赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[8]【弄ってやんよ】

    前面の車番インレタを貼りました。
    前面車番はインレタ

    続いて表面保護を行います。
    ワタクシの場合・・・ですが、銀塗装のクルマの場合にはクレオスのメタルプライマーを吹いています。
    クリヤーとは違う
    これです。
    クリヤーを使うと金属とは違う妙な光沢が出てしまうのです・・・。
    まぶしい・・・
    SUS車体の魅力って「光の反射」にあると思うのです。

    10両分の表面保護を終え、本日は終了です。
    久しぶりに「明け」の日に作業したもので・・・とにかく眠い(´*ω*`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/30(火) 22:14:32|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[7]【弄ってやんよ】

    車体の塗装を行います。

    帯をマスク
    まずは前面赤帯をマスキングの後、車体色を塗りました。
    例によってクレオスのスーパーステンレスを使用し、希釈にはガイアのメタリックマスターを使いました。

    車体色の次は・・・
    幌枠を残してマスク
    前面の幌枠を残してマスキングし、幌枠部分を塗ります。
    ここは、ガイアのダークステンレスシルバーを、希釈には同メタリックマスターを使用しています。

    最終的にはこのような感じです・・・。
    こうなった・・・

    真正面から。
    ちょっと微妙な塗りわけ・・・
    車体色と幌枠の色の違いを出してみましたが、こんな感じでしょうか(・ω・ )
    今回塗り分け線がちょっと微妙な感じになってしまいました・・・。
    ちょっと厚塗りになってしまった模様。
    印刷の塗りわけと比べれば明らかに劣化してしまっています(´・ω:;.:...


    とりあえず・・・
    一通り塗装は終了
    塗装は一通り完了です。

    後は先頭車前面に車番インレタを貼り、表面保護を行いますが・・・、これは次の作業にでも(・ω・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/27(土) 21:21:55|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    札幌・その詳細

    25日から26日にかけて、一泊二日で札幌に行ってきました。

    いわゆる「社内旅行」なのですが、ちゃっかり個人的な目的も達成させてきました(・ω・´)
    今回は、初日の自由行動の時間だけを絞って記事アップとします。

    札幌に飛ぶ前に、同行のメンバー数人で羽田空港国際線ターミナルを見学。
    @羽田空港国際線ターミナル駅
    ちゃっかりモノレールも撮影。
    ガラス越しのため緑がかってしまってますけど(・ω・ )


    国際線ターミナルの見学を終え、昼食を採って札幌に飛び、新千歳空港着後から17時までは自由時間なので、早速行動開始です。

    とりあえず、余計な荷物を置きに、宿泊場所に向かいます。
    今回もuシート
    uシートを取って札幌駅まで移動し、そこから南北線に乗り換えすすきの駅に出ました。
    宿泊場所は・・・例によって札幌東急インな訳ですが・・・。
    ついでに今回2回目。

    荷物を置いて、自由時間終了まであと1時間でしたので、ちょっと急ぎます。
    地下鉄南北線すすきの駅から大通駅を経由し、東西線西11丁目駅に出ました。
    それにしても東西線、3年前と比べ格段につまらなくなってしまいましたね(´・ω:;.:...
    6000形も居ない、ホームにはホームドアが付き、とても撮影できる状態ではありません・・・。

    地上に出ます。
    大通公園
    出ると大通公園に直結。

    100mほど歩いて、最初の目的地に到着。
    ダンロップSKビル
    ダンロップSKビル。
    入っている会社は・・・
    聖地の一つか?
    この通り。
    ここでは詳しく書くつもりはありませんが・・・「あの娘」達の生まれた場所、もとい、聖地とも呼ぶべきか・・・

    ちなみにここから800mほど東にあるNTT札幌病院はワタクシの生まれた病院。


    聖地を拝んだところで、近くにある中央区役所前電停から市電に乗り、すすきのに向かいました。
    240形の吊掛け音を堪能し、すすきの電停に着いたのが17時過ぎ・・・。
    17時から宴会の時間なのですが、どう見ても遅刻です。本当にありがとうございました。

