0mmの丸棒を・・・
    φ2.0mm丸棒

    リューターに咥えさせて外周を削り、φ1.5mm程度まで細くしました。
    φ1.5mmまで削る

    しかし、元々やわらかい素材の為加工し難く、最終的には・・・
    こっちのほうが綺麗にできた・・・
    2.0mm角のプラ角材から削りだしたほうが早かった、と(・ω・ )

    そして、φ1.0mmのドリルでパイプ状に加工したのがこちら。
    パイプ状にする
    これを埋め込んでライト本体のふちを再現できないかと考えた次第です。

    ここでかなり時間を食っていて、例えば外周を削っている時に折ってしまったり、穴あけの時にセンターからズレで側面破壊したり、必要な長さに切り出すときに何処かに飛ばしてしまったり・・・てか、最初からφ1.5mmの丸棒かパイプがあればこんな苦労もしなくて済んだはず。


    最初に出てきた前照灯周りのパーツにも穴をあけました。
    こちらも穴あけ

    これに、先ほどのパイプを突っ込んだところ。
    こうなったけど・・・

    概ね想定どおりの形にはなってくれましたが・・・
    不揃いなのが・・・
    ライト本体の位置が不揃いなのが気になるところ。
    一つは作り直ししたのですが、それでも手作り感が消えない(・ω・`)

    かといって、これ以外の方法が思いつかないので、この部分は保留とします。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/20(金) 22:26:42|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    京阪600形(3次車)[1]

    E231系500番台はインレタ待ちなので、次のネタを。

    グリーンマックス
    グリーンマックスの京阪500形キットです。
    今回は600形の3次車を作ることとします。

    中身は・・・
    いわゆる板キット
    いわゆる「板キット」です。

    早速ですがこのキット、600形は1次車をプロトタイプとしている為・・・
    キットは1次車がベース
    このように、前面窓は平面です。

    で、3次車は・・・
    @浜大津駅付近
    ※このクルマは2次車
    このように前面ガラスが側面まで回りこんでいます。

    さらに、車体角のアールも1次車とそれ以降では僅かに異なるので、まずはここから加工を行います。
    特に難しくは考えず、#360のペーパーで少しずつ角を削って・・・
    角のアールを緩くする
    こんな感じ・・・っても分かり難いと思うので・・・
    比較
    左側が加工後、右側が加工前のパーツです。
    板キットは加工に失敗しても、割と簡単にバルクが入手できるので気が楽です(・ω・)

    続いて、前面窓の拡大を行います。
    窓拡大
    加工部分をマーキングして・・・
    肉抜きの要領で・・・
    不要部分を肉抜きの要領で切り取って・・・
    こんな感じかな
    棒ヤスリで形を整えたところ。
    これで、だいぶ3次車に近づいてきたと思うのですが、良く見たらまだ加工しないといけない箇所がありまして・・・。

    改めて真正面から。
    前照灯部分も修正

    2次車以降のクルマ。
    @浜大津駅~三井寺駅間

    前照灯周りの造形にも違いがありました・・・。
    1次車は僅かに中央が膨らんだ六角形、2次車以降は長方形です。
    キットでは六角形が強調されているので、スルーしようか迷ったのですが、作り直すこととしました。

    削って整形するのは困難なので、その部分丸ごと作り直しします。
    プラ材で丸ごと作り直す
    一辺2.0mmのプラ角材を用意し、所定の大きさになるように微調整。
    さらに、「ふち」を再現しようと、0.13mmのプラ板を貼って・・・
    後は灯具をどうやって再現するか・・・
    とりあえずこんな状態。

    ライト本体はまだ考えがまとまっていないので、ここで作業終了。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/17(火) 22:45:39|
    2. GM・京阪600形603F&613F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カトーのE231系500番台にラッピング[4]

    デカール印刷面に表面保護を行いました。
    保護後
    ・・・これだけ見ても前回のと代わり映えしませんがw
    塗料はクレオスのメタルプライマーです。
    今まではクリヤーを使っていましたが、吹きつけ後に表面に艶が出すぎる感じがしたので、今回使用を止めました。
    結果はこの通りで、艶以外は特にクリヤーと大差なく、印刷面を指で擦っても印刷が崩れることはありませんでした。


    後はこれを車体に貼るのですが、まずはこの大量の広告部分を切り抜かないといけません。
    対象物は縦横キッチリ揃っているので、金尺とデザインナイフで簡単に切り抜くこともできますが、今回は・・・
    これがカッティングマシーン
    カッティングマシーンを使うことにします。
    広告部分の編集と同時に、カットデータも作っておいたわけです。

    マシンにデカール紙をセットして、カット開始。
    カットなう
    あとはカット終了まで待つだけです。

    今回の場合、3分程度でカットが終わりました。

    肝心のカット状態は・・・
    ほぼ一致
    ほぼ一致です。
    この小ささと量に対して、この速さでこの精度なら十分ですね。

    そして貼り付けますが・・・
    貼るだけ・・・だけど・・・
    カットは機械任せでしたが、貼り付けは手作業になるのですよね・・・。
    ちなみに広告の数は前面2枚と側面168枚です。

    まー手を動かさないことには作業は進みませんから、あまり深く考えないで貼り付けていきます。
    こんな感じかな?
    こんな感じでいいのかな?

