赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    【見学者?】流れで羽田空港に行ってみた【不審者?】

    友人氏と羽田空港に行ってきてみました。

    というか、当初の目的は、21日に運行を開始したJR蒲田駅東口~羽田空港を結ぶシャトルバス(蒲95系統)に充当されるノンステップリムジンバスに乗ることなのでしたが、いつの間にか目的がズレてきてしまったというオチです・・・。

    ・乗ってみた感じ
    バス車内には、中扉の向かい側に荷物スペースが設けられ、シートピッチは通常の路線バスと比べ広くなっていました。
    そのため足元がゆったりしているので、そこに手荷物を置けるようになっているようですね。
    ちなみにモケットには航空機を上から見た図が印刷されていました。

    ノンステにありがちなこととして、中扉より後ろのステップが多くデコボコしたイメージがありますが、この車両については意外と平坦な感じというか、ステップの数が少なく感じ乗りやすかったです。
    今回手荷物は殆ど無かったのですが、1ヵ月後には管内旅行でこのバスを使おうと考えていますので、実際に荷物を持った状態でどのくらい便利なのかを確かめてみたいと思います。

    運行面では、蒲田から空港まで運賃270円で、これは京急蒲田から空港線で羽田空港に行くよりも安いです。
    なので、JR蒲田から利用すると得した気分です。
    が、交通量の多い道路を通る為、信号待ちの渋滞にはまり、今回乗ったときは終点まで40分ほど掛かりました。
    この路線こそ、公共車両優先システム(PTPS)を導入すればかなり時間短縮に繋がるのではと思います。


    終点の第一旅客ターミナルで下車後、無料連絡バスで国際線ターミナルに移動しまして、少しばかり撮影。
    羽田空港国際線ターミナル

    もうすぐ引退とのこと
    もうすぐ引退らしいですね・・・

    建物の中は・・・
    柱の少ない構造
    本当に柱の少ない、すごく開放的な空間です。

    モノレールの下りホームと出発ロビーは同一階にあり・・・
    ホームと出発ロビーは同一階
    こんな感じで、出発ロビーから駅構内を見ることが出来ます。

    ここからモノレールに乗って移動します。
    軌道切替で残った軌道
    国際線ターミナル駅開業に伴い軌道切替が行われ、元の軌道は完全に孤立した状態に・・・。

    車内の路線図を一枚。
    追加された駅
    利用する航空会社によって近い改札口が案内されています。

    そのまま第二旅客ターミナル駅まで乗りました。
    最後に乗ったのはホームドアが導入される前の頃だった気が・・・
    思えばこのモノレールに最後に乗ったのは、確かホームドアすらなかった時代だった気が・・・(・ω・ )

    再び無料連絡バスに乗って移動しますが、その前にその連絡バスを撮影。
    国内線ターミナル循環
    国内線ターミナル循環。

    国際線ターミナル循環
    国際線ターミナル循環。
    この国際線ターミナル循環のバスだけかなり混んでいました・・・。
    2~3台固まって来て、そのあとしばらく間が開いていたもので(・ω・`)

    ちなみにこの2台、エンジンはあくまでも発電機として使って、走行には電動機を使用しているようです。

    蒲田から乗ってきたノンステリムジンが来ました。
    今回乗ったノンステリムジンバス

    車体はワンステ車ベースだそうなので・・・
    ワンステップ車がベースだそうで・・・
    窓がデカい。
    塗装は他の京急空港連絡リムジンに合わせたものですね。

    撮影後、無料シャトルバスで第一旅客ターミナルに向かい、そこから京急に乗車します。
    そして・・・
    京急・国際線ターミナル駅
    一駅乗って一旦下車。

    頭上には、大きい運行表示器がぶら下がっています。
    大きい運行表示器
    右側にはLCDも搭載され、列車の行先が直感的に分かるようになっています。

    そして・・・
    でかいエレベーター×3基
    奥には大型のエレベーターが3基並んでいます。
    ホームまでカートを持ち込むことが出来るので、その分の大きさを考えると決して大げさではないのかもですね。

    そして「ホームまでカートを持ち込める」ために、カートの線路転落を防ぐ為に・・・
    ホームドア
    このように、ホームドアが設けられています。
    これ、一番気になっていた部分でして、ワンマン機器やTASCを搭載しない車がどうホームドアと向き合うのか・・・。
    ってことで、実際に動画で見てみましょう。