    直接宴会会場に向かい、宴会開始。
    ジンギスカン
    メニューはジンギスカン。
    ちなみにワタクシ、アルコール類は一切ダメです。

    19時に宴会が終わり、これ以降翌朝9時まで自由行動なので、再び動きます。
    すすきの駅から一度南平岸駅に向かい、そこで撮影を・・・と思ったのですが、地上区間とはいえシェルターに覆われている為駅以外は真っ暗。
    当然撮影などできる状態ではありませんので、折り返し札幌駅を目指しました。

    札幌駅でも少しばかり撮影。
    721系
    721系

    キハ40形
    キハ40形

    731系
    731系

    789系1000番台
    789系1000番台

    そして、今回最大の目的である・・・
    711系
    711系100番台
    20:24発、普通列車小樽行き。

    先頭部アップ。
    先頭部アップ
    小学生の時くらいでしょうか、帰省したときによく乗ったこのクルマ。
    最近は721系や731系に押されて札幌駅付近では殆ど見なくなってしまいました・・・。
    早朝、夜間に札幌駅に数本現れるとのことで、せっかくの機会なので見てきました。

    ・・・で、途中の手稲駅まで乗ることにしました。





    改装中・・・
    小樽駅。

    降りるのが惜しくなってついつい乗ってしまった、反省はしていない。
    駅舎が改装中だったのが残念(・ω・`)

    種別表示器上部の前照灯が特徴的
    札沼線が電化後のこのクルマの扱いが気になりますね・・・。

    6両編成でした
    ちなみに、2扉車3両と3扉車3両の6両編成でした。
    岩見沢始発、区間快速いしかりライナーだったのです。

    小樽駅での滞在時間は僅か5分で、すぐに折り返し札幌駅まで帰ってきました。

    札幌駅(夜)
    札幌駅舎を撮って、南北線に乗りすすきのに帰りますが、その時来たクルマが・・・
    3000形
    最後の最後で3000形。
    まさか3年後にもう一度乗れるなんて思ってもいなかったので、これはうれしい限り。

    せっかくなので動画でも残しておきました。


    最後はすすきの電停付近で撮影をして、その日は終了としました。
    すすきの電停付近


    翌日は同行者数人で行動したのですが、鉄とは全く無縁でしたので、省略します。
    1. 2010/11/27(土) 00:21:20|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    札幌なう

    ただ今社内旅行にて札幌市内にいます。

    自由に動けるのは空港に着いてから翌日朝までの僅かな時間なので、その間に行きたいところを立て続けに巡ってきました。

    例えば・・・
    「あの会社」の入るビル
    「あの会社」の入っているビル、基、聖地とも言うべきか・・・

    快速エアポート
    こんなのとか・・・

    スーパーカムイ
    こういうのとか・・・

    併結
    かなり久しぶりに見たクルマとか・・・

    すすきの
    すすきの(夜)

    ちなみに・・・
    こんな環境で書いてます
    この記事はこんな環境の下でアップしています。
    帰宅したら改めて記事上げます。
    1. 2010/11/26(金) 00:20:34|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[6]【弄ってやんよ】

    車体に車号と向きを記入しておきました。
    車号と向きを記入
    同様に、屋根と床板にも記入しました。
    今回は無くても良いかな・・・と思ったのですが、あったほうが分かりやすいもので(・ω・ )

    塗装前に車体を洗いました。
    洗い上げ

    水気を切って、まずは前面赤帯の塗装。
    こうなると完成品の意味って何・・・
    製品そのままでも問題ないのですけど、もうちょっと明るい色にしたかったので・・・。
    こうなると、完成品の意味って何なのだろう(・ω・)

    屋根、床板などはいつも通りの塗り分けです。
    いつも通りの塗り分け方
    屋根は明るめのグレー、クーラーは形成色よりもさらに白っぽいグレー、床下は敢えて艶ありの黒です。

    時間の関係で、車体の塗装は次回に回します。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/23(火) 21:52:22|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    貸しレで分かったこと

