赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    小型車のみ

    編成モノで次の種車の選択に迷ったので、今回は小型車中心で。

    デハ200形
    モデモの玉電デハ200形です。

    車番はインレタによる選択式ですので・・・
    201F
    とりあえず201Fに設定しました。

    インレタを貼った・・・ってことは、当然表面保護の必要が発生しますので・・・
    一旦バラす
    一旦バラします。

    屋上はマスクしておきます。
    屋上をマスク
    曲面の塗り分けはマスキングゾルを使ってみました。

    クリアを吹いて乾燥させます。
    表面保護

    その間に、他のクルマを仕上げてしまいます。

    ●江ノ電1500形
    江ノ電1500形
    サンライン号2009仕様です。

    ●江ノ電10形
    江ノ電10形

    ●江ノ電20形
    江ノ電20形

    ●箱根登山鉄道モハ2形
    箱根登山モハ2形

    いずれも車番は印刷済みなので、小パーツの装着とステッカー貼りだけしか行っていません。


    玉電に戻ります。
    上下二分割
    この状態から元通りに組み立てなおします。

    ●玉電デハ200形
    玉電デハ200形

    以上10両分作業完了です。
    玉電の小ささがよく分かる・・・
    いわゆる小型の車輌といわれる部類のクルマだけ並んでいますが、それでも玉電の小ささが目立ちますね・・・。

    次までに編成モノのクルマを決めておかないと(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/30(月) 22:48:58|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    EF81+24系

    例によって、今回も室内灯を組み込む作業です。
    あけぼの
    寝台特急あけぼの。

    機関車はカプラーを交換し、ナンバープレートなどを装着して仕上げます。
    139号機
    とりあえず139号機としました。

    客車については、行先表示は印刷済みでしたので、本当に室内灯を組み入れるだけです。
    室内灯は白色で様子見
    発光色はとりあえず白色にしています。
    このクルマでは分かり難いですが・・・。

    計10両
    機関車含め合計10両です。

    もう一種類手掛けたかったのですが、ここで室内灯ユニットの在庫が尽きたので、終了です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/29(日) 21:12:29|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    小田急8000形

    また少し間が開いてしまいましたね(・ω・)
    今度のクルマは・・・
    小田急8000形
    小田急8000形です。
    更新車6両と、未更新車4両の計10両です。

    いつも通り、まずは分解します。
    車体を扱っているときに気づいたこと。
    車体のつくりに変化が
    これは今までで見たこと無いつくりをしていますね。
    車体の縦方向にリブが新設されています。
    ガラスパーツ自体も普段よりちょっとゴツい感じ。
    室内灯ユニットを固定する爪もなんかいつもと違います。

    分解完了
    分解完了。
    念のため順位と向きをメモしておきました。

    車体を洗浄し、表面保護を行いますが、その前に・・・
    手すり部分が真っ白なので
    前面手すりに色を入れます。
    タッチアップ
    更新車と未更新車では帯色が微妙に違いますので、それぞれGMカラーの青22号(No.6)と小田急ブルー(No.22)を使用しました。

    車番は印刷済みなので、そのまま表面保護を行います。
    塗装中

    今回は塗装車なので、ガイアのEx-クリアーを使いました。
    今回はクリアーを使用
    無色の塗料は吹き付け加減がわかり難いです・・・。
    一気に吹くと、下地の青帯などが滲んでしまうので注意です。

    車体の塗装が終わったら、床板関係を仕上げます。
    先頭車にはBMTNカプラーを装着します。
    更新車はグレーなのでJC25を、未更新車は黒色なのでJC43を使うのですが・・・
    何故違う・・・
    JC43の場合、ぴったりとはまるのですが、固定用の爪の位置が違うため、瞬着で無理矢理固定しました・・・。

    カプラー交換、集電板組み込みを終えた床板郡。
    床板も準備

    この頃には車体に吹いたクリアーも乾いた頃なので、ステッカーを貼って最終組み立てを行います。

    更新車は[快速急行 藤沢]に設定。
    更新車

    未更新車は[急行 箱根湯本]に設定。
    未更新車

    以上で10両分作業完了です。
    作業完了

    ●8264F6両(更新車)
    8264F

    ●8058F4両(未更新車)
    8058F


    一枚窓の、ような・・・
    ぱっと見では1枚窓のようにも見えますが、実際には4分割されています。


    次はどうしようかな(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/27(金) 22:12:20|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カトーのE26系にLED室内灯を・・・