    列車が到着し、車掌が手動でホームドアを開扉、続いて車両側ドアを開扉しているのが分かりますね。
    動画の左上で光っているのはこいつ↓です。
    これを見て車掌は車扉操作をするようです

    列車の停止範囲は・・・
    前後50cmくらいか?
    ホーム淵に貼られた青い範囲かと思われます。
    目測で±50cm位でしょうか。

    そういうわけで、いつの間にかに新駅巡礼も行ってしまいましたがw、気になっていたことはすべて解けましたので、そのまま京急に乗り、仲木戸、東神奈川から横浜線経由で帰宅しました。


    ※今回ニコ動に動画を上げてみました。
    近い将来、やってみたいことがあるので、それの演習も兼ねて。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2010/10/28(木) 01:35:45|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【限界に】模型合宿で東急9000系9009F[一発落成]【挑戦】

    22日から24日にかけて、二泊三日で「合宿」してきました。
    合宿場所は伊豆高原の「ルネッサ赤沢」です。
    目的は唯一つ、合宿期間中に「完成させること」。

    ワタクシ含め、先輩氏と総勢7人で行う今回の模型合宿。
    元々以前から先輩氏6人で行っていたのですが、今年からはワタクシも参加させて頂きました。

    ●20日(合宿二日前)
    明けで、大井町線9000系の床下資料を撮影。
    その日の夜に、模型上での床下の配置を検討し、翌日の買出しに必要なパーツを洗い出す。

    ●21日(合宿前日)
    不足するパーツを買うために、横浜GMストアへ。
    自宅から車で移動、一人で行くのは初めての事だったりします。
    帰宅後は、付属のステッカーに収録されていない行先表示と前面グラデーション帯を作り、印刷。
    そして・・・
    出来るだけ詰め込む
    パッケージング。
    これ以外に、工具類、塗料、コンプレッサーとブラシ本体などをボストンバッグに詰め込む。

    ●22日(合宿初日)
    ・08:50頃
    集合場所(新横浜駅近くのレンタカー屋付近)に到着。

    ・09:30
    レンタカーの手続きを終え、出発。
    先輩氏の運転で移動開始。
    横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパスを経由し西へ。
    途中の西湘パーキングエリアからはワタクシが運転。
    さらに真鶴ブルーライン、熱海海岸自動車道を経由し、以南は国道135号線を走行。

    ・15:30頃
    昼食、買出しなどを済ませ、合宿地に到着。

    ・16:00頃
    ここが作業場
    準備完了。
    以降は「本気」で作っていきましたので、詳しい説明は省略し、時間毎の進行具合を載せます。

    ・16:14
    それでは作業開始
    作業開始。
    室内灯装着の為、ブリッジを切り落としましたが・・・。
    これを果たして「室内灯組込み可」と言えるのかどうか・・・。

    ・16:34
    配管の一部は別体化する
    屋上配管は、一部を別体化する為の準備をします。

    ・18:14
    テープは1000系のときの使いまわし
    車体を塗装しますが、帯部分の印刷はそのまま生かしますのでマスキング。
    テープは1000系のときの使い回しです。
    塗装については1000系同様、車体の表面仕上げの違いを塗り分けます。
    それ故にマスキングがめんどくさい(・ω・)
    マスク→塗装→剥がしを3回繰り返すなんて・・・。

    ・18:30
    夕食。
    メニューは「和洋折衷膳」だそうで。
    ワタクシ、魚介の「貝」がダメなんですけど(・ω・`)

    ・19:30
    作業再開。
    マスキングめんどくさい・・・

    ・22:00
    風呂。
    温泉があるのでそっちを利用。

    ・22:37
    夜食一回目
    夜食。
    思うに「チャルメラ」は袋タイプが一番美味しい。

    ・24:32
    2回目マスキング中
    車体肩部と裾部、窓枠、ドア枠などを塗り分けるためのマスキング。

    ・25:57
    先頭車床下はそれっぽく並べ替え
    ちなみに床下ですが、先頭車はそれっぽく並べ替え、中間車はほぼキット付属のものを使用。

    ・26:00
    就寝。

    ●23日(合宿二日目)
    この日は丸一日作ることに集中。

    ・07:40
    起床。

    ・07:48
    クーラーはもちろん2種類
    早速作業開始。
    塗装する小パーツを用意。

    ・08:00
    朝食。

    ・08:42
    小パーツは持ち手を装着
    作業再開。
    小パーツには持ち手を装着。

    ・11:09
    昨日から気になっていた列車の通過音に負け、休憩も兼ねて外出。
    185系踊り子号
    185系踊り子号@伊豆高原駅~伊豆大川駅間
    この後追っかけで8000系が通過しましたが、時すでに遅しorz
    ちなみに合宿地から徒歩5分の場所。