    おととい貸しレに行って分かったことを挙げてみます。

    一つ目は、車端部の機器箱。
    車端部に機器箱を装着したのは7600系・7700系以降なのですが、最後に貸しレに行ったのがそれよりも前でしたので、実際に走行させないまま、機器箱装着によって生まれる影響をよく分かっていないまま今日まで至っています。
    幸いというかなんというか、7600系・7700系・1000系は18m級車両なので、20m級車両と比べ同一曲線上での台車の回転量が多少少なく、車端部の機器箱に多少の厚みがあっても何とか走行できていました。
    が、20m級車両である8000系については残念ながら・・・(・ω・`)


    2つ目は、8500系の連結面の短さ。
    アーノルドカプラーのまま走行させても、場所によってはギリギリな感じでしたが、カトーカプラーに交換した車についてはさらに連結間隔が狭まり、カーブで車体同士が接触し脱輪するパターンがありました。
    幌パーツを装着している8000系については、幌パーツ同士が引っかかってしまうパターンもありました。

    連結面絡みで、試験的に転落防止幌を装着してみた1000系1001Fについては・・・、まぁ予想通り転落防止幌同士が接触して脱輪。
    外すにも瞬着で固定しているので手間が掛かりそうだし、なんかもったいない気もするし、どうしよう(・ω・`)

    上記二つは見た目を重視した結果起こった事象ですので、これについては今後の課題とします。


    3つ目は・・・、これは完全に調査不足。
    先生!運行番号が・・・
    3運行多摩川行き。
    これ、最近分かったのですが、東急多摩川線内では、営業列車の運番は必ず20番台なのです。

    なので、修正。
    収録されている運番は微妙なので・・・
    と思ったのですが、収録されている運行番号は「25」と「27」。
    そのまま25運行に差し替えても良いのですが、ちょっと遊んでみました。
    「2」だけ頂戴
    数字の「2」だけ貰って、23運行としてみました。

    ちなみに、種別、行先、運番を貼っているこのパーツですが・・・
    屋根を外せば簡単に修正できます
    屋根を外せば簡単に交換できました。

    運番を正規の番号に修正して、終了。
    これで正規の状態



    やっぱり、定期的に貸しレに行って、新しい試みの問題点の洗い出しや、他人に見てもらう(=自慢)ことも重要ですね・・・。
    せめて半年に1回は行きたいところですが・・・(・ω・)
    1. 2010/11/19(金) 22:37:05|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[5]【弄ってやんよ】

    先日、1年半ぶりに貸しレイアウトに行ってきたのですが、ここで二つ三つ問題が発生したのですよね・・・。
    その問題については後ほど。


    前回、車端部に装着した機器箱について。
    やっぱり障害になりやすい要素の一つ・・・
    ここも、貸しレ行って初めて分かった問題の一つなのですが、やはり台車の首振りに影響が出てしまったのです。
    現状、台車はこの程度しか回転できない・・・
    こんな感じで、機器箱に台車のカプラー部分がぶつかってしまう。
    18m級車両ではこれでも何とかなったようですが、20m級車両では影響が大きくなってしまったのです(・ω・`)

    で、実車を見れば、この部分の機器箱は思ったよりも薄いことが分かったので、パーツ自体も現状よりも肉薄になるように調整しまして・・・
    とりあえず機器箱を肉薄にして対応
    とりあえず、R282上でぎりぎり・・・な感じです。


    そろそろ塗装に入りたいところなのですが、なんというか、どうも「塗装したい」って気力が沸かず・・・、とりあえず前面赤帯と幌枠を塗り分けるためのマスキングテープを作ることにしました。
    8000系の時にできた余り
    8000系のときに余った前面パーツ。
    これをテンプレートにします。

    前面赤帯については、マスキングテープをカッターマットに貼り、2.4mm程の幅に切り出しまして・・・
    帯部分は定規で・・・
    貼ってみる。
    概ね良好です。

    幌枠については、現物合わせで切り出します。
    前面いっぱいにベタッと貼って・・・
    前面いっぱいにマスキングテープを貼って・・・
    幌枠だけ切り抜く
    幌枠に沿って切り出しました。

