赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    出勤前で

    本日公休なのでしたが、研修と安全祈願のため出勤。
    んで、安全祈願の後に新年会を行い、終了が16時の予定でした。

    16時といえば、日勤の日の退社時間とほぼ同じですので、それなら今日は「日勤」と割り切ってしまえと思い、朝から撮影に出かけてきました。

    @二子玉川駅~上野毛駅間
    6000系@二子玉川駅~上野毛駅間

    @二子玉川駅~上野毛駅間
    8500系@二子玉川駅~上野毛駅間(列車の走行区間は二子新地駅~二子玉川駅間)

    以上2枚は、五島美術館脇の「富士見橋」より撮影。
    背景にはちゃんと富士山も写っています。一応。

    右側の白い建物がどうしても気になるので、そのまま徒歩で多摩川の河川敷に移動しました。

    @二子新地駅~二子玉川駅間
    5000系@二子新地駅~二子玉川駅間

    何枚か撮りながら少しずつ移動し、ついには二子橋を徒歩で渡って神奈川県側へ。

    @二子新地駅~二子玉川駅間
    2000系@二子新地駅~二子玉川駅間

    この日は良く晴れていて気持ちが良かったです(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2010/01/27(水) 23:27:43|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    209系

    昨日の話しですが、本日で引退となる京浜東北線209系を撮ってきました。

    こいつも間もなく引退であろう京急1000形1375F。
    京急1000形1375F

    @新子安駅

    @新子安駅
    誰もいないホーム・・・。

    @蒲田駅~川崎駅間

    @関内駅


    ラストは関内から東神奈川まで乗車し、乗り納めとしました。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2010/01/24(日) 22:36:00|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[6]【Supercar】

    3日分溜め込んでいます・・・

    前回の続きから話を始めると、車体色を吹き付けた時に表面にブツブツしたものが発生してしまったわけでして・・・
    ぶつぶつな状態・・・
    こんな感じでです。

    んで、これは流石に見過ごせないので、とりあえず表面を均してみることにしました。
    あまり深く考えず、#1200程度のペーパーで表面を軽く磨いてみたら・・・
    意外とキレイになった
    あっさりブツブツは消えてしまいました(・∀・)

    調子に乗って、ボディのブツブツも同様に消していきます。
    ボディのぶつぶつも一旦消す
    ただし、こちらはやや頑固で、多少力を入れて磨いてようやく・・・ってな感じでした。
    なので、塗装は部分的に剥げている状態です。
    どうせもう一度車体色で塗装しますので、問題は無いのですがね。
    改めて拭きつけ
    今度は塗料を薄めに希釈し、一回の吹き付け量を多めにすることでぶつぶつを回避しました。

    ここから2日目の話。
    塗装が乾いたら、今度はマスキングを行って塗り分けの準備に入ります。
    今回は、マスキングゾルを中心に塗り分け線を作り、それ以外をテープで保護する方法で作業してみました。
    先にマスキングゾル
    直線部分ならマスキングテープのほうが良かったかな?なんて思ったりもしますが・・・。
    ゾル中心で作業
    こういう細かいパーツではゾルが役に立ちます。

    ところでここで使用しているクレオスの「Mr.マスキングゾル改」ですが、乾燥後ナイフでカットして不要部分を剥がせるそうなんですが、これがどうしても上手くいかないのです(・ω・`)
    場所にもよるのですが、「一応」切れ味のいいナイフを使って下地のプラにスジが入るまでカットしたつもりでも、ゾルが切れずに必要部分まで剥がれてしまうことが殆どなのですよね・・・。
    当初、床下の塗り分けはゾルをカットして行うつもりだったのですが、これが上手くいかないために、極細のマスキングテープで塗りわけを作って、その周囲をゾルで覆う方法を採っています。
    一部テープを塗り分けに沿ってカットしている場所もありますが、この方がストレス無く作業できていたりします・・・。
    結局マスキング方法を何度も変えたりしたため大幅に時間を食ってしまっています(´・ω・`)

    塗り分けが決まったら、その周囲をテープで覆ってしまいます。
    続いてテープで・・・
    こんな風に・・・
    マスク完了
    ボディも同じくですが、テープでマスクするにはめんどくさそうな場所(例えば三角形に開いた空間とか)はゾルを塗って省力化しています。
    こういう時、ゾルは便利です。
    ここまで作業ができた時、既に深夜1時近くなっていました(´*ω*`)
    しかも、この後突発で撮影に出かける下準備を行ったりしていたりしますw