    買ってきました。
    10箱60本
    室内灯ユニット×10箱=60本。
    お値段約40000円。
    思うに、LEDタイプの室内灯ユニットって、何故にこんなに高いのでしょう(・ω・`)

    一昨日仕上げ作業をしたメトロ10000系に組み込みました。
    組込み完了



    ここからが本番です。
    カシオペア
    こういう客車列車にも室内灯を組み込みます。

    先ずは釜から。
    カプラー交換とナンバー装着を
    手すり、開放テコ、信号炎管、ホイッスルは既に装着済みでした。
    なのでここでは、カプラーの交換とナンバープレートの装着をするだけです。
    そのナンバープレートなのですが・・・
    バリ取りの必要すらない
    もはやバリ取りの必要すら不要なのですね。

    とりあえず510号機としました。
    EF510-510

    続いて客車。
    ちょっと手を加えてみた
    通常の室内灯ユニットではなく、カシオペア専用の室内灯を組み込みますが・・・
    本来は光源は電球
    これ、光源が電球なのですよね・・・。
    そこで、どうにか光源をLED化できないか考えた末、次の方法を試すことにしました。

    用意するのは、カシオペア(E26系)専用の室内灯ユニット(11-208)と、光源がLEDの通常の室内灯ユニット(11-210)です。
    そうです、互いの室内灯ユニットをニコイチにしますので、かなりの費用がかかります。
    あとは、こんなの一般常識で書くまでもないですが加工は自己責任で。

    一つの目標として、車体や床板には一切手をつけません。
    要するに、切ったり貼ったり削ったり、不可逆的な加工は行いません。
    本来の光源はねじ止めですが、LEDの基盤がある関係でそれも控えます。



    まず、カシオペア用室内灯ユニットに付属している集電板を加工します。
    集電板を曲げ加工
    矢印部分をさらに折り曲げ、画像のような形にします。

    光源は、通常の室内灯ユニットを通常通りに組み立てます。
    カラーフィルター付きで組む
    付属のカラーフィルターも装着して、電球色を再現します。

    曲げ加工した集電板を指定の場所に差しこみ、画像のように基盤の足と基盤ホルダーとの間に集電板を挟みます。
    こうやって・・・

    その状態から、集電板と基盤ホルダーの背中を同時に(画像の向きで)左側に押し付け、その状態で床板からはみ出ている集電板(画像右下付近)を曲げ、固定します。
    こうする
    このとき、基盤の足の根元部分の僅かな出っ張りを、床板から突き出ている仕切りの上辺に引っ掛けます。

    別角度からもう一枚。
    別角度から
    こうすることで、基盤は自然と床板に固定されるようになりました。

    後は、指示通りに導光材を載せるだけ。
    導光材は指示通りに載せる

    ここで一旦通電試験。
    発光よし
    発光よし(・ω・´)

    車体をかぶせるとこんな感じです。
    こんな感じ

    ちなみに、12両すべてのクルマとも同じ方法で装着できました。

    作業完了
    これで室内灯組込み作業は終了です。


    まぁしかし・・・、明け番の頭でよくこんな方法思いついたもので(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/20(金) 23:30:20|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    東京メトロ10000系と阪神1000系を同時進行[2:とりあえず終了]

    今度こそ速攻で完成に持ち込みたいです。
    既に塗装は完了
    パンタとIRアンテナを銀で塗装し、さらに表面保護まで終わって乾燥中の状態。

    少しでも早く進めたかったので、途中の写真は撮らず・・・
    表面保護も完了
    車体の表面保護を終わらせて、初めて撮影。
    表面保護には例によって、クレオスのメタルプライマーを使っています。
    今回は車体に対しては三度吹きです。

    乾燥させている間に、床板を仕上げてしまいます。
    集電板装着
    単純に、カプラー交換と集電板の組み込みだけですが。

    通常ならば、床板の向きは統一されて装着されているのですが、阪神車の一車両だけ・・・
    何故か逆向きなので修正
    何故か逆向きでしたので、修正しました。
    今回の場合、床板の矢印が左向きが正常位置です。

