赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:4]

    盛り付けた液体サフの整形を行います。
    ここから開始
    とりあえず#360のペーパーで削っていきます。
    多いものだとこのくらいの修正箇所が・・・
    整形箇所は多いものだとこのくらいの数にのぼります・・・。

    一箇所ずつペーパーがけして・・・
    整形後
    目立つへこみや傷を消していきます。

    この段階では、ペーパーがけしてできた「ヤスリ傷」が残っているので、さらに目の細かいペーパーでそれを消していきますが・・・
    この後さらにペーパーがけ
    対象となる13両分のサフ整形だけで今日は精一杯でした(・ω・ )

    続きは次の休みの日ですね・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/26(土) 23:37:51|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:3]

    前回に引き続き、屋根板の固定用爪の交換と、目立つ欠けやへこみの修正を行いました。
    埋め
    欠けている部分はゼリー瞬着で埋めてしまいます。

    一旦放置して瞬着の硬化を待ちます。
    続いて整形

    続いて盛り付けた瞬着を整形します。
    整形後
    この辺はリューターで一気に片付けてしまいました。

    小さなへこみなどは液体サフを盛って埋めます。
    気になる傷やへこみも埋める

    こちらも完全に乾燥してから整形します。
    よく乾燥させます
    整形作業は次の公休まで持越しですね・・・。


    サフを乾燥させている間に、もう一つ修正したい箇所に手を入れてみます。
    これも修正
    これも運転会に持って行って目立ってしまったところなのですが、種別灯の光具合が左右で違います・・・。

    まぁ、原因は分かっていまして・・・
    当時のやっつけ仕事が良く分かるorz
    光ファイバーの加工に難があったから。

    ってことですので・・・
    新たに曲げ直し
    改めてファイバーを曲げ直しておきました。
    これでだいぶ改善されたのですが、今度はファイバーに着色を忘れたという(・ω・`)
    後日塗り足すことにしますか・・・。



    どーでもいいことなのですが、精神的に疲れている時、いわゆる「ヤンデレ」絵と周波数が合うのは気のせいだろうか(・ω・`)
    「ヤンデルカ」とか「ヤンデ霊夢」とか・・・

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/22(火) 22:27:21|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:2]

    自衛消防の試験ですが、どうやら合格してしまったようです・・・(・ω・)
    これ、一つ間違えれば次回の異動の際に「地下駅への片道乗車券」となる可能性もorz


    屋根板を再塗装するのですが、その前に気になる部分は修正してしまいます。
    固定用の爪も交換
    屋根板を車体から簡単に外せた理由は、固定用の爪を取り付けていたからなのですが、この爪自体が以前から強度不足の状態でしたので交換します。

    新たにプラ片から作り出しますが・・・
    少しでも強度が出るように・・・
    今回は、なるべく強度を落とさないように罫書を入れ、細くなる部分を傷めないように切り出す順番にも注意しました。

    屋根板に再度装着して、交換完了です。
    交換終了

    同時に、気になるへこみや欠けも修正しておきます。
    ついでに目に付くへこみや欠けも修正

    とりあえず2両分だけ作業してみました。
    とりあえず2両分だけ
    「明け」の日の集中力って、こんな程度なもので(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/20(日) 22:36:30|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:1]

    8500系に続いて、8000系も「振り返り」します。
    こいつも振り返る
    こちらも、連結面間隔の延長を行います。
    台車を外す
    台車を外して・・・
    カプラー根元を削る
    カプラーも外し、カプラー根元を削りました。

    元通りに組んで終了。
    これでよし


    せっかくの機会ですので、その他気になるところも修正します。
    まずは車端部の床下機器箱。
    さらに薄く
    カプラーポケットとの干渉を減らす為、さらに薄く仕上げました。

    続いて屋根。
    気になってきたので修正
    先日、某所で8500系と並べて走行させたときに思ったのですが、やっぱりクーラー色と屋根色が逆なんじゃないかと・・・。
    実車写真を見たところ、殆どのクルマがクーラー色→屋根色の順に濃くなっているのですよね。

