赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    E233系3000番台

    都合で新聞紙1枚を抜き取ろうとして適当な位置でバサッと開いてみたのですよ。
    そうしたらですね・・・







    訳がわからないよ・・・
    思わず一言「わけがわからないよ・・・」
    @4月21日の讀賣朝刊


    本題に入ります。
    東海道線
    カトーのE233系3000番台です。

    実車を見たら欲しくなった、反省していない。
    実車を見たら欲しくなったわけですよ(・ω・)
    こいつに信号炎管、列車無線、室内灯を装着します。

    行先は印刷済み
    行先表示は印刷済みですので、ステッカーを貼る手間も無いです。
    その代わり、優先席表示も無いのが残念ですが・・・、どうせならそれも印刷済みにして欲しいですね・・・。

    ダブルデッカー車には、標準で専用の導光器が組み込まれています。
    サロには導光材装着済み

    15両分ですが、1時間ほどで作業終了。
    作業時間1時間ほど
    一両平均4分程ですね。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/23(土) 22:48:54|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    4101F

    昨日ですが、用事でまた蒲田に行くことになりましたので、そのついでにまた撮影してきました。

    まずは、長津田駅~つくし野駅間。

    @長津田駅~つくし野駅間
    50050系50051F

    @長津田駅~つくし野駅間
    8500系8636F

    で、問題はこれ。
    @長津田駅~つくし野駅間
    ちょうどこいつの試運転の日と重なったので、ちょっとだけ追っかけてみました。
    公式に案内が出ていないので(この場では)何ともいえませんが、4000系4101Fと呼ぶべきか5050系4101Fと呼ぶべきか・・・。


    この後つくし野駅に移動します。

    @つくし野駅
    8000系8102F

    @つくし野駅
    形式写真風。

    その後追い。
    @つくし野駅
    ホームで待つ団体さんはいいモノが見られたと思いますよ(・ω・ )

    この後藤が丘駅に移動しまして、そこからさらに市が尾駅方面に歩いたところで撮ってみました。
    @市が尾駅~藤が丘駅間
    2~3分ほどこの位置で停止していました。

    @市が尾駅~藤が丘駅間
    この位置からだと電線などが邪魔ですね・・・。

    本当は、藤が丘駅近くの上り方にある跨線橋で撮ろうかなと思っていたのですが・・・
    低っ・・・
    この柵の低さに不安を覚え、止めておきました・・・。


    そして、再び移動しようと藤が丘駅に戻り、運行表示器を見れば1分ほど遅れが出ているらしい。
    すぐに列車が来て移動できるかな・・・そう思ったときでした。

    「(前略)・・・田奈駅で人身事故が発生しました」@ホーム放送
    発生時間15:12頃。

    もちろん追っかけはその段階で諦め、とりあえず目的地の蒲田に行くことを考えます。
    経験上人身事故の場合、折り返し開始までに30分、全線運転再開まで60分はかかります。(当然事故の程度や状況、警察の現場検証の速さで前後する)
    で、折り返し運転再開にしても、今回の場合「半蔵門線内~あざみ野駅間」と「長津田駅~中央林間駅間」だろうと思い(そのときもその区間での折り返し運転を実施)、とりあえず駅から移動することを考えます。

    藤が丘駅からは青葉台駅行きのバスしかありませんので、まずはそれに乗って青葉台駅を目指します。
    時間は15:25。
    このバスでは「フリー降車区間」が設定されていて、区間内で車内の釦を押すと安全な場所で停止し下車できるというもの。
    その区間内での乗車はバス停からだけの様子。
    これ、とても便利そうです(・ω・)

    青葉台駅に到着し、今度は十日市場駅に出ようとバス乗り場を探していたら、どうらや中山駅行きもあるようなので、そちらに乗ることにしました。
    バス一本見送ってそのバスに乗車し、中山駅を目指しました。
    時間16:05。