    ・11:18
    さりげない感じに・・・
    作業再開。
    2回目のマスキング剥がし中。
    今回はさりげない感じに塗り分けされました。

    ・12:54
    おでん
    昼食。
    ざ・おでん。
    このまま塗装場所で食事。

    ・13:16
    3回目マスキング
    作業再開。
    3回目のマスキングは、ドア押さえと車外スピーカーを塗り分ける為です。

    ・13:58
    8000系トラン・バガテル
    8000系トラン・バガテル@伊豆高原駅~伊豆大川駅間
    午前中のリベンジを果たす為にもう一度足を運びました。

    ・14:01
    土石流に注意
    上り列車待ちの間に一枚。

    ・14:05
    8000系
    8000系@伊豆高原駅~伊豆大川駅間

    ・14:16
    車体の塗装は終了
    作業再開。
    これで車体の塗装は完了です。

    ・14:22
    この合宿中に「完成させられない」決定的な事態発生。
    滲んでる(´・ω:;.:...
    印刷が滲んでしまっています(´・ω:;.:...
    どうらや袋にしまった時にはまだ完全乾燥していなかったようです・・・。
    仕方ないので出来るところまで作業することにします。

    ・16:47
    残っているパーツを塗装
    床板などを塗装。

    ・17:10
    輪心も塗る
    輪心も塗ります。

    ・19:11
    屋根組み立て
    屋根を組んだところ。
    パンタとヒューズ箱に繋がる配線は真鍮線で再現。

    ・19:30
    夕食、ところが15分ほど抑止。
    メニューは「和洋折衷膳」(2回目)。

    ・20:39
    クーラーも実車に即して載せる
    作業再開。
    引き続き屋根の組み立て。

    ・22:28
    墨入れめんどくさい・・・
    これから風呂。

    ・23:02
    チョコモナカジャンボ
    風呂あがり、いただきます。

    ・24:23
    夜食2回目
    夜食。

    ・24:59
    床板を組んで、台車をねじ止めしようとしたところ、持ってきたドライバーのサイズを間違えたので・・・
    簡単に削れるドライバー
    リューターで削って調整。
    ちなみにこれは殆ど使っていない100均モノですので・・・。

    ・25:29
    スカートがちょっと収まりが悪い
    仮合わせ。
    スカートの収まりが悪い。

    ・25:37
    調整
    スカート調整後。
    この辺は現物合わせ。

    ・26:00
    ここまでが限界
    ここで限界に到達。
    この場で出来ることはすべてしたが・・・

    ・26:01
    散らかった机上・・・
    散らかしすぎな件。

    ・26:28
    再梱包
    持ち帰りの為梱包、机上を少し片付け。

    ・27:00
    就寝。

    ●24日(合宿最終日)
    最終日は片付けと移動が中心です。

    ・08:00
    起床、すぐに朝食。

    ・08:36
    片付け中
    片付け開始。

    ・09:37
    あっという間の二泊三日
    片付け完了。

    ・10:00
    チェックアウト。
    ワタクシの運転で帰路に付きます。
    途中で土産を買い、北上します。

    例によって国道135号が渋滞しているようなので、天城高原から伊豆スカイライン経由で北上。
    十国峠でトイレ休憩し、箱根新道、小田原厚木道路、東名高速道路経由し東へ。
    12:30頃には海老名サービスエリアで昼食を採ることが出来、周り曰くこの早さは初めてのことだそうで。
    確かに、峠道では規制+10~30Km/h、小厚道路では規制+30~50Km/hで走りましたけどw、それはまた別の話。

    海老名SAからも引き続きワタクシが運転し、横浜町田ICで高速を下り、そのままワタクシの自宅のほぼ目の前まで行き、ワタクシはそこで下車しました。
    これは、海老名SAから新横浜に至るまでの間に、ワタクシと先輩氏の自宅の付近を通るので、それだったら途中で降りたほうが楽だろうという周りの判断の為です。
    ワタクシが下りて以降は、先輩氏が運転をした模様。