    そして今日。
    突発で撮影に出かけた後の話です。
    これは塗装の第二陣とも言えます。

    この段階で、殆どのパーツに色が付きました。
    と言っても、大多数が半艶の黒ですが。
    第二陣
    黒以外で塗った物を挙げると・・・
    例えばブレーキローターとか・・・
    念のために塗装
    この部分はエッチングパーツを貼り付けるのですが、まぁ念のため。

    ホイールも・・・
    指示通りにスモークをかぶせる
    指示通りにスモークを被せていますが、これ、どの程度被せればよかったのでしょうか?
    箱絵と実写写真ではあまりに色が違いすぎて参考にならず、どっち付かずの中間的な感じにしてみたのですが・・・。

    そしてボディ裾とボンネットのガンメタル。
    ここはアクリル系塗料・・・
    このフロントバンパーの塗装中に、埃だらけの机の下に落下させてしまう事故があり、ピンセットでどうにか埃を除去してこんな感じです。

    ボディそのものについては特に問題は無く・・・
    この後さらに塗り分け・・・
    この後さらに塗り分けるためにマスキングを追加しますが、それは次回の作業とします。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/23(土) 22:42:58|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[5]【Supercar】

    珍しく明けで作業します。

    2色目を塗るためにマスキングを施します。
    パーツ自体が複雑な形をしていますので・・・
    塗り分けます
    マスキングゾルを使用して・・・
    マスキングゾルを使用
    マスキング。
    マスキング
    この段階で、塗り忘れているパーツがあることに気づきました(・ω・`)
    近いうちに再塗装ですね・・・。


    エッチングパーツにも塗装が必要なものがあるので・・・
    こちらもマスキング
    必要部分以外はテープで覆っておきました。

    眠くなってきたので、作業はここで中断しています・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/19(火) 22:54:22|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[4]【Supercar】

    一週間ぶりに作業再開です。

    前回までにサフ吹きは完了していますので、いよいよ塗装作業に入ります。
    ただし、2色以上に塗り分けるパーツも存在しますので、今回はその一色目の塗装となります。

    塗装中はこの一枚しか写真は撮っていませんが・・・
    銀+夕日
    列車に限らず、「銀色+夕日」の組み合わせは好きです(・ω・`*)


    作業時間で4時間ほど掛かって、今回分の塗装を終わらせました。
    その仕上がり具合はというと・・・

    まずは艶消しの銀。
    艶の無い銀色
    本来タミヤカラーのフラットアルミで塗るところですが、余っていたアルクラッドカラーのALUMINUMで塗ってみました。

    続いて車体色。
    一見きれいに見えるけど・・・
    本来缶入りのスプレー塗料なのですが、一旦取り出した上で吹き付けています。
    ぱっと見問題なく塗装できているように見えますが・・・
    ぶつぶつ発生・・・
    あらら・・・
    こちらも・・・
    こんな風に、表面に粒状のデコボコができてしまいました・・・。

    本来メッキが施されていたパーツには、ガイアノーツのスターブライトシルバーを吹きました。
    ピカピカ
    もちろん希釈には同社のメタリックマスターを使用しています。
    メッキには及ばないけど・・・
    流石に元のメッキには及びませんが、それでも充分な仕上がりです。


    そのほか、塗り分けが必要なパーツについては、先に明るい色を吹いておきます。
    例えばシート。
    先に赤を・・・
    縁につや消しの赤を先に吹いておき、その後で黒を吹く予定です。

    足回り関係も同様に・・・
    以外だったメタリック系カラーの発色の良さ
    ダンパー部分は青、ブレーキキャリパー部分はメタリックブラウンで塗装しておきました。
    この「メタリックブラウン」ですが、メタリックの粒子が細かく発色が良いです。
    塗装に際しては、いずれも専用溶剤に加えて、最近同社よりリリースされたペイントリターダーを添加しました。


    次回はマスキング作業の予定です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/17(日) 23:10:17|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    停滞中・・・

    最後の更新から1週間経ってしまいますが、今週7日間は二徹も含んで連続で出勤している状態なんですε=(・ω・`)

    で、「明け」の日は完全に睡眠不足な状態ですから、塗装など失敗すると後がめんどくさい作業はあまり行いたくはありませんので、今現在作業が止まってしまっているわけです。

    次の休みは日曜日なので、その時に作業再開できればな・・・と考えています。
    1. 2010/01/14(木) 22:30:44|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    福袋⇔欝袋