    中山駅からはグリーンライン→東横線→東急多摩川線と乗り継いで目的地に着きましたが、時間は17:10過ぎ。
    集合時間18:00でしたのでそこだけ見れば問題ないのですが、移動するだけで疲れましたε=(・ω・`)


    ちなみに・・・、その当該列車は「試運転」列車らしい(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2011/04/23(土) 22:30:36|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東武30000系と10000系更新車[4:終了]

    ラスト、ステッカー貼りと組み立てを行います。

    まず・・・
    このままでも良いのだけど・・・
    30000系のライトユニットをちょっと弄ります。
    30000系の前照灯はHIDで丸型ですので、このままですと四角く発光します。

    実車ですとこんな感じ。
    @二子玉川駅

    とりあえず、アルミテープに0.4mmの穴をあけて、前照灯部分に貼ってみます。
    それっぽく貼ってみる

    点灯させたらこんな感じでした。
    計画通り
    お(・ω・)

    周りを暗くしてもう一枚。
    まさにこんな感じ・・・
    思った以上に良い雰囲気(・∀・)

    いつの間にかにステッカー貼りが終わっていますが、30000系については.急行  久 喜  .としました。

    一方10000系は・・・
    こちらはライトケースに印刷済み
    こちらはライトケースに丸穴が印刷されていましたので、そのまま組んでみました。
    行先表示は.区間準急浅 草.に設定しました。

    作業終了
    以上で、すべての作業終了です。

    ●東武30000系
    東武30000系
    31415F+31615Fの10両です。

    ●東武10000系
    東武10000系更新車
    11601F6両です。

    煽り
    先頭部アップ。

    正面から
    正面から。

    先頭車同士の連結部分
    30000系の先頭車同士の連結部分。

    その先頭部を正面から。
    黒べたはエナメルのつや消し黒
    普段は10両で走らせるでしょうから、なかなか先頭に立つことは無いでしょうけど、前照灯の細工は行っています。
    中央の行先表示器は、ステッカーに黒べた無表示のモノが収録されていなかったので、エナメル系塗料のつや消し黒で塗ってそれっぽく仕上げました。


    10000系のコルゲーションは・・・
    表面仕上げの違いを再現
    このように、車体との表面仕上げの差を再現してみました。
    それ以外は本当に何もしていません。

    再塗装したルーバーとコルゲーション
    塗り足したのは、30000系のルーバー部分と10000系のコルゲーション部分だけ。


    以上。
    次は何にしようかな(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/20(水) 23:40:41|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東武30000系と10000系更新車[3]

    車体の表面保護に入ります。
    メタルプライマーを使用
    これもいつも通り、クレオスのメタルプライマーを使います。

    二度吹き
    一回目は全体的に軽く、二回目でしっかりと吹き付けました。
    一度に大量に吹くと、下地の塗装や印刷が滲んでしまうからです。

    これで車体の塗装は完了
    これで車体の塗装は完了です。

    続いて、屋根板と床板の組み立て、カプラー交換を行います。
    車体以外にも作業を・・・
    30000系については組み立て・・・というより、床板を一旦ばらして集電板を組み込むだけなのですがね(・ω・ )
    その行程の中で、カプラー交換をするような感じです。

    先頭部分はTNカプラーを装着しますが・・・
    嵌らない・・・
    そのままでは嵌りません。

    これ、設計上の不具合らしく・・・
    そういえばこんなパーツがあったな・・・
    4両編成セットに交換用パーツが付属していますので、それと置き換えます。

    屋根板には・・・
    屋上機器を搭載
    ヒューズ箱とパンタを載せて終了。

    今回、先頭車の床下機器については、偶然にも資料がありましたので、それを元に並べ替えます。
    資料があるので並び替え
    資料、もとい、RMModelsの2009年5月号(No.165)ですが・・・。