    そういうわけで・・・
    ・14:00頃
    自宅到着。

    ・15:00頃
    昼寝。

    ・20:30
    覚醒
    夕食を採り、風呂。

    ・22:18
    荷解き
    荷解き。

    ・22:24
    破損箇所が無いかをチェックしていると・・・
    破損はこれだけ
    カプラー付近に破損有り・・・。
    変な破損のしかた・・・
    てかこういう破損のしかたは初めてのこと。
    瞬着にて復旧。

    ・22:32
    一旦分解
    最終仕上げの為の準備完了

    ●25日(合宿後)
    合宿期間中に出来なかったことを中心に作業しました。

    ・13:40
    デカール再印刷
    作業開始。
    滲んだデカールは再印刷し用意。

    ・14:18
    とりあえず貼って
    とりあえず、余白は気にせずに貼る。

    ・15:45
    余白を切り取る
    デカールが乾いたら余白を切り取る。

    ・16:09
    車番インレタ貼り付け
    そして車番インレタを貼り付け。

    ・17:00
    表面保護
    表面保護。

    ・17:18
    だんだん「らしく」なってきた
    乾燥中。
    だんだんと「らしく」なってきた。

    ・18:05
    G各停 溝の口
    種別と行先表示を貼り付け。
    G各停・溝の口

    ・18:58
    車番ステッカー貼り付け
    車番ステッカー貼り付け。

    ・19:00
    夕食、そして風呂。

    ・19:50
    ワイパーの印刷は消去
    前面ガラスに印刷されたワイパーは消去。

    ・20:09
    大井町線ステッカーも貼り付け
    大井町線ステッカーも貼り付け。

    ・20:42
    あと少し
    あと少し。

    ・21:31
    手すりとステップなどを装着
    手すり、ステップなどを装着。

    ・22:17
    点灯試験
    電装関係の動作試験。
    前照灯は例によって白色LEDに交換のうえ、導光材に着色です。

    ・22:21
    東急9000系9009F
    出来たε=(・ω・`)

    ・前面アップ
    前面アップ

    ・屋上
    実車に即してシングルアームパンタ
    パンタは実車に即してシングルアームタイプ。

    当然クーラーも載せ分け
    もちろんクーラーも載せ分けてますよ。

    かっこいい・・・
    登場から20年以上経っても見劣りしないデザインですな・・・。

    気が付けば大井町線の主力になりつつある・・・
    気が付けば大井町線の主力になりつつありますね。
    すでに8500系の4本を上回っています・・・。

    ちょっと前までは、大井町線内では異端児だった9000系でしたが、今ではすっかり見慣れた存在になりましたね。

    完全燃焼ε=(・ω・`)
    このグラデーション帯、ワタクシは好きですよ。



    ・2010/10/28追記
    メールにて「前面に何かが足りない」と指摘を受け、調査。
    何かが足りない・・・だと?
    一瞬何のことだか分からなかったのですが、すぐに気づきました。
    貼ってないほうがかっこいい気がするけど・・・
    前面貫通扉部分に、大井町線ステッカーを貼り忘れていたのです。
    正直、貼ってないほうがかっこいいのですが(・ω・)

    修正し、記念撮影。
    東急9000系9009F(大町線仕様)



    そういうことで、合宿期間をオーバーしてしまいましたけど・・・
    東急9000系9009F(大井町線仕様)、 完 成 (`・ω・´)




    ●まとめ
    こういうタイプの旅行は初めてでしたので、何を持っていくべきか、いつもと違う環境で上手く組めるか、多少の不安はありました。
    また、同行者が今回は友人ではなく先輩氏であることも、今までとは異なる点ですね。

    まぁ結果はこの通り、持っていったデカールの印刷が滲んでしまっていた為に、現地で完成させることは出来ませんでした・・・。
    帰宅してからの作業時間を考えると、それでも現地での完成はちょっと厳しかったかもです。

    周りに気を逸らすもの、例えばネット環境のあるPCが無いだけに、本当に模型作りに集中できたのではと思います。
    てか、二日目なんて朝から深夜まで、食事と風呂とトイレと8000系を見に行く以外はずっと作業を続けていたのですからw
    当然ずっと座布団の上で座りっぱなしなものですから、おかげさまで股関節と膝が痛くなりましたよ・・・。

    夜は「作業用BGM」をイヤホンで聞きながら作業していたのですが・・・、イヤホンのコードの長さが短くて、ちょっと動き辛かったです。
    イヤホンくらい1本買っておいても損は無いかな。