    本日の8500系の作業についてはここで終了としました。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/19(金) 22:07:50|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[4]【弄ってやんよ】

    床下機器の続きです。

    今回は、車端部にある機器箱を設置します。
    ここは適当な床下バルクから用意するのですが、たった一つの機器箱のためだけにその個数分バルクを買ってくるのは不経済なものですので・・・
    足りない機器箱はコピーして確保
    毎度お馴染み、レジンコピーにて必要分を確保します。

    このレジンも購入後数年経過していますので・・・
    すでに変質しているのは明らか・・・
    特にB液の劣化具合が激しいです・・・。
    中で表面だけ固まっていたり、スポイトでは吸えない程度に粘度が増していたり・・・。
    床下パーツのコピーで使うレジンの量は極僅かですので、1kg入りのレジンを使い切る前にB液がダメになってしまう予感がします。

    B液を極少量取り分けます。
    B液
    続いてA液を取り分けます。
    A液を追加・・・
    しかしこれ・・・

     ど う 見 て も [ ピー ] で す 。 
    本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。


    A液とB液を混ぜ、ゴム型に流します。
    型に流す
    型は上下2分割ですが、どちらの型にもレジンを流し、型同士を合わせます。

    10~15分である程度硬化しますので、型から抜いて・・・
    とりあえず10個分抜けたけど・・・
    とりあえず15両分確保しました。
    うち5個はストックから探してきたものですので、実際にコピーしたのは10個です。

    全体で20両分用意したかったのですが・・・
    寿命か・・・
    型がボロボロになってしまい、複製物が綺麗に抜けなくなった為中断しました。
    この型も一年以上経っているはずなので、流石にこれ以上の使用は厳しいです。


    コピーした床下パーツを装着しますが、その前に前回忘れていた加工を行います。
    コンプ撤去に伴い山側の機器も・・・
    8800形6号車ですが、海側のコンプ撤去に伴って、山側の一部機器も無くなっているので・・・
    一部を撤去
    それっぽく機器を外してしまいます。

    車端部の機器箱はこんな感じで装着しました。
    コピーした機器箱を装着
    当然、小半径の曲線は通過できません。
    完全に見た目重視(・ω・)

    床下は一通り完了しましたので、最後残っている貫通幌の加工を行います。
    広幅タイプ
    例によってクロポの広幅タイプを使うのですが、8500系に装着する場合、このままですと幌同士が密着してしまうのです。(参考記事:GMの東急8500系から8000系[40:落成]
    なので、そのときと同様に、ヒダ2つ分詰めます。
    厚さ半分くらいに切断
    そうすると幌パーツが半分くらいの厚さになってしまうのですが・・・
    だいぶ薄くなる・・・
    まぁ、無いよりかはマシと考えることにします。

    これで、パーツの加工は一通り終了です。
    後は塗るだけ
    後は塗装して組み立てなおすだけです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/12(金) 23:28:29|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[3]【弄ってやんよ】

    本日日勤(公出)でしたので、ほんのちょっとしか弄っていません・・・。

    床下機器についてですが、今回床下パーツは専用品が起用されているので、殆ど並べ替えなどを行わなくて済みます。
    なので、今回は製品付属の床下をそのまま使用しますが、一両だけ手を入れておきたい箇所があるのですね。
    それは6号車の8800形の海側。
    基本形
    8800形海側の基本的な床下機器の配置は上の通りですが、37Fと42Fを除いて6号車に入る8800形のみコンプレッサーが撤去されているのです。
    で、撤去のされ方も編成によって異なりまして、機器箱一つを除いてすべて撤去された状態や、コンプレッサーの吊枠だけ残された状態など・・・、複数編成作るには押さえておきたいポイントでもあります。

    今回の36Fの場合、「機器箱一つを除いてすべて撤去された状態」ですので、模型でもその通りに・・・
    今回はこのタイプ
    不要な機器をカットして再現しました。

    それ以外では、車端部の機器箱の設置も行うのですが、それは次回に回します。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/09(火) 21:05:39|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[2]【弄ってやんよ】