    ってことで、これはエラーとみて間違いありませんので修正します。
    とりあえずこの状態で塗装か?
    こんなこともあろうかと、車体と屋根は接着していなかったのですよ(・ω・´)

    とりあえずパンタだけを外し、残りはマスキングを行いながら再塗装する予定です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/18(金) 22:04:57|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[振り返り]【弄ってやんよ】

    工作記事をお待ちの方、大変お待たせいたしました。
    ぼちぼち模型弄り再開します。

    今年一発目は、過去に作ったやつらの振り返りをしてみます。
    その第一弾として、最後に組んだ8500系8636Fをとりあげます。
    暫定の2両編成
    GMの8500系軽量車の特徴として、カトーカプラーに交換するとカーブで車体同士が接触する事例が発生します。
    このままでは、せっかく貸しレに行っても、走行不能で即撤収・・・なんて事態もあるわけです。
    実際ワタクシもそういう経験をしていますので、これは何とかしないといけません。

    ってことで、ここではカトーカプラーのまま、連結面間隔を広げることでこの現象を解消しようと考えます。

    まずは、単純にカプラーを交換しただけの連結面間隔を見てみます。
    換算45cmくらい
    これはこれで実感的なのですが、走行させるにはちょっと間隔が狭いです。
    幌パーツも、通常の半分の厚さにして装着しています。

    じゃあ、具体的な数値を出してみましょう。
    連結間隔は3mm
    約3.0mmですね。
    実車換算で45cmですから・・・、実車よりも狭いのか(・ω・`)

    R282上では・・・
    R282上では車体の角が接触
    このように、車体の角が接触します。
    そして直線上に戻るとき、妻面のモールドなどに引っかかって・・・
    最終的には脱輪
    車体がスムーズに動かず、脱輪。

    ではどうするか。
    一番簡単なのは、連結面間隔を延長することです。
    では、実感を損なわずどの程度延長すればよいのかを考えます。

    結果を言ってしまえばこのくらいでした。
    1.0mm延長
    4.0mmです。
    実車換算で60cm。

    僅か1.0mmの違いですが・・・
    コレで行きます
    接触を回避できました。

    で、どこから1.0mmという数値が出たかというと、単純に「連結させない」状態、つまりはカプラー同士をつき合わせただけです。
    その状態が偶然1.0mmだった、それだけです(・ω・)

    それでは何処をどうやって加工するか。
    なるべくリスクの低い方法を考えると、次の方法かなと。
    加工場所は・・・
    弄るべき箇所はここ
    矢印の部分。

    カトーカプラーの根元の部分です。
    根元部分の大体半分程度
    こんな感じで、具体的には0.5mm削るだけです。
    しかし、こんな小さなパーツで0.5mm削る・・・と言われると嫌気がさしますから、簡単に言い直せば「根元部分の厚さを半分くらいにする」で充分です。
    画像みたいに、水平垂直無視の超テキトーな加工でも問題ないでしょう、たぶん(・ω・ )

    カプラー加工後に再度連結して・・・
    加工後の連結面間隔
    4.0mmに・・・なっていませんがw、こんな程度で大丈夫でしょう。

    重要なのは、車体同士が接触しないこと。
    R282通過可能になりました
    R282をクリアできました。

    同半径のS字カーブも・・・
    S字でも大丈夫
    問題なくクリアできればOKです。

    とりあえずこれで様子見
    作業後は、全車ともチェックをして、完了です。

    もちろん、他にもやり方はありますので、あくまでも一方法として・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/11(金) 22:33:24|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    第62回さっぽろ雪祭り