    下記のサフ吹きつけ作業が終わって暫く、こんなものが届きました。
    2年ぶり
    トラモフレートで予約していた「迎春・福箱」です。
    去年は特にアナウンスされていなかったので、2年ぶりの登場です。
    中身はお楽しみ・・・
    さて、今年はいかがでしょうか(・ω・ )


    それでは開封です。
    御開帳

    まず、2つ折りのダンボールに「インレタ」と書かれたシールが貼ってあるブツが。
    気になる「インレタ」の文字・・・
    あれ?インレタなんて注文した覚え無いぞ・・・と、中身を確認すれば・・・
    4つまでしか購入できず
    ちゃんと注文の品が入っていました。
    これ、レボリューションファクトリーのエッチングパーツです。
    とりあえず注文制限いっぱいの4つ、20両分です。


    緩衝材ごと中身を取り出しました。
    中身一式


    中にはトミックスのオリジナル卓上カレンダーが入っていました。
    卓上カレンダー

    ・・・それでは、仕分け開始(・ω・´)


    ・・・


    (・ω・)アッ・・・

    (・∀・)ニヤ・・・

    (゚∀゚)ニヤニヤ



    キタァーーーーー(゚∀゚)ーーーーーッ!!


    今年はこんなのが入っていました。

    ●編成もの
    編成モノ
    トミックス・JR E233-0系通勤電車(中央線・T編成)基本セット
    トミックス・JR E233-0系通勤電車(中央線・T編成)増結セットⅡ
    トミックス・EF81 トワイライトエクスプレス基本セット
    トミックス・24系25形特急寝台客車(トワイライトエクスプレス)増結セットA
    トミックス・24系25形特急寝台客車(トワイライトエクスプレス)増結セットB
    マイクロエース・721系100番台半室uシート車6両セット

    意外だったのが、トワイライトエクスプレスがフル編成で揃ったことですか。
    実はこいつの旧製品が手元にありまして一瞬ヒヤッとしたのですが、車番も違うし、車体への印刷精度も恐ろしく差があるので、全くの別物と考えています。

    721系も被ったと思ったのですが、こちらも形態違い(3+3両の3000番台か6両貫通の100番台)なのでセーフ。

    E233系は中央線仕様ったことなので、被りなし。
    ただし、増結セットⅠを追加で購入しなくてはいけなくなったのは事実orz


    ●単品もの
    単品モノ
    カトー・ED10暖地形
    トミックス・国鉄 コキ50000形
    トミックス・国鉄 コキ50000形(コンテナなし)(2両セット)
    トミックス・国鉄 コキフ50000形(コンテナなし)
    カワイ・タキ5450(保土ヶ谷化学工業)

    DE10が出てきたのが以外の一言。
    過去に買おうか悩んだモノだけあって、これは驚きです。
    タキ5450は、形式こそ被ってますが、所有の会社が異なるので問題なし。
    コキ50000形系列だって、大量に連結して適当なカマに牽かせりゃまた一興。
    ってか貨車に関しては被ってもダメージが無いのがいい所(コキスパイラルとも言う)。

    ●車輌キット
    キット
    グリーンマックス・京浜急行新600形タイプ

    車輌キットはこれ一つだけでした・・・。
    もっと入れてくれたって良いのに(・ω・`)
    でも、これでエアポート快特の再現が可能となりましたが、そうするには増結中間4両を買ってこなくては・・・。
    600形タイプとされているのは、窓割が1500形のを流用しているからだそうです。


    ●ストラクチャ・コレクション関係
    ストラクチャー・コレクション関係
    グリーンマックス・ビジネスビルA黒茶色(吹き抜け)3F基本セット
    グリーンマックス・乗務員詰所
    トミーテック・駅B
    トミーテック・ザ・バスコレクション 第13弾
    藤本サービス・Nジオコレクション 特殊車両シリーズ第1弾


    はい、この辺あまり詳しくないので、ブラインド方式のバスコレと特殊車両の中身を確認してみます。

    ・バスコレ
    沖縄バス
    三菱ふそうMP117K 沖縄バス

    ・特殊車両
    マカダムローラー
    酒井重工MW700 振動マカダムローラー


    以上、ワタクシの所に届いた「福箱」の中身でした。



    この中で、ちょっと気になったことがありまして・・・
    どっかで見たことある書体
    この「2101」の数字の書体、どっかで見たことがあるのですが・・・
    これに限らず、最近リニューアルされたパンタの包装箱などもそうなんですが・・・
    2000系
    たまたま「2101」繋がりでこのクルマを出してきましたが、要するに旧国鉄で採用されていた書体をモチーフにしたようです。