    今回作る第36編成ですが、製品のプロトタイプとなっている全車軽量車なので、大掛かりな加工は行わなくて済みます。
    なので、今回は細かい作業が中心です。

    穴あけ
    手すり、ステップなどを装着するための穴を開けました。


    続いて、当初から気になっているヘッドライトケースを弄ってみます。
    ちょっと気になっているので・・・
    製品のは、こんな感じで「筒」が嵌っているように見えるのです(・ω・`)
    なので、タヴァサのライトケースを使って手を入れてみます。

    まず内径を広げる
    ヘッドライト部分の内径を、タヴァサのライトケースが嵌る大きさまで広げます。

    ライトケースパーツを一度車体にはめ、ヘッドライトケースをそぎ落とします。
    飛び出している分だけ削ぐ
    車体前面とツライチにしてしまいます。
    ツライチに

    元のライトケースに、タヴァサのライトケースをはめ込んで終了。
    こういう感じにする予定
    もちろんタヴァサのライトケースは、ライトユニットの導光材が入るまで内径を広げておきます。

    ご覧の通り、元のライトケースよりも少し直径が小さくなるので、元のライトケースの断面が見えていますが、最終的にはその断面を帯色に塗って処理しようかと。
    車体に接着して隙間を埋めて・・・は今回行いません。
    行わなくてもそんなに目立たないだろうと思いますし、シャボン玉の印刷がある37編成との絡みもあるので(・ω・ )



    今回は波打ち輪芯パーツを装着します。
    波打ち輪芯パーツを装着
    装着するのが面倒なので、8000系列に限って装着を行います。


    将来他の編成を作ったときの事も考え、屋上の手すりは別体化しました。
    屋上手すりは別体化
    他の編成・・・というのは、非軽量車を作ったときの話ですよ。


    特に加工の必要が無いパーツについては、持ち手を装着して塗装に備えます。
    持ち手装着

    床下機器も弄りますが、それはまた今度。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/05(金) 22:29:40|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[1]【弄ってやんよ】

    今年は東急車しか組んでないので、そろそろ他社の車でも・・・と思ったのですが、そういうときに限って必要な資材が無かったりするのですよね・・・。

    今回作ろうと考えた他社の車は以下の通り。
    キッチン(林檎製作所)・JR九州817系→グレーの電連付き自密連TNカプラー在庫切れのため組めず。
    クロスポイント・名鉄6750系→18m級の床板と動力(いずれもGM製)と、近似のライトユニットが不足する為組めず。
    クロスポイント・東武10000系→グレーの電連付き自密連TNカプラー在庫切れのため組めず。
    GM・京急600形タイプ→グレーの電連付き自密連TNカプラー在庫切れのため組めず。

    この「グレーの電連付き自密連TNカプラー」ですが、丁度TNカプラーリニューアルの時期と被ってしまい、なかなか入手できずにいるのです(・ω・`)

    で、必要な資材が揃い、最終的に行き着いた車は・・・
    完成品
    GM・東急8500系田園都市線。
    はい、また東急車ですw
    第36編成、種別と行先表示器にフルカラーLEDを搭載していた時をプロトタイプとします。
    完成品なのですが、例によっていつも通りに弄っていきます。

    初期の完成品シリーズでもある東急5000系と比べ、塗装の質はかなり向上しています。
    塗装の質はだいぶ良いです
    そのままでも概ね満足できるレベルなのですが・・・
    でも、やや明るめな感じ
    どうしても「アルミ」もしくは「ダルフィニッシュ処理された表面」に見えてしまうのですね・・・。
    個人的にはもうちょっと濃い色がいい。

    そういうことで・・・
    こうなると完成品は手間が増えるだけ・・・
    分解。
    こうなると完成品でも塗装済みキットでも関係なくなりますね(・ω・)

    手すりと一部の配線は別体化させます。
    手すりと一部の配管は別体化

    ただ塗り直すだけでなく、多少のディテールアップも行う予定です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/11/02(火) 22:12:17|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0