    ・今回運転した車はこちら
    トヨタ・ハイエース
    トヨタ・ハイエース
    左後輪の位置が分からんw


    ・合宿地、基、引き篭もっていた宿。
    いわゆる「貸し別荘」です
    いわゆる「貸し別荘」です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/26(火) 02:36:54|
    2. GM・東急9000系9009F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    困った・・・

    画像のアップロード容量が一杯になってしまった(・ω・`)

    今さっき、新たな模型製作の記事を書いていたのですが、画像を上げることが出来ず、どうしようかと考え中です。

    ブログ始めてから3年半、上げた画像の枚数は、下の画像を含め9206枚。
    やべぇ・・・
    上の画像の大きさが13KBなので、今の使用サイズは1023.96MBのはずです・・・。


    さて、どうしましょ(´・ω・`)
    1. 2010/10/26(火) 00:45:41|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[40:落成]

    前回気になっていた、連結器と幌との位置関係について。
    こんなパターンは初めて
    こんな具合で、連結器の頭よりも幌のほうが飛び出しているのです。

    試しに連結してみたところ・・・
    見た目は文句なしだけどね・・・
    幌はぴったり繋がって見た目はなかなかですが、この状態ではカーブを通過できないのは明らかですね・・・。

    とりあえず、幌のヒダ一つ分詰めてみましたが・・・
    とりあえずヒダ一つ分詰める
    それでも足りず、結局ヒダ二つ分詰めまして・・・
    こんなもんか・・・
    ようやくカーブを通過できそうな具合に隙間が出来ましたが、これでもR282mmではちょっと微妙な感じ・・。

    今までこんなこと無かったのでちょっとびっくりしましたが・・・
    元々連結器の頭端と妻面との長さが短い
    元々、連結器の頭と妻面との長さが短いのですね。


    それでは最終仕上げに入ります。
    まず、後付のステップを塗装しました。
    ステップを塗装
    手歯止めは黄色に塗り分けました。


    続いて、電装関係の動作確認。
    前照灯よし
    前照灯よし。

    尾灯よし
    尾灯よし。

    この段階で動力の動作も確認しました。

    最後に、ヘッドマークを作りました。
    ヘッドマーク
    こんな感じ。

    その裏側。
    その裏側
    円形のものはテープで、台形のものは実物同様手すりに引っ掛けて装着します。


    ●完成記念
    手前:8017F・奥:8039F
    手前:8017F
    奥:8039F

    ●8017F
    8017F
    39運行・特急 元住吉

    ●8039F
    8039F
    55運行・急行 渋谷

    ●先頭車
    先頭車は上下別に作り分け
    8017Fではヘッドマークの作り分け、8039FではHゴムの塗り分けと運行表示器の作り分けをしてみました。
    また、17Fと39Fで、屋上の配管の有無を作り分けを行いました。

    編成全体では、非軽量車と軽量車で屋根の作り分け、非軽量車の屋根も「ランボード無し」「ランボード有りで段差なし」「ランボード有りで段差有り」の3パターンを作り分けました。
    側面行先表示器も、小型と大型を作り分けしてみました。
    例によって床下機器も、それらしく並べ替えを行いました。



    思えば2年前、塗装に失敗してそれっきりだったのですが、今年はじめに発表された8500系リニューアルを機に、再度作ろうと思って手掛けてから4ヶ月半・・・。
    欲張って39Fも同時製作したりw、屋根の作り分けなど試験的要素も含まれてはいますが、無事に完成まで持ってくることができました。

    そういうことで、東急8000系8017Fならびに8039F、完 成 (`・ω・´)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/14(木) 22:26:45|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[39]

    前回残していた車番プレートと社章を貼り付けました。
    ナンバー貼り付け
    車番プレート、社章共にキット付属のステッカーです。

    室内灯を組込み、車体に屋根を装着してから床板と合わせ、その後にワイパーなどの小パーツを装着しました。
    ステップを追加
    場所によって車体と屋根がぴったり合わない部分もありましたが・・・
    この段階になって、乗務員室扉の下にステップを追加しました。

    で、前から気になっていた前照灯のレンズですが、前照灯パーツ付属のレンズを加工して、透明なゴム系接着剤で固定してみました。
    気になっていた前照灯のレンズも追加
    比較対象として、手前側に加工前の車体を並べてみました。
    実際に点灯させたときにどうなるかはともかく、ライトケースに穴が開いたような感じは無くなりました。

    妻面には貫通幌を装着します。
    貫通幌取り付け
    厳密には形状が異なるのですが、この幅広タイプの幌が汎用品として出ているだけでもありがたいですね。
    ただ・・・、なんか連結器よりも飛び出しているような気が・・・(・ω・ )

    組むものは組んで、貼るものも貼って、これにて完成・・・
    完成しそうで完成しない・・・
    としたいのですが、まだ追加したステップの塗装を済ませていないし、ヘッドマークもまだ手付かずの状態なので・・・
    それに組み込んだライトユニットと室内灯、動力の動作確認も終えてないし・・・。

    次の公休日には完成かな・・・?と思いつつ、完成しないこと今回で3回目くらい(´・ω・`)

    この状態なら次回の公休日には(ry...

