赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    けいはん!

    何を思ったのか知りませんが、京阪石山坂本線の車輌を撮ってきました。

    @滋賀里駅~穴太駅間
    600形@滋賀里駅~穴太駅間

    @滋賀里駅~穴太駅間
    600形@滋賀里駅~穴太駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    700形@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~上栄町駅間
    800形@浜大津駅~上栄町駅間

    @穴太駅~松ノ馬場駅間
    700形@穴太駅~松ノ馬場駅間

    @穴太駅~松ノ馬場駅間
    600形@穴太駅~松ノ馬場駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間
    ※屋上資料として

    @浜大津駅~三井寺駅間
    700形@浜大津駅~三井寺駅間
    しかしだ・・・このトーマスラッピング車、こいつらの目線が半分ホラーな件。
    イラストならまだ問題ないが、CGでよりリアル(?)になった途端にそう感じるんだが。
    駅に貼ってある「こども110番の家」でもトーマスが使われてますが、やっぱりイラストからCGに変わった途端に妙な恐怖感が増えました・・・。

    このロリコンどもめ!
    このロリコンどもめ!@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間
    ※数少ない標準塗装車

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間
    ※台車とパンタの資料として

    @浜大津駅~三井寺駅間
    700形@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間
    屋上配管引き込み位置の資料として
    本音:あずにゃんペロペロ

    @浜大津駅~三井寺駅間
    600形@浜大津駅~三井寺駅間

    注)後半にいくにつれて613編成の割合が増えているのは仕様です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2011/10/28(金) 22:40:07|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【依頼品】クロスポイント・東京メトロ5000系をBトレ化[2]【練習台?】

    車体の短縮化に付いて少し詳しく書いてみます。

    切断位置を確認
    まずは元の状態。
    切る前に、どこで切断するかをマークしておきます。
    特に複数個作業する時は、脳内マーキングでは失敗する可能性が高いです。

    今回は切断位置がちょっと複雑です。
    というのも、Bトレ化するに当たり、ただ真っ直ぐ切って接ぐだけでは一部のディテールが無くなってしまうからです。
    このクルマの場合、左側から順に、幕板部分の社章プレート、同じく車体中央の車側灯、窓枠間の車側灯(円形)、腰板部分の車号プレートが散らばっているので、真っ直ぐに切っただけでは何かしらのディテールが省略されてしまうのです。
    もちろん、切断箇所は少ないほうが良いのですけどね・・・。


    切断位置が決まったので、実際に作業します。
    このときも注意が必要で、例えば側引戸脇の縦の切断部分を例に挙げると・・・

    側引戸上で切断
    一方は側引戸上で切断し・・・

    車体上で切断
    もう一方は車体上で切断します。

    車体と側引戸の境目の真上を切ってしまうと、例えばレザーソーでは刃の厚さの分+@が切り屑となるので、その部分のディテールが丸ごと無くなってしまうのです。

    このように、どの部分を残すかを考えながら、車体を切っていきます。
    また、切断位置よりも少し余裕を持って刃を入れます。
    多い分を削るのは簡単ですが、少ない分を復元するのは難しいですので。

    ちなみに、今回切断に使った工具は、プラッツより販売されているハイパーカットソー0.1 PRO-Mです。
    刃厚0.1mmで切れ味抜群、ストレスなく作業できてマジでお勧めです。

    無事に切断できたようですが・・・
    切断完了
    もちろんこのままでは・・・
    ここから断面を整える
    まだ少し不要な部分が残っていますので、今度はヤスリで調整していきます。

    このときも、残す場所を決めて少しずつ削ります。
    今度は車体横方向(切断ラインは車体と幕板コルゲーションとの間)で例を挙げると・・・

    コルゲーションを残す
    一方は幕板部分のコルゲーション直下まで削り・・・

    こちらはコルゲーションを残さない
    もう一方も幕板部分のコルゲーション直下を残して削ります。

    たまに仮合わせをして、ぴったりと合うように調整します。
    ぴったり合うかを確認

    この作業を繰り返して、必要な部位を用意します。
    切断作業終了
    これであとは接着するだけです。

    接着にはプラ用接着剤を使いますが、ワタクシの場合は・・・
    仮止め
    一度、瞬着を点付けして仮止めをしてから・・・
    裏から盛り付ける
    車体の裏側からプラ用接着剤を盛りました。
    場所によっては流し込みタイプを先に流し、さらにその上から通常タイプを盛り付けています。