    前の記事でちょろっと書いた雪祭りに行った詳細です。
    最後に行ったのは15年以上前ですから、殆ど内容は覚えてなく、感覚的には初めて行くような感じです。

    まずはホテルのすぐ側の、すすきの会場から見て回りました。
    ここは氷像メインの会場なのですが、こちらはまったく初めてです。

    @すすきの会場
    こういう芸術的な作品から・・・

    @すすきの会場
    雪ミクならぬ、氷ミクとか・・・

    @すすきの会場
    氷漬けされた魚とか・・・

    そのほか諸々・・・
    @すすきの会場

    @すすきの会場

    @すすきの会場

    @すすきの会場

    @すすきの会場

    続いて大通会場。
    @大通会場
    札幌テレビ塔。

    第一会場から順番に見ていくことにしました。

    @大通会場
    こちらにも見事な氷像がありました。

    @大通会場
    まさかのジャンプ台。

    @大通会場
    あら可愛い。

    @大通会場
    すごい迫力。

    @大通会場
    ライオンキング。

    @大通会場
    シュールwww

    @大通会場
    どちら様ですか?

    @大通会場
    こっち見んなw
    てか、すげぇ良くできてる・・・

    @大通会場
    さいとうマリオ様。

    @大通会場
    雪だるま。

    @大通会場
    ほんと良くできてますよ・・・

    @大通会場
    本願寺。

    @大通会場
    リトルグリーンメン。
    今更ながら、こいつの本名初めて知りました・・・。

    @大通会場
    直訳すると芋顔男かw

    @大通会場
    とてもほのぼのとした雰囲気です。

    @大通会場
    くもじいじゃ。

    @大通会場
    磯野家。
    すげぇクウォリティ・・・。

    @大通会場
    歓喜の歌、第九。
    わかりやすいw

    @大通会場
    生々しい・・・。

    @大通会場
    はやぶさ。
    日本の技術の塊の一つ。

    @大通会場
    不意打ちw

    んで、これですが・・・
    @大通会場
    「あの建物」のはす向かいなんですが。
    これ、偶然にしては都合よすぎないか・・・

    @大通会場
    絶賛修正中・・・。
    明日に期待。

    @大通会場
    ライトアップされるとまたキレイ。

    @大通会場
    招き豚。

    @大通会場
    テレビ塔。
    気がつけば日は沈んでいました。

    @大通会場
    ライトアップされた街路樹。

    大通会場を一回りして、再びすすきの会場。
    @すすきの会場
    昼間とはまた違った雰囲気の雪ミク。

    これを最後に、ホテルに戻りました。

    ●二日目
    本当はこの日は見に行く予定ではなかったのですが、どうしても気になるものはもう一度見ておこうと思い、再び大通会場に向かいました。

    ・磯野家
    @大通会場
    今回一番完成度の高いものではないかと。
    これぞ自衛隊の本気w

    ・初音ミク
    @大通会場
    こちらは元絵に沿ったものですね。
    前日は照明の当たり具合で、一瞬ホラーっぽく見えてビビリましたが・・・、こうやって見ればよくできています。
    でもね・・・
    @大通会場
    やっぱりこの位置関係は卑怯だw

    ・本願寺
    @大通会場
    これもまた迫力の建築物ならぬ雪像。

    ・雪ミク
    @大通会場
    完成度については賛否両論あったらしいですが、前日と比べれば格段に可愛らしさアップしてますよ。

    @大通会場
    雪像という性格上、白一色で表現せざる得ないので、多少イメージとズレるのは仕方にないこと。
    不足分は脳内補完しましょう。

    @大通会場
    真正面から。
    これ・・・来年は雪ルカ期待していいですか?