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/11(月) 22:18:50|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[38]

    表記類のステッカーを貼りました。
    貼った
    運行番号は一旦適当なプラ片に貼り付け、前面ガラス裏側に接着して再現。
    それからライトユニットを装着しました。

    8017Fについては、行先表示は自作のものですが・・・
    大きすぎた・・・
    前面に関しては大きすぎたので、暫定的に一回り小さく切り出して貼り付け。

    側面ですが・・・
    何とかしたいけどどうにもできない・・・
    印刷条件を変えても全くダメでしたorz
    とりあえずそのまま貼り付け。

    キット付属のステッカーは当然ながら・・・
    付属のものは当然ながらクッキリ
    種別、行先共にはっきり読み取れますね。


    とりあえず、前面行先表示はどうにかなるとして、側面はこの状態が限界かなと。


    社章と車番プレートは疲れたので次回にでも・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/06(水) 22:13:55|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[37]

    本日はデジタルな工作です。
    ネット資料やら自前の資料やら・・・
    キットのステッカーには収録されていない行先表示などを自作してみます。

    もう気づいている方もいるかもですが、今回選んだ編成は8017Fと8039Fです。
    で、それぞれ最終運行の姿を再現しようと思っている訳です。

    まぁ流石に「その時」の行先・運番などまで収録されているわけも無く、無いものに関してはそれっぽく作ってしまいます。

    最初は半ば手抜きをしていまして、実車画像を縮小して印刷してみたのですが・・・
    うーん・・・
    やっぱり上手くいきません。
    特に側面行先表示なんて真っ黒orz

    結局、実車画像を元にそれっぽくトレースしてみました。
    それっぽくトレースしてみる
    側面行先表示はネット上の資料をそのまま、ヘッドマーク2種類については実車画像そのままです。

    これで印刷してみましたが・・・
    側面行先表示が・・・
    やっぱり側面行先表示が潰れてしまうんですよね・・・。
    印刷条件を変えながら刷ってみようと思っていますが、たぶんあまり変わらずかもです(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/03(日) 21:47:41|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    GMの東急8500系から8000系[36]

    異動だ何だでバタバタしていますが、こちらも少しずつ進めています。
    Hゴム
    Hゴムを塗りました。
    手前側がゴム塗装後、奥が塗装前ですが、この部分の塗りが決まると一気に引き締まりますね。

    帯なしのもう一編成については・・・
    上り方先頭車だけ灰色で
    上り方先頭車だけ、灰色で塗りました。

    続いて手すりを植えます。
    手すり植え込み

    横から。
    切妻だからこそ目立つ手すり類
    切妻構造の前面であるからこそ、手すり関係がよく目立ちますね。


    忘れないうちに、ライトユニットの光源を差し替えます。
    そのままでは前照灯がオレンジ色ですが、それが気に食わないもので(・ω・ )

    内蔵のチップLEDを交換しますが、そろそろストックが少なくなってきましたので・・・
    自作ライトユニット
    以前自作したライトユニットから貰うことにします。

    基盤からLEDを外します。
    丁寧に外す

    ユニット内蔵のLEDも外します。
    こちらはテキトーにw

    で、差し替え。
    付け替え
    GMストアでも白色LED搭載の基盤がばら売りされているときがありますが、滅多に出てこないし大量に買い占めるのも申し訳ないので・・・。

    で、このままでは前照灯などが白色に光ってしまうので、導光材を着色します。
    導光材側を着色
    クリヤーオレンジを塗りますが、前照灯側は薄く、種別灯側は濃く塗っておきました。
    ライトユニットはこれで準備完了です。

    車体に窓ガラスを装着し、集電板の組込み、台車に車輪を組んで床板に装着しました。
    窓ガラスも装着
    これで、残すはステッカー貼り付けとライトユニットの装着です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/02(土) 22:29:40|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0