    このときも、接着剤が表面に流れ出ないように注意します。
    ありがちなのは、接合面を指で押さえていて、接着剤を流したら車体表面と指との間に接着剤が流れて表面が荒れることでしょうか?

    そして、各パーツが精確に合っているかに注意します。
    コルゲーションが一致しているかな・・・?
    特にコルゲーションなど、車体長手方向に走るディテールは、ちょっとズレただけでも見た目に影響するので注意です。

    ・・・なんて書いては見たのですが、そういうワタクシも、精確に出来ているなんて口が裂けても言えませんorz

    とりあえず、一日1両のペースで進めていまして・・・
    残り2両
    中間3両の作業が完了しています。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/25(火) 21:29:29|
    2. クロスポイント・東京メトロ5000系(B)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【依頼品】クロスポイント・東京メトロ5000系をBトレ化[1]【練習台?】

    本当は、3両編成な某事業用車を・・・と思ったのですが、丁度いいタイミングで工作依頼が入りまして・・・
    クロポ・メトロ5000系
    クロポの東京メトロ5000系を組んでくれと。
    そういう訳で、こいつを年内までに仕上げようと思います。

    ってことで、いつものように先ず車体を出して・・・
    まずは向きを確認
    向きを決定する為に車体にメモします。
    いつものマーキングと違う・・・
    しかしだ、やたらと不用意なマーキングが多いんですよ・・・。

    やたらと大げさなマーキング・・・
    これ、ちゃんと意味が在ってやってる訳ですが。

    もう察しはついてるかと思います。
    切ります
    小型のレザーソーで・・・
    もう元に戻れない・・・
    車体を切ります。

    切断面を整えて・・・
    切断面を整えて・・・
    ここで精度を出さないと、後々見栄えに影響しますので慎重に作業します。

    そして、再度箱型に接着。
    再度箱型にする
    やっぱり微妙に整っていないところがあるんですよね(・ω・`)

    こういうコルゲーションを持つ車体の場合、後から表面を処理するのが困難なので、一発で決める必要があります。
    しかも銀色塗装なので、切り継ぎ跡が余計に目立つんですよね・・・。
    そのため、極力コルゲーションをぶった切らない位置を切り継ぎラインに選んでますが、車番プレートや車側灯等を再利用する関係で、どうしてもコルゲーションのあるところで切断、接着が発生してしまってます。


    しばらくこういう地味な作業が続きそうです(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/22(土) 22:11:55|
    2. クロスポイント・東京メトロ5000系(B)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    6000系

    GMよりリリースされた東急6000系をちょっと見てみます。
    東急6000系

    先頭部分をアオリで。
    アオリで

    特徴的な先頭形状を良く捉えていると思いますよ(・ω・ )

    側面から。
    側引戸の形態を作り分け
    ドアガラス周りは実車に即して平坦なものになっています。
    これ、5000系と車体共用の関係で省略・・・となったらどうしようかと思ってましたが、その必要は無いようです。

    車体前面と側面部分のつなぎ目がちょっと目立ちますね。
    また、その部分の塗り分けも行われていません。

    パーティングラインもちょっと気になるところなので、再塗装を行う時に処理しようかなと。


    正面から。
    正面から
    このクルマの特徴の一つでもある前面グラデーションは、8500系大井町線仕様と同程度のものでした。
    ここも何とかしたいですね・・・。