    これで、もう一度見たかったものをすべて見て回りましたので、忘れかけていたもう一つの目的地へと行きました。
    これ以降は前回の記事に書きましたので、そちらをご覧ください。

    ●今回仕入れたモノ
    ・シャープペンシル
    シャープペンシル
    @中央バスブース

    ・けいおん!!朝食ティータイムフィギュア
    どうしてこうなった・・・
    後輩氏に「収集手伝って」って言われて買ったものの、気づけば私用に5種類すべて揃えてしまったというオチ。



    ラバーストラップ欲しかった(´・ω:;.:...
    会場販売:日にちが合わず
    ネット販売:既に完売
    1. 2011/02/10(木) 21:57:52|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    憧れの寝台特急

    いつ見ても羨ましかった、この運行表示器に出ている寝台特急に乗り込む人々の姿。
    寝台特急・北斗星
    寝台特急北斗星・札幌行き。
    推進運転で進入
    推進運転で列車が入ってきました・・・。
    前照灯はカンテラで代用しているのですね。

    今回の列車の牽引機はこちら。
    502号機
    EF510-502です。
    この釜になってから、編成全体が引き締まって見えてカッコいいです。

    いつもなら、ここでお終いなのですが、今回は・・・



    ソロ
    こんなものを買っていたのでした。
    ほぼ1ヶ月前に予約していたのですよ。

    今回乗ったクルマはこちら。
    オハネ25 551
    行先は当然・・・
    札幌行き
    札幌です。


    19:03定刻で発車。
    ここから長旅の始まりです。
    連結器の構造上、いきなりガクッと動き出す瞬間がまたなんともいえないです(・ω・ )
    滅多に乗らない列車ですから、じっくりと楽しむことにしましょう。


    郡山に着く30分くらい前のことですが、福島から先で停電(放送では藤田駅~越河駅間)があり、30分ほど停車するとの情報が。
    初めての寝台特急で早速これかよwと思ったものの、特に急いでいるわけでもないし、これはこれでアリかなと。

    郡山に着き、抑止時間を使って撮影。
    @郡山駅

    このデザイン好き@郡山駅

    ホームの冷食自販機で買ったポテトも食べてみる。
    ホクホクした食感

    22:23頃、抑止が解除され発車。
    直後に食堂車に移動して・・・
    きのことベーコンの和風パスタ
    ご馳走様でした。
    予約無しでも注文できると聞いて、せっかくの機会なので・・・。
    やや濃い目の味付けでしたが、とても美味しかったですよ(・ω・ )


    一方列車は強風の影響のため、郡山発車後もしばらく徐行運転でしたが、気がつけば通常速度での運転に戻っていました。

    福島駅発車後は寝ることにしましたが、仙台駅と盛岡駅で一度目が覚め、さらにその後目が覚めると・・・
    @青森信号所
    青森信号所でしょうか。
    次に動いたときには、ここまで牽引していた釜が側線に見えましたので、釜の交換のために運転停車していたようですね。
    この地点で約90分延でした。

    そのあと青函トンネル突入の少し前から、トンネルを抜けるまでは「一応」起きてはいましたが、その後函館駅到着直前までは寝ていました。
    函館出発後も寝ていましたが、ふと目が覚めたとき・・・
    清々しい目覚め
    目の前が海であったことには感動。

    落部駅で特急の通過待ち。
    スーパー北斗3号@落部駅
    遅れの為、函館でこの列車に乗り換えできる措置がありました。

    ところで、外は垂れてきた水滴が凍るほどの寒さらしい・・・。
    最初は間違いなく「水滴」でしたよ・・・

    最終的には92分延で札幌に到着。
    先頭に行ってDD51でも撮ろうとしたのですが・・・
    重連@札幌駅
    車両先端とホーム先端がほぼぴったりの位置でしたので、こんなのでしか撮れず・・・。

    とりあえず、回送で出た後追いを一枚・・・。
    トリミングしてます@札幌駅
    レンズ換えずに撮ったので、トリミングしてみましたが・・・(´・ω・`)

    到着してからホテルのチェックインの時間まで1時間と、微妙な開き時間ができてしまったので・・・
    北海道庁旧本庁舎@札幌市内
    北海道庁旧本庁舎を撮って・・・