    10000系はキットですので、床板は「組み立て」ます。
    この辺は完全に素組み
    ただし、殆ど完成品を扱うのと変わりありません。
    このクルマについては床下などの資料が無いので、明らかに違うだろうと分かってはいますが、説明書どおりに組んでいきました。

    屋上については、クーラーキセの切り出しから始まるのですがね・・・
    ゲートの位置が・・・
    いやぁ・・・この位置にゲートとかマジ勘弁(・ω・`)

    とりあえずいつも通りにゲート処理してみたら・・・
    とりあえずこのままで・・・
    あんまり目立たないようなので、そのまま屋根板に載せてしまいます。

    屋上も素組み
    この辺も完全に素組みです。
    ここも、屋根板とクーラーキセって同じ色なのか?と疑問は残りますが、とりあえず進めてしまいました。
    機会があるときに修正しようかな(・ω・ )


    これで残すはステッカー貼りですが、疲れたのでここで終了。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/17(日) 22:50:52|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東武30000系と10000系更新車[2]

    それでは塗装に入りますが、今回新しく導入したモノがあります。
    塗装スタンド
    富士川車輌工業の「塗装スタンドN」です。
    今まで、塗装台や持ち手を装着するにしても、テープで車体を固定したりなど、何かと手間が掛かっていました。
    そのうちめんどくさくなって、車体の塗装に限っては直接車体を持って作業していました・・・。

    で、この塗装スタンドの何が良いかというと・・・
    組み立て簡単
    まず、台紙を折るだけですから組み立ては超簡単ですし、車体の保持は台紙の復元力で行いますから、テープを使って車体を固定する手間を省くことができます。
    もちろん、逆さにしても車体が落ちることはまずありません。
    準備完了
    16個組んで、塗装準備が整いました。

    まず、10000系のコルゲーション部分から作業しました。
    幕板部分を塗装
    元の銀色(腰板部分)と、今回塗装した銀色(幕板部分)とでは、このくらい色に差が出ています。

    夕日を反射させてみる
    毎度のことながら、夕日を反射させてみるテスト。

    ルーバー部分はピンポイントで塗装
    30000系のルーバー部分は、その部分をピンポイントで塗装しました。

    幌も同じく
    幌部分も同じく、なるべく対象部分だけを塗るようにしてみました。

    乾燥中
    乾燥させたのち、インレタ貼りを行います。
    ここで車体と番号を間違えたり、貼る位置を間違えると悲惨なので、説明書をよく見て作業します。

    ルーバー部分
    マスキングテープを剥がし、塗装具合を確認しながらインレタを貼っていきます。
    ルーバー部分については問題なく塗り分けできていました。

    幌部分は要修正
    幌部分については、塗装面にまでゾルがはみ出ていたらしく、こんな状態です・・・。
    要修正ですね。

    吹き込むことなく塗り分けできたようで・・・
    10000系のコルゲーション部分については無事に塗り分けできたようです。
    ほんと、塗ってしまえば些細な違いなんですけどね・・・。
    そのためだけに、一両何十分もかけてマスキングして、塗装後は・・・
    剥がすのは一瞬・・・
    一瞬でマスキングを剥がして終了。
    「塗装」という形で結果が残るものの、今までの苦労を無にした感じがしなくもないのですよね・・・。
    これもマスキング作業が好きになれない訳のひとつ(・ω・`)

    インレタ貼りも問題なく終わりまして・・・
    続いて表面保護
    最後に表面保護をすれば車体は作業終了です。



    ところで・・・
    何故に円環状に?
    丸一日放置した超音波洗浄器の中では、ホコリのようなものが円環状になって漂っていたのですが・・・。
    これって、本当に車体16両分に付いてたものなのか、それとも・・・(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/16(土) 22:48:47|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    東武30000系と10000系更新車[1]