    スカート部分の黒は印刷で再現されています。
    胴受け部分は銀色そのままなので、ここも黒で塗ると良くなる予感。

    で、もっとよく見てたらですね・・・
    うーん、これはちょっと・・・
    黒の印刷部分のタッチアップに、油性マジックを使ったのでは?と思われる跡があるんですが・・・
    あ、あくまでも一個人の見解として受け取ってください(・ω・)

    結局、スカートの銀色部分にはみ出ていますから、ここも修正ポイントですね。

    個人的に幾つか気になるところを挙げましたが、決して出来は悪くありません。

    クロポも同時購入
    クロポからは偶数編成もリリースされましたので、そちらも購入してしまいましたw



    ここまで来たら、7000系(新旧共に・旧は一体形成で)も欲しいと思う今日この頃>GMさん

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/21(金) 20:55:46|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    室内灯

    この前購入した銀座線01系。
    本当に小さな車体
    これに室内灯を組み込んでみます。

    使うのはこれ。
    LED室内灯クリア
    同時にリリースされたLED室内灯クリア。
    従来品より光量が増したそうなので、その確認も兼ねます。

    中身を見てみます。
    導光材に変化が
    目に見えて変化があったのは導光材です。
    従来品にあった切り欠き(のようなもの)が無くなり、白色で線上の印刷が入っています。
    また、基盤とそのホルダーが組み立て済みとなり、取り付けが少し楽になりそうですね。

    実際に組み込んでみます。
    組んでみる
    01系の場合だと、道光材は床板から伸びた支柱に支えられる状態で保持さてます。

    では、実際に光らせてみます。
    比較しなくても分かる明るさ
    もう従来品と比較するまでもないほど差が出てますね。
    そして端から端まで均一に光っています。これも大きなポイントですね。

    ってことで、6両分組み込みました。
    6両分
    割と短時間で組み込みできてしまいました・・・。

    なので、もう一本いきます。
    DD54
    DD54です。
    これは単純に、カプラー交換と車番装着を行うだけです。
    日章旗付きで
    ただし2両、1号機には日章旗を装着しました。

    ってことは当然・・・
    御料車
    後ろにはこれが来るわけです・・・。
    お召し列車一号編成です。

    こちらにも室内灯を組み込みます。
    こちらは従来の室内灯
    従来品の室内灯ユニットですので、明るさはこの程度。

    2機+5両分作業して終了。
    細かい屋上パーツに苦労した・・・
    屋上の小パーツ群の装着にちょっと苦労しましたが・・・。


    次回あたりから工作再開する予定です。
    急遽依頼品が入ってきたので、そちらを先に仕上げます。



    余談ですが・・・
    同時進行は苦手なんですが・・・
    ニコ生を見ながらこの記事を書いていたりします。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/19(水) 21:01:23|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    整理中・・・その結果

    前回ちょっとだけ触れましたこれ。
    そろそろ整理が必要・・・
    今度はこれを整理しようと思います。

    入り口側から見るとこんな感じで・・・
    すごい圧迫感・・・
    大小さまざまなダンボールが山積み状態で、いつ崩れても不思議ではない状態です。
    例の3.11の揺れで崩れなかったのが不思議なくらい(・ω・ )

    この状況を打開すべく、用意したのはこちら。
    救世主となるか?
    アイリスオーヤマのメタルラック。
    部品単位で購入し、車輌ケースがぴったり納まるサイズに組み立てます。

    狭いスペースでなるべくたくさん収めようと考えた結果・・・
    高さ2m超
    ラックの高さは2mを越えましたw
    さすがにやり過ぎた・・・と、このときは思っていました。

    そして、収納開始。
    空席残り僅か
    予想に反して、ほぼ満席となってしまいました(・ω・`)
    てか4年半でこんなに増えたのかと・・・。

    ただし、まだスペース確保の余地はありますので、それは「その時」になったら行います。

    空いた段ボール箱の山も潰して片付けて・・・
    かなりスッキリした・・・
    だいぶスッキリしました。

    これでしばらく様子を見てみようと思います。
    1. 2011/10/14(金) 22:00:28|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    屋根板補修