    時計台@札幌市内
    札幌時計台も撮って、何とか時間を潰しつつホテルに向かいました。


    ホテルでチェックインを済ませ、一旦荷物を置いてから雪祭り会場に向かいました。

    雪祭り会場の模様については、別に記事アップとします。
    雪祭りを見て回った段階で、この日はホテルに戻りました。



    次の日は、再び雪祭り会場を見て回ってから、二つ目の目的地を目指しました。
    例によって雪祭りの内容は別記事扱いとし、雪祭り会場を後にしてからの様子をアップします。

    ここからはちょっとだけ乗り鉄します。
    大通駅から南北線で麻布駅まで行き、そこから徒歩で新琴似駅に移動、札沼線に乗ります。
    一瞬電化完了かと思った@新琴似駅
    この辺は既に架線が張られ、着々と電化の準備が進んでいるようです。
    ここから札幌駅を経由して、岩見沢駅に行きました。
    ここに来た目的は・・・
    意外とすっきりとした概観@岩見沢駅
    駅舎。
    本当に「四角い」建物です
    四角い形をしたこの建物ですが・・・
    2009年グッドデザイン賞大賞
    2009年グッドデザイン賞大賞に選ばれた建物なのです。
    40分程度で折返し、札幌駅に戻ります。

    札幌駅で一度外に出て、帰りの車内での食料を買出しやお土産の購入などを行い、今度はあらかじめ用意していた往復券で再度入場しました。

    帰りの列車が来るまでの間、ちょっとだけ撮影。
    721系
    721系ですが、よく見たら・・・
    731系と併結
    後ろに731系がくっ付いていました。

    キハ201系@札幌駅
    これもそのうち乗ってみたいキハ201系。

    731系@札幌駅
    731系単独。


    そして・・・
    カシオペア入線@札幌駅
    DD51重連でカシオペアが来ました。

    やっぱり羨ましい、この寝台列車に乗り込む人々・・・。
    寝台特急・カシオペア
    いつもなら見るだけの存在です。

    だけの存在・・・でしたが今回は・・・
    帰りはこの列車で
    乗ってしまいます。
    帰りも北斗星のはずでしたが、旅行当日の数日前にだめもとで確認してみたら空きが出たので、速攻で乗変したのでした。

    部屋は下段なものですから・・・
    1階席故、いつもと違う眺めw
    いつもとは違う眺め。

    流石A寝台だけあって、内装や乗り心地は文句なしです。
    一番衝撃的だったのは・・・
    まさかの個室にトイレ・・・
    個室の中に専用トイレ・・・。
    一見クローゼットの扉のようなところを開けてみたら突如現れてびっくりw
    洗面台も収納式でセットされていまして、使うときだけ引き出します。

    発車してしばらくすると・・・
    紙コップもカシオペア仕様
    ウェルカムドリンクがサービスされました。
    カップ手前にあるのは、モーニングドリンクの引換券です。

    一息ついたところで・・・
    ありがとうカミソリ専用電源・・・
    トイレのカミソリ用電源を拝借してこの記事の下書き。
    もちろん作業用BGMも忘れてはいませんw

    函館駅で釜交換の様子を撮影。
    青函トンネルはこいつが担当@函館駅
    停車時間わずか6分。
    これを撮った後、列車に乗ろうとしてコケそうになったことは秘密ねw


    函館駅を出てしばらくすると、青函トンネルの通過時間の訂正(この地点で7分延)とその生い立ちのアナウンスが入り、時間的にちょうど食堂車のパブタイムと重なることから、食堂車へ。
    ちょうどお腹も空いてきたころでしたので、北斗星のときと同じくきのことベーコンの和風パスタを注文。
    これはおススメ
    これ、まじで旨いです(・ω・)

    食事後、トンネル中央部を示す緑の照明が過ぎていくのを見届けた後、部屋に戻りました。
    その後もしばらく起きていましたが、青森駅を出たあたりで寝ることにしました。

    翌日は8:00頃に目が覚め、前日に配られた引換券を使ってモーニングドリンクを貰いました。
    ホットコーヒー
    中身はホットコーヒーです。

    途中から京浜東北線と並走。
    これが現実orz
    なんだか急に現実に引き戻されたような感じでがっかり(´・ω:;.:...