    気が付けば、買ってそのまま放置している完成品車輌の数がだいぶ増えていましたので、息抜きも兼ねてそれらを仕上げていこうと思います。

    その第一弾として・・・
    東武30000系と10000系
    GMの東武30000系を引っ張り出してきました。
    で、何らかの勢いでクロポの東武10000系更新車までも引っ張り出してきたという(・ω・ )

    「完成品も塗装済みキットも、結局バラしたら同じじゃないか」と、なんだかよく分からないノリで手を出してしまったわけですよ・・・。

    とりあえず車輌を出してみます。
    今回も16両分・・・
    30000系10両と10000系6両、合計16両です。
    またしても工場のキャパ一杯です。

    やることは多くなく、ちょっとだけ塗装をして、インレタ貼って、表面保護をして、ステッカーを貼って組み立てなおすだけです。
    だから、一気に16両やっても楽勝でしょう、と。

    30000系については、一旦車体をバラし塗装に備えます。
    とりあえず車体だけにする


    いつものように、超音波洗浄器に中性洗剤を混ぜた水溶液で車体を洗い・・・
    超音波洗浄後
    その後流水で洗剤分を落とし・・・
    洗浄完了
    きっちりと水気を切って、乾燥させます。

    見ての通り、30000系は完成品ですが塗装がとてもよくできています。
    初期のGM完成品の東急5000系と比べればその差は歴然です。
    なので、車体全体を再塗装する必要は無いのですが、見慣れた車輌だけに、細かいところで気になったところが幾つか。
    まずは・・・
    ルーバー部分を塗装
    M車にあるルーバー。
    ここは車体とは異なり光沢のある銀ですので、その差を再現してみようかと。
    このルーバー部分といえば、製品化発表時、M車とT車でルーバーの有無を作り分けしないとアナウンスがありましたが、後ほど作り分けされリリースされた経緯がありますね。
    当然、作り分けして正解ですよ>GMさん。

    続いて・・・
    幌枠を塗装
    先頭車の幌。
    そのままにしようか迷いましたが、ここは敢えて車体の銀との差をつけてみようと思います。
    少なくとも、車体と同じつや消しの銀ではないはずですから・・・。

    最後に・・・
    コルゲーションを塗装・・・って、あれ?
    10000系のコルゲーション。
    この部分だけ光沢のある銀色のようですので、それを再現してみようと。
    この段階で既に「ちょっと塗装」から外れている気がしなくもないですが・・・。


    で、その部分だけを塗装するにはマスキングが必要なわけです・・・。
    ルーバー部分はこんな感じで・・・
    ここは割りと簡単
    大判のテープをペタッと貼り、それからルーバー部分を切り抜くだけ。
    これは割りと簡単でした。

    問題は10000系。
    かなりめんどくさい・・・
    車体全体に渡ってマスクが必要なのです。
    一発でマスクできないのがつらい・・・
    こうやって、コルゲーション部分以外をマスクします。
    正直、めんどくさい(・ω・)

    それを6両分・・・。
    何気にこっちのほうが時間掛かってる・・・
    だからマスキングは好きになれないのです・・・。

    30000系の幌部分はこんな感じでマスク。
    幌はこんな感じでマスク
    幌の周囲はマスキングゾルを使い、残りをテープで覆いました。

    これでようやく塗装に入れます・・・。
    これで塗装準備完了・・・
    マスキング作業のあとはホント疲れますε=(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/16(土) 01:07:21|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    林檎容器

    こんなものを買ってきました。
    小さめのパッケージ
    品物に対して、かなり割り切った感じの大きさの外箱です。

    で、中身は・・・
    iPod touch
    iPod touchです。
    とりあえず64GB。

    開封して真っ先に行ったのが・・・
    まずは表面保護
    表面保護。
    タッチパネルの保護シートに埃が入り込んでちょっと不満(・ω・`)

    とりあえずiTunesをPCに導入しまして・・・
    これから設定
    とりあえず使える状態です。

    これから無線LANやら楽曲の追加やら行います(・ω・)
    1. 2011/04/13(水) 23:22:53|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【ひびちょく】グリーンマックス・東急1000系[振り返り]【いけたま】

    起きたら15:30を越えていたという(´・ω:;.:...