    完成してから1年ほど経過した東急8017Fと8039F。
    原因はなんとなく判明
    実は先頭車の屋根板のはまり具合が良くないまま放置していたのですが、だんだん悪化してきたような気がしたので修正します。

    中間車については殆ど問題なく、何故か先頭車だけこうなるんですよね。
    一応、原因はなんとなく分かっていまして・・・
    ライトユニットが邪魔している為
    先頭部分にライトユニットを搭載しているのですが、このユニットが屋根板に装着しているツメと干渉し、車体と上手くかみ合わないからだと思われるのです。

    そういうことで・・・
    プラ片を埋める
    屋根板のツメがしっかりとかみ込むように、プラ片を埋めてみます。

    とりあえず4両すべてにこの加工を行ってみました。
    4両分

    で、実際に屋根板を嵌めてみたのですが・・・、それでもいまいち具合が良くないんですよね(・ω・`)
    結局最終的には・・・
    結局接着することにする・・・
    先頭部分だけゴム系接着剤を点付けして、屋根板が浮かないように固定することにしました。

    完全に接着固定しないのは、後からライトユニットを弄れるようにするためなのです。
    これで様子を見て、問題なければそのまま加工終了ですが、次回8000系を作る時には改良しないといけませんね・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/10/11(火) 18:33:50|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    整理中・・・

    模型工作が停滞していますが、ちょっと訳がありまして・・・
    そろそろ整理が必要・・・
    自由に使える金が出来てから爆発的な勢いで増えていった模型の数々・・・。
    稀に整理したりして保管場所を確保してきたのですが、そろそろ限界に達しているのです。
    3.11の地震の時には奇跡的(?)にも崩れなかったのですけど、流石にこれ以上は危険かもです・・・。
    現在、新たに移動式のラックを調達しているところで、それにすべて移し替えてみようと計画中です。
    そうすることで、現在の在庫はもちろん、新たに増えた時も当分は何とかなるだろうと(・ω・)

    で、整理したいのはここだけではなく・・・
    この中も・・・
    主にエッチングパーツやインレタなどの小パーツを入れている箱。
    この中も不要なものが残っているらしいので整理します。
    特に薄いものは見つけ難いので
    こういう薄いものは、よく箱の中で行方不明になることがありましたので・・・
    よく使うものは容器へ
    使用頻度の高いパーツは円柱状のケースに移し、それ以外は種類ごとに小袋に詰めて、さらに空き箱に入れてみました。

    その他不要なもの、使用済みのものは整理して、こんな状態。
    少しは良くなったかと・・・
    本当はちゃんとしたケースを用意して、そこにすべて収納したいのですが、手ごろな大きさのケースが見つからないので、これで様子見としました。



    で・・・肝心の模型弄りですが、前述のラックに模型を整理して、それから再開しようと思います。
    次の工作はちょっと重めなので、その充電も兼ねると言うことで(・ω・)
    1. 2011/10/08(土) 21:20:55|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    関東鉄道

    普段そっちの方向には行かないのですが、後輩に誘われたので行ってみました。
    これと言ったことは無かったので、簡単に流します。


    つくばエクスプレスで秋葉原から守谷まで乗り、そこからスタートします。

    TXをまともに撮った覚えが無いので・・・
    @守谷駅
    ・TX-1000系@守谷駅

    @守谷駅
    ・TX-2000系@守谷駅

    守谷駅からは後輩の車に同乗して、撮影場所に向かいました。

    @中妻駅~三妻駅間
    ・キハ2400形@中妻駅~三妻駅間

    ●本命
    @中妻駅~三妻駅間
    ・キハ350形@中妻駅~三妻駅間

    @中妻駅~三妻駅間
    ・キハ2200形@中妻駅~三妻駅間

    @中妻駅~三妻駅間
    ・キハ5000形@中妻駅~三妻駅間

    @中妻駅~三妻駅間
    ・キハ350形@中妻駅~三妻駅間

    この区間ですが、80~90km/hほど出ているらしく、タイミングが難しかったです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2011/10/02(日) 21:45:34|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0