    そんだけです(・ω・)
    1. 2010/01/09(土) 23:24:38|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[3]【Supercar】

    午前中に買い物に出かけ、延長コードやら壁用スイッチやらアルミダクトやら・・・、なんかいろんな物を買い、さらに不足する塗料(これは模型用)なんかを入手してきたのですが・・・。
    求めていた塗料のうち1色を買い忘れるというお粗末(´・ω・`)

    しかも、ボディの一部に使用するので、それが無いと進まない分けでして・・・。

    いいえ、実はその色は今現在「持っている」のですが、アクリル系塗料なので、なんとなく心細いのです・・・


    帰宅後は、とりあえずサフ吹きを行うことにしました。
    サフは、タミヤのファインサーフェイサーを使うのですが、今回からは一旦瓶に取り出して、エアブラシで吹き付けを行うことにしました。
    その吹き付けのためだけに用意したのがこちら↓
    サフ吹き専用
    HGエアーブラシワイド。
    ノズル径が0.5mmなので、サフの吹き付けにはよさ気な感じがしたのです(・ω・)


    あとはひたすら吹き付けを行い・・・
    吹いた直後
    一通り終わった状態。



    さて、前々から「エアブラシでサフを吹き付けると梨地になりやすい」と聞いていましたので、今回その仕上がりに不安があったのですが・・・
    梨地は回避できた模様
    今回は無事にクリアできたようです。
    とりあえず一安心ε=(・ω・`)


    乾燥させて、次の作業に備えますが・・・
    乾燥させます
    ワタクシ明日から7日連続で勤務なので、次の作業(と言ってもまた塗装)は最悪7日後ですね・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/09(土) 21:19:42|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[2]【Supercar】

    それではパーツの切り出しに入ります。
    さて、どこから始めようかな・・・
    最初はどこから手をつけようか考えてしまいましたが・・・
    とりあえず説明書の順で出てきた順にパーツを切り出していくうちにサクサクと進みまして・・・
    切り出し完了
    約2時間半掛かって切り出しは完了しました。

    ここで、メッキパーツの銀メッキはすべて落としてしまいます。
    漂白剤(いわゆるキッチンハイターってヤツ)と水を1:1程度で混ぜた水溶液にパーツを浸すと・・・
    メッキは一旦落す
    こんな感じで簡単にメッキが落ちるのです。


    切り出したパーツは一旦洗浄します。
    例によって超音波洗浄機で洗浄
    例によって超音波洗浄機を使って洗うのですが・・・
    入らない・・・
    シャシーは容器の中に納まらず・・・

    ってことはもちろん・・・
    はみ出し万歳w
    ボディも容器の中に納まりませんでした(・ω・)

    細かいパーツはまとめて容器に投入・・・
    まとめて投入

    洗浄機から引き上げた後は、流水で洗剤分を洗い流し、水気を切っておきます。
    洗浄完了


    続いて、塗装しやすいように「持ち手」を装着しました。
    持ち手を装着
    おおよそ、各部位毎に(フロントアップライト関係、内装関係など)、塗装する色毎に(車体色、黒、銀、その他)に分けて持ち手を装着し、効率化を図ったつもりです。

    これで塗装の準備は整いましたが、最後に・・・
    今のうちに貼っておく
    窓パーツには今のうちにマスキングを施しておきました。


    次回はサフ吹きの予定です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/08(金) 22:19:07|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[1]【Supercar】

    さて、新年一発目に手がけるクルマは・・・

    タミヤのカーモデルを組むのは数年ぶり
    タミヤ・NISSAN GT-R
    この手の模型を手がけるのは数年ぶりのことです。

    それまでは、説明書の順番どおりに組んでいたのですが・・・
    説明書
    今回は、塗装だけは纏めて一気に行い、それから順番に組んでいこうと考えています。
    なので、最初にすべてのパーツを切り出すわけなので、不安と言っちゃ不安なんですが・・・。

    最初に、ボディに残ったパーティングラインを・・・
    パーティングラインは・・・

    消しました。
    消去してしまいます

    たとえ精度の良いタミヤと言えども、これはどうしても残ってしまうものです。
    が、なるべく目立たない位置にラインを持ってきているあたりは流石タミヤ。

    #800のペーパーでラインをなぞるように削っていきますが、ちょっと段差が目立つところは少し荒いペーパーを使って削ってしまいます。

    作業時間にして1時間半ほどですが、始めた時間も遅かったので、今回はここで一旦終了。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/01/07(木) 23:09:09|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    窓用換気扇