    カプラー交換と集電板の組込み作業は思った以上に時間が掛かるのですよね・・・。
    床板は作業完了
    こうなるとキットのほうが楽です。分解する手間が省けますのでね(・ω・)


    ラスト、ステッカー貼り。
    まずはメトロ車から。
    珍しく一枚に10両分
    珍しく一枚に10両分収録されています。
    ワタクシの場合ですが、必要なコマにはあらかじめ切込みを入れておいています。

    ステッカーを車体に貼り、元通りに組み立てますが、このときに室内灯を組み込んでいます。
    なので、室内灯の在庫を見てみたらですね・・・
    解せぬ
    残:7本
    今回必要な本数は16本・・・


    仕方ないので、メトロ車への室内灯組み込みは後回しにします。
    とりあえず室内灯は後回し
    なので、室内はまるで回送車のように真っ暗です。
    種別と行先は[急行 渋谷]に設定しました。
    東横直通後は[元町・中華街]なんてもの考えられますね。

    10700形にはIRアンテナを装着しました。
    IRアンテナ装着

    これで一通り完成とします。
    ひとまず完成とするか

    続いて阪神車。
    とりあえず[特急 梅田]
    とりあえず[特急 梅田]に設定しておきました。

    こちらは6両編成ですので、残り少ない室内灯を組み込みました。
    こちらには室内灯組込み

    以上で作業完了です。
    完成
    なんとか二日間で全工程を行えました・・・。


    ●東京メトロ10000系
    東京メトロ10000系

    こいつ、本当に丸いツラしてます。
    とにかく丸い


    ●阪神1000系
    阪神1000系

    Q:これは阪神ですか?
    N_HS1000_17.jpg
    A:はい、巨人色です。

    なんとなく、そのように見えてしまうのですよね(・ω・`)

    このクルマですが、パンタの位置に関わらずなびき方向が編成内で統一されています。
    編成内でなびき方向が統一されている
    2両編成の2パン車でも同じです。


    丸と角で対照的な両者
    思えば、前面形状が曲面主体と平面主体の両者ですね。




    ラスト1時間ちょっとは「マミさんのテーマ」(100分間ループ)を聞きながらでしたが、それを聞きながらだったから頑張れた気がする(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/19(木) 00:48:19|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東京メトロ10000系と阪神1000系を同時進行[1]

    GM完成品車輌にも仕上げ作業を施します。
    今回は・・・
    メトロ10000系と阪神1000系
    東京メトロ10000系と阪神1000系を同時進行で行います。
    メトロ10両、阪神6両で計16両。またしてもキャパ限界値です。

    折角の完成品ですが・・・
    先ず分解
    まずは分解するところから始まります。

    向きと順番をメモ
    阪神車には車輌の順位と向きをメモしておきました。
    普段馴染みのない車輌ですので、詳しいことはよく分かっていないものですので(・ω・ )

    続いて、車体を洗います。
    洗いあげ後

    水気を落として・・・
    乾かす
    乾燥させます。

    阪神車には車番インレタを貼り付けます。
    インレタ貼り
    銀色の車体に銀色の車番って目立ち難いな・・・と思うのですが(・ω・)

    とりあえずトップナンバーを選択しました。
    とりあえずトップナンバーで

    その最中で気づいたことがひとつ。
    ありゃ・・・
    車体前面下部を破損させてしまっていました・・・。
    最終的には前面ガラスパーツで隠れるので、見た目上の問題はありませんが・・・
    接着して補修
    車体の強度には影響がありそうなので、接着補修しておきました。

    今回、前面ガラスパーツにもインレタを貼った関係で、そちらにも表面保護の必要がありますので・・・
    今回は前面ガラスパーツにも表面保護を。
    実車のガラス部分をマスクして塗装に備えました。
    メトロ車の前面ガラスパーツは表面保護の必要は無いのですが、車体部分との艶を合わせるためにも塗装が必要と考えたためです。
    それぞれのライト部分はマスキングゾルを使ってマスクを行いました。


    メトロ車はアンテナなどの小パーツは装着済みなのですが・・・
    これだけ別付け、しかも未塗装・・・
    IRアンテナだけは別パーツ、しかも未塗装ですので、これも何とかします。
    こいつも銀色に塗ります
    一旦ランナーから切り出して、切り出し面を整えた後、このようにして塗装に備えました。