    今回、貼り付け作業はワタクシ自身も驚くほど順調に進みまして・・・
    全車貼り付け完了
    1枚失敗した以外、一発で貼り付けができました。
    所要時間は約3時間でしたが、サクサクと進めたのでそんなに苦には感じなかったです。


    これで残すは車番だけですね。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/12(木) 22:48:06|
    2. カトー・E231系500番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カトーのE231系500番台にラッピング[3]

    今回の目玉でもある、広告部分の印刷から。

    前回デカールに印刷をしてインクを乾燥させた状態でしたが、その具合を見てみましょう・・・
    なんか微妙・・・
    えーと、デカール表面に油分があったらしく、インクが弾かれてしまったようです・・・。


    これはちょっと目立つのでやり直し。
    今度はデカール表面の油分を除去すべく、アクリル塗料系溶剤で表面を拭いていたらですね・・・
    おや?これはもしかして・・・
    何かが剥がれたのですよ・・・。
    最初は焦りましたが、これ、どうやら印刷前にデカール表面に吹いておいたベーススプレーではないかと。
    それが溶剤で溶けて、膜状になって剥がれてきたのではないかと。

    このデカール紙自体、最後に使ったのは1年以上前なので、一度印刷範囲の古いベーススプレー幕を剥がして、改めてスプレーし直しました。

    で、再印刷。
    再印刷
    今度は弾かれること無く印刷できたようです。

    ●比較
    一回目の印刷。
    前回印刷

    今回の印刷。
    今回印刷

    このまま一晩放置して、インクを乾燥させます。

    翌日、後は表面保護して切って貼るだけ・・・と少々浮かれていたらですね・・・
    どうしてこうなったorz
    え?

     ど う し て こ う な っ た (´・ω:;.:...

    なんかもう滲むとかそういうレベルじゃないですよこれ・・・。
    恐らくですが、「加湿器を使った部屋の中」で乾燥させていたため、湿気が原因で滲んだ、のではと。


    そういうわけで、再々度やり直し。
    デカール用紙の在庫があまり無いので、一回目の印刷を消して、そこにもう一度印刷を行います。
    剥がす
    事前にベーススプレーを吹いていたため、こんな風に剥がすことができました。
    ただし、こうやって剥がせるのも状況次第で、二回目の印刷部分も同じように剥がそうとしましたが、上手くいきませんでした・・・。

    改めてベーススプレーを吹いて、再々印刷。
    貼り付ける
    元のデカール用紙に切り継ぎして・・・
    再々印刷
    印刷完了。
    今回は印刷設定も変更し、インクの使用量を減らしてみました。

    今度は印刷設定も変えてみた
    前回、前々回と比べると少し薄くなりましたが、下手に滲んでしまうくらいならこの方がマシです。

    そして・・・
    一気に乾燥させる
    ファンヒーターで一気に乾燥させました。
    といっても一回10秒程度で数回温風に当てた程度です。
    このあと、ベーススプレーを印刷面に軽く数回に分けて吹き、簡易的な表面保護を行いました。

    これでまた一晩乾燥させ、問題なければクリヤー塗料で表面保護を行いますので、本日ここまで。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/08(日) 23:07:26|
    2. カトー・E231系500番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カトーのE231系500番台にラッピング[2]

    昨年に引き続き、カトーのE231系山手線を・・・。

    あ、今年は暫くはネタに走ろうかと思ってますw

    前回までに、印刷済みの車番を消しておいたわけですが、なぜそこまでするのかと言うとですね・・・

    @御徒町駅
    E231系500番台@御徒町駅
    これをやってみようと思ったんですよ。
    で、折角だから実車に即して545編成に仕立てようと(・ω・`)


    そういうことで、後は広告部分を用意するだけなので、模型にサイズを合わせて試し刷り。
    で、数が90枚近くあるので、カッティングマシーンで試し切り。
    ずれとか言うレベルじゃない・・・
    これ、ズレるとかそういう次元じゃないですね(´・ω:;.:...
    どうやら位置合わせの時に、外からの光が邪魔をして上手くトンボを読み込めなかったらしいようで。

    カッティングマシーンに光が当たらないようにして、再度動作させたところ・・・
    これならOKか?
    ほぼ定位置で切り出しされました。

    切り出された広告のサイズも問題なかったので、早速デカール用紙に印刷。
    デカールに印刷
    インクが完全乾燥するまで暫く放置しますので、作業はここまでとします。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2012/01/05(木) 20:01:52|
    2. カトー・E231系500番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    花輪線

    年末に、急遽出かけなくてはならない事態が発生しまして、その時の空き時間で撮った写真を並べておきます・・・。

    特記を除き、キハ110形@大滝温泉駅~十二所駅間です。

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間
    この写真を以って、2011年撮り収め。


    2012年撮り初め。
    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間

    @大滝温泉駅~十二所駅間


    @大館駅
    EF81寝台特急あけぼの@大館駅

    @大館駅前
    ハチ公像@大館駅前
    ハチ公の生まれた場所は大館なのです。


    実は、花輪線がキハ110形に置き換えられてから撮影したのは初めてのことなのです。
    なので、何となく違和感を感じるんですよね(・ω・`)
    花輪線と言えば今でも・・・
    @大滝温泉駅~十二所駅間
    キハ58形国鉄色

    @大滝温泉駅~十二所駅間
    キハ52形盛岡色
    奥に写る中継信号機は、2000年頃までは腕木式信号機でした。

    @大滝温泉駅~十二所駅間
    キハ58形盛岡色

    @大滝温泉駅~十二所駅間
    キハ56形

    こいつ等の印象がまだ強いですね。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2012/01/04(水) 21:19:33|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0