    そして、定時で上野駅に到着。
    釜は506号機@上野駅
    釜はEF510-506でした。
    後ろに見えるのは、追っかけで到着した北斗星(EF510-503)です。

    せっかくですので、両列車とも回送でホームを後にするところを見届けて、帰路に着きます。

    山手線で新宿まで出て、そこからは・・・
    旧塗装@小田急新宿駅
    こいつで帰りました。

    昼前には自宅に到着し、今回の旅行は終了です。

    ●まとめ
    憧れだった北斗星とカシオペア、この度初めて乗ることができました。

    ・北斗星
    乗った車輌がB寝台ということもあってか、特別高級感はありませんでしたが、B寝台個室の狭さが妙に落ち着きました。
    逆に食堂車など、その列車の看板となる部分については内装にも力が入っていました。
    単純に、移動手段と考えるならばこれでも充分です。


    ・カシオペア
    流石走るホテルと言われるように、とても快適に過ごせました。
    客車自体が最近のものですので、内装についてはなかなかです。
    窓周りとか、どっかで見たことある素材が使われているのはご愛嬌ってことでw

    ドリンクサービスがあることにはびっくりしました。
    一部屋ずつ、アテンダントさんが飲み物の注文を聞いて回っているのですから、なかなか手間がかかっていますね。

    翌朝には、各部屋ごとに新聞が配られていたのには驚きでした。

    予約が取り難いと言われる理由が良く分かりました・・・。


    ・その他
    前回11月に札幌に行ったときは、予定していた札沼線に乗れなかったので、今回の行程に組み入れてみました。
    とりあえず気動車に乗りたかった、ただそれだけなのですがw
    次回はもう少し長い時間乗りたいです。


    ちょっと贅沢な内容でしたので、当分このレベルの旅行はないでしょう。たぶん・・・(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2011/02/10(木) 17:40:13|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    いまここなう

    突然ですが、深刻なエラーを起こして今こんな所にいます。
    @大通公園
    @大通公園

    詳細については、帰宅後にアップします。
    1. 2011/02/08(火) 20:47:18|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ます

    自衛消防技能試験ですが、とりあえず個人実技試験まで一通り受けてきまして、あとは合否を待つだけとなりました・・・。

    ってことで、模型活動再開とします(`・ω・´)


    で、早速・・・
    四角い「何か」
    不審な白い箱×6個。

    中身は・・・
    桝
    桝。

    せっかくなので、公式と同じように積んでみました。
    自重できなかったんだ・・・


    もう一品。
    Y500系
    横高Y500系。

    メッキ仕様
    やっぱりステンレスのクルマは輝いてナンボです(・ω・)

    輝く車体
    実車は吹き寄せ部分はダルフィニッシュ仕上げなので、その部分だけ白っぽく見えるのですが、これはこれでアリです。

    実車とは違うけど、これはこれでカッコイイ
    今回、8500系メッキ仕様で見られたドア部分のメッキひび割れは、今のところ無いようです・・・。

    ところで・・・
    フライングしたようで・・・
    購入は間違いなく本日2011年2月4日ですが・・・、どうやらフライングのようですね。
    ストアで買い物しているときに、丁度このクルマの納品があり「今日イベントだから買ってく?」みたいな流れになったのでお買い上げ。
    まぁ、あくまでも発売予定と記されていますし、お店側から勧められたものなので・・・。


    んで、桝を貰う為だけに色々買った結果がね・・・
    どうしてこうなった・・・
    雑誌「とれいん」は模型フェスタ開場で購入したものですが、それ以外はすべてGMストアです。
    なんか、試験前で自重していた何かが一気に弾けた感じ。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/04(金) 22:32:15|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0