    その他塗装するパーツ類も塗装に備えて準備して・・・
    準備完了
    現在こんな感じ。
    次回で一気に塗装を終わらせたいです(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/17(火) 21:58:55|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    一気に30両

    5月に入ってから、連勤で模型弄りの時間が作れなかったり、某有料動画まどマギを見ていたりで半月ほどほったらかしになってしまいました(・ω・`)
    特に動画は課金してから14日間がリミットでしたので、見る時間があるときに見ていた状態でした。
    全12話ですが、最終的には5回、そのうち2回は1話から12話まで約5時間ぶっ通しで見ていた状態です。
    本当に、繰り返し見るたびに「これも伏線か・・・」と思うところを新たに見つけたり、映像にも細かい部分で「えっ・・・」と思ったところを見つけたりと、見るたびに新たな発見をして、普段テレビすら殆ど見ないワタクシにとっては珍しく非常に興味を持った作品となりました。
    ちなみに一本あたり約24分で値段は210円(@ニコ動)です。



    前置きが長引きましたが、今回も完成品の仕上げ作業です。
    やっていることは以前から変わりませんので、細かいことは省略。

    7500形
    マイクロの北総7500形です。
    帯から翼
    側面の帯から航空機の翼をイメージした羽が生えていますね。
    行先は急行印旛日本医大に設定しました。

    もう一つ。
    3050形
    同じくマイクロの京成3050形です。
    小さめに旅客機のシルエット
    こちらは吹き寄せ部分に旅客機のシルエットが小さめに配置されています。
    こちらは行先は[アクセス特急 成田空港]としました。

    基本構造は同じ
    基本的なデザインはほぼ同じなのですが、カラーリングの違いで印象が異なりますね。

    一気に16両分完了
    ここまで一気に16両分終了です。

    次。
    営団3000系
    営団3000系。
    こいつは一捻り必要でした・・・。

    まず、運行番号札の装着に関してですが、前面ガラス裏側に貼ろうと思い・・・
    下方向に余白を取る
    運行番号札を切り出す際に、下方向に大きく余白を取りまして・・・
    折り返す
    札の下辺を軸に、余白部分を裏側に折り返します。
    そうすると、余白の粘着面が札の上部にきますので・・・
    車体裏側に貼りつけ
    その部分を車体裏側に貼り付け。

    表から見るとこの通り。
    本当はもっと車体中央寄り
    本来ならば、運行番号札はもっと車体中心寄りですが、そうするとガラスパーツの厚みの関係で数字が読めなくなるので、この位置で妥協することにしました。

    続いて、台車部分。
    僅かに接触する
    BMTNカプラーと台車の一部が僅かに接触するので・・・
    干渉部分をカット
    当該部分をカットして対処しました。

    8両分終了
    以上で8両分作業完了です。

    ちなみに、外したカプラーはというと・・・
    外したカプラーは保管する
    念のため保管しています。
    このウレタンには小物収納の為のスペースがありませんでしたので、自力で角穴をあけてスペースを確保しました。


    もう一種いきます。
    こちらは6両編成
    小田急9000形。
    こちらは6両編成です。
    特に問題も無く・・・
    当然JC25装着
    6両分作業終了です。
    こちらは急行箱根湯本にセットしています。


    これでマイクロの完成品は一通り仕上げ完了です。

    それでもまだカトーやらGMやら、手付かずの完成品車輌が残っていますので、まだ暫くはこんな感じの流れが続きます(・ω・ )

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/16(月) 23:11:52|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    こんなのってないよ・・・

    密林から何かが届きました。
    何気に初アマゾン

    中身は「例」のBDなのですが・・・
    この際だから限定盤で・・・
    折角なので「完全生産限定版」で6巻とも予約を入れていまして、そのうちの1巻目です。



    早速見ようかなと思って、PCのCDトレイを開けたらですね・・・













    あ・・・
    こ ん な の 絶 対 お か し い よ (´・ω:;.:...