    1000系も振り返ってみます。
    ステップを追加する
    ほぼ素組みですので、大掛かりな作業は一切行っていませんが、先頭部床下部分へのステップの装着を行っていませんでした。
    8000系を機にその装着を始めたところ、一段と引き締まったように感じましたので、その追加工作を行います。

    早速装着しようと思うのですが・・・
    この機器箱の位置を調整
    山側にはステップ装着位置に機器箱があります。
    まずはこの機器箱の大きさを調整するところから始めました。
    厚さは半分以下に
    一旦取り外し、厚さを今までの半分以下に抑えました。

    機器箱を床下に改めて装着し、ステップを追加します。
    ステップ装着後
    例によって「8500系手すりセット」のモノです。

    最後に着色をして作業終了です。
    色を乗せて終了

    とりあえず振り返りは一旦終了です。
    元住吉風に

    そういえば買ってそのままの状態の完成品群が溜まっていますので、その辺を何とかしないと(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/09(土) 22:16:52|
    2. GM・東急1000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[振り返り終了:13]

    最後です。

    車体に屋根を装着しました。
    やっぱりこれで正解
    本当は一発で装着できるようにしたつもりでしたが、実際には・・・
    調整中
    こうやって微修正を行い、具合を見ながら調整をして・・・
    隙間無く見せるのは難しい・・・
    ようやく装着できたという(・ω・`)
    それでいて、車体と隙間無く乗っかったのはごく一部に過ぎないのですよね・・・。
    まーこれは完成品とは違うので、この程度の隙間は仕方ないものかと、手作業での加工品でもありますのでね。

    最後の最後で、一つ忘れていた作業を行いました。
    意外と目立ったものですので・・・
    一番最初に、車端の床下機器の厚さを調整して以来そのままでしたので、素材本体の色がそのまま出ていますので・・・
    塗ってしまう
    黒で塗ってタッチアップ。

    以上で、振り返り完了とします。
    工場の容量は16両分
    一気に16両は流石に大変でした・・・。

    屋根色はこれで正解
    やっぱり屋根色はこれで正解ですね。

    ●8017F
    8017F

    ●8039F
    8039F

    ここ5年間での最高傑作です。
    ここ5年間での最高傑作

    今のとこと、8000系に関しては最後まで残ったあの編成とか、涼しげな帯色のあの線のを追加するかもです(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/05(火) 22:57:26|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:12]

    4月です(・ω・)
    気が付けば入社5年目、同時にブログも5年目となりました。

    先月中に8000系の修正作業を終わらせたかったのですが、地震の影響で1両被災し、その復旧作業を行った為ずれ込んでしまいました(・ω・`)

    色入れ終了
    屋上配管への色入れを行いました。
    母線、空気管、ヒューズ箱とで3色塗り分けています。

    今回、一箇所だけ色入れを追加したところがあります。
    ここだけ無塗装っぽいので
    アンテナ台座の天面に銀を入れました。
    ここだけ無塗装銀色であることが分かったので、それっぽく塗ってみた次第。

    パンタも搭載しました。
    パンタ搭載
    屋根面からそれぞれの屋上機器へと伸びる配線は、つや消し黒を塗っています。

    代替新造した8017号車にはステッカーを貼り付けました。
    復旧完了
    そのステッカーも、被災車体から転用してきました。

    あとは屋根を乗せれば完成・・・
    ポン付けできなかった・・・
    ですが、屋根板に装着した爪を調整しながら作業を行った為、この状態にするまでにちょっと時間が掛かりました・・・。
    そういうわけで、ポン付けできれば本日作業完了のはずでしたが・・・
    次で終わらせたい・・・
    完成宣言は次回に持ち越し(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/04/02(土) 23:13:35|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0