    つまり、てっきりブルーレイ対応済みと思い込んだ結果がこれ。
    BD対応のドライブ買ってこないと(・ω・)
    1. 2011/05/10(火) 22:47:36|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    額縁2種

    昨夜の衝撃をまだ引きずっています・・・(・ω・`)
    で、何らかの勢いでBD全6巻契約完了・・・


    一昨日不足していたパーツ類を入手しましたので、引き続き完成品の仕上げ作業を。
    今回はまず・・・
    メトロ8000系
    東京メトロ8000系から始めます。

    これに付属しているステッカーについて、ちょっと気になることが・・・
    74Sって・・・
    それは運行番号についてなのですが、61S、74S、85Sの3種類が収録されています。

    まず、74Sはダイヤ乱れ以外ではあり得ません。
    田都・半蔵門線内におけるメトロ車の運行番号は51~93で、さらに奇数が割り当てられているからです。
    ちなみに50~82で偶数の場合は東武車に割り当てられています。(この場合末尾のアルファベットはT)

    次に85Sですが、これは上記の条件に当てはまるから良しかと思えばそうでもなく、これは不定期試運転列車に割り当てられる番号なのです。
    なのに、行先表示には「試運転」などは収録されていないのですよね・・・。

    2011/05/05追記:85Sは平日朝に定期運用ありました。見落としていたようです(´・ω:;.:...


    そうなると・・・、まともに使えるのは61Sしかないのですよね・・・。
    2011/05/05追記:61Sは平日朝および休日終日運行しています。

    61Sの運行まではめんどくさくて詳しく調べていないので何ともいえませんが、少なくとも[急行押上]は存在することは確かですので、ここではそれを選んで貼り付けることにしました。

    胴受けがちょっと奥にいき過ぎな感じ
    こうやって見ると、胴受けが少々奥に位置している感じがしますね。

    もうひとつ。
    こんな動力で大丈夫か?
    なんだか真ん中がちょっと盛り上がっている気がするのですが・・・

    ワタクシ:こんな動力で大丈夫か?
    マイクロ:大丈夫だ、問題ない。

    試運転させたら異常は無いようで一安心(・ω・)

    今のところ廃車無し
    また1編成、田都を盛り上げるクルマが仕上がりました。


    もうひとつは・・・
    小田急9000形
    小田急9000形です。
    別名:骸骨
    こちらは4+4の8両固定編成です。

    併結しないのにTN化
    8両なので、他形式との併結運用はありませんでしたが、無駄にTNカプラー化しています。
    このほうが見栄えがいいものなので・・・。
    もう少し延命できなかったものか・・・
    小田急車の中では一番個好みなデザインだったクルマだけに、今思えばもう少し延命できなかったものかと考えてしまいます・・・。



    さて、明日から8連勤だ(・ω・ )

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/04(水) 21:23:39|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    真夜中ですがちょっと書かせてください

    午前3:00過ぎってことは分かっていますが・・・。

    なんというか・・・、某アニメまどマギにてあまりにも衝撃的な内容に、本当に言葉が出なくなったことは初めてのことです・・・。

    すでにテレビでは放送終了とのことでニコ動で一通り見てきたわけですが・・・
    最初はQBの腹黒さ目当てに軽い気持ちで見始めたつもりだったのですが・・・、なんというか、何かとんでもないものを見てしまったような、何か色々と考えさせられるものでした。

    あちらこちらでネタバレがされているので、なんとなく分かってはいたはずでしたが、それをも全く無であったくらい、斜め上をぶっ飛んでいった内容でした。
    おそらくリアルタイムで見ていた方は相当な衝撃を受けていたのではないかと。



    元々ワタクシ、小学校からずっと感想文を書くのが大の苦手なもので、上手く纏めて書くことができず、なかなか今の心情を文字に起こせないのですが、とりあえずメモ書き程度に・・・。
    1. 2011/05/04(水) 03:07:22|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    仕入れモノ

    @昨日の東急百貨店西館
    おそらく9000系あたりのか?
    普段は下から見上げることが多いパーツだけに、この角度で見るのは新鮮です。
    見ての通り、東急車ではお馴染みのPT44です。

    正確には・・・
    PT44S式D-M
    「PT44S式D-M」です。
    地味にワタクシよりも1歳1ヶ月年上な件について(・ω・ )


    会場では以下の品物を買ってきました。
    方向幕キーチェーン
    方向幕キーチェーンを2種類。
    特に8500系に関しては、そのイラストには8606Fを種車としている辺りに好感を持てますね。
    快速 永田町
    こういう過去の幕も収録されているのは嬉しいのですが、現行の行先に関してはちょっと物足りない感じです・・・。

    名板二種類
    車輌工場のプレートのレプリカです。
    何気に左のオレンジのプレートが一番高かった件(・ω・)
    お値段2000円超。
    参考:方向幕キーチェーンは840円/1つ


    その後秋葉原まで足を伸ばしまして、模型関係のパーツを購入。
    TNカプラー
    自宅ではほぼ在庫無しであった、グレーの密連型TNカプラーと・・・
    JC25
    その電連付きの密連型TNカプラーを入手。

    ちなみにその数は・・・
    これでしばらくは安心・・・
    前者のカプラーは6個入り×15個。
    後者の電連付きカプラーは20個。

    これだけあれば暫くは・・・
     も う 何 も 恐 く な い (゚∀゚)


    ・・・
    ってことで、漬け込んでおる完成品車輌を仕上げるペースが上がりそうです(・ω・)




    でだ、最近使うようになった言葉で・・・
    「わけがわからないよ」
    「こんなの絶対おかしいよ」
    「もう何も恐くない」
    ですが、まさかあんなにシリアスな場面で使われていたとは・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/03(火) 22:00:08|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【つながりの無い】721系100番台・813系300番台・E259系【3形式】

    一週間開いてしまいましたが、その間代番などで7連勤だったわけでε=(・ω・`)

    引き続き、買って放置し続けている完成品車輌の仕上げを行います。

    まずは・・・
    721系100番台
    721系100番台。
    長らく塩漬けしていたものの一つ
    721系については番台違いでもう一本ありますが、こちらは130km/h対応前を種車としたものです。

    いつもの通りに、ステッカーを貼ります。
    ステッカー貼り付け
    前面についてはライトユニットの導光器に直接貼ります。
    側面行先表示は、ガラスパーツを一旦外してから貼ります。

    連結器はTNカプラーに交換します。
    TNカプラーに交換
    贅沢にもボディマウントタイプです。

    当然ですが、室内灯も組み込みました。
    動作確認中・・・
    でもこの角度では殆どわかりませんね(・ω・)

    こちらは6両貫通編成
    6両分作業終了です。


    続いて・・・
    813系300番台
    813系300番台。
    電車でGo!2で初めて知ったクルマのひとつ
    電車でGo!2で初めて知ったクルマのひとつです。
    流石デザイン会社設計のクルマです・・・
    車番など細かい文字などもデザインのうちに入っていますね。

    こちらも、まずはステッカーを貼ります。
    前面ガラスパーツが取れます
    前面のガラスパーツが丸ごと外れたのには驚きです(・ω・ )

    例によって連結器はTNカプラー化しまして・・・
    ワタクシ好みのデザインなクルマです
    先頭部は電連付きとしました。

    将来的にはカトーのクルマとも併結させたいところ
    将来的にはカトーのクルマとも併結させたいのですが、カトー車のカプラーをどうやってTN化しようか・・・。

    こちらは3両編成
    以上、3両分作業終了です。


    最後に・・・
    E259系
    E259系。
    とにかく製品化は早かった印象
    都合で製造途中の様子を見たことがあるだけに、ついつい買ってしまったクルマです。

    このクルマはステッカーは付属していないので、室内灯の組み込みだけを行います。
    その行程の中で気づいたのですが・・・
    まさかの別パーツ
    前面の貫通扉部分って、別パーツだったのですね。
    本当に、精度良くはまっています。

    2代目成田エクスプレス
    前照灯の色の違いも当然ながら再現されています。

    そして、また新しい試みなのでしょうか。
    車間ダンパーも再現する徹底ぶり
    車間ダンパーが再現されているのです。

    このクルマにも予備パンタがありますね
    以上6両分作業終了です。


    ってことで、なんも脈絡も無い3形式でしたが、手持ちのカプラーの在庫の関係でこうなった訳です。
    今、グレーのTNカプラーの在庫があまり無いので、長編成のクルマには手が出せません。
    おまけに、仕上げ待ちのクルマの殆どが床下がグレーなんですよね(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/05/01(日) 22:14:44|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0