    模型の塗装等で、必ず発生するシンナー臭。
    こいつをなるべく早く、かつ効率的に部屋から追い出せないか・・・と考え、なにかいい方法はないかを探しているうちに「窓用換気扇」を設置しようと考え付きました。

    多種多様な換気扇が出回っているようで、あれも良いこれも良いと悩みましたが、最終的に2種類の換気扇を導入することにしました。

    まず1種類目は、高須産業の「ウィンドゥ・ツインファン」です。
    窓の幅より、最小取り付け幅が極僅かに大きく、取付けできるかどうか不安でしたが・・・
    ちょっと誤算がありまして・・・
    案の定、そのままでは装着できなかったので、一旦分解して・・・
    ピッタリ過ぎる・・・
    どうにか装着することは出来ました。
    ワタクシの部屋の窓は上下に開くタイプですので、どうしても横向きに装着せざるを得ないのです。
    運転してみると、ブォーっと音を立ててファンが回転します。
    リモコン付なので、離れた場所からでも操作できるのが便利ですね。


    2種類目は、東芝の「VFW-15X2」です。
    パネルの長さが・・・
    これは作業机に隣接する窓に設置して、その周囲を集中的に換気することを目的に導入しました。

    設置したところ、パネルの長さが足りず、隙間が出来てしまっています(・ω・`)
    ただし、塗装ブースの排気用ダクトを通すスペースが必要なので、今現在はこのままで良しとします。

    当初は排気ダクトを差し込めるようにパネルに丸穴を開けて・・・なんて考えていましたが、だんだん妄想が大きくなってしまい、今現在は塗装ブースのファンユニットの交換やコンプレッサーの恒常設置場所の確保も含め、塗装環境の見直しを思索しているところです。
    1. 2010/01/07(木) 22:46:37|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    缶入り to 瓶入り

    実は、ほぼ1年前にほぼ同じ内容の記事を書いていたりします(・ω・)

    要するに、スプレー缶の中身を取り出して空き瓶に詰め替える、ちゅーことです。
    瓶の小ささが気になるところ・・・
    手ごろなサイズの空き瓶と、移し変え対象のスプレー塗料を用意します。
    空き瓶には、タミヤのアクリル塗料ミニのものを再利用していますが、これではスプレー塗料の中身を全て入れることは出来ませんでした・・・。

    では早速移し変え作業へ入ります。
    要は、瓶の中に直接スプレーするだけなのですが、それでは周りに塗料が飛び散ってしまうので・・・
    チューブ装着
    長さ5cm程度に切断したチューブをスプレーのノズルに装着しましてから・・・
    吹き込みイメージ
    瓶の中に向かってブシューっと吹き入れていきます。

    吹き入れる量が増していくと・・・
    ガス放出中・・・
    塗料の中に溶け込んでいた高圧ガスが放出されるため、塗料からは絶えず泡が出てきます。
    この後瓶の周りでも変化が起こるのですが、それは後ほど。


    続けて、サーフェイサーも瓶に移してしまいます。
    今回はサフも移し変え
    方法は同じくで、ノズルにチューブを装着して・・・
    吹込み中・・・
    瓶に吹き込むだけです。


    さて、瓶に注目してみると・・・
    だんだんと・・・
    サフが細かく飛び散って瓶が曇ってしまって・・・ではありません。
    瓶が自ら冷えていき・・・
    よ~くみると・・・
    霜がつく
    これ、霜なのです。

    塗料中に溶け込んでいたガスが放出されるとき(つまり気化するとき)に、周囲から熱を吸収するために起こる自然現象です。
    もちろん意図的に冷やしていたりはしません。


    ある程度ガスが抜けると、その分内容物の体積も減ります。
    ガスが出た分嵩も減る
    サフを吹き込んだ左側の瓶を見ていただければ分かりやすいと思います。
    最初に吹き込んだときはもっと嵩がありましたが、ガスが抜けた分瓶の容量に余裕が出来ています。
    継ぎ足し・・・
    なるべく多くの塗料を移し変えたいので、追加で吹き込んでおきました。


    んで、泡が出なくなったら終了・・・としたいところですが、この段階ではガスは完全に抜けてはいません。
    密閉はしない
    なので、瓶のふたは緩くしておきます。

    この状態でしばらく放置しますが、いつまでもその状態だと今度は必要なシンナー分も気化してしまいますので、ガスの様子を見ながら、最終的にはしっかりと蓋をして作業完了です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/01/04(月) 22:43:07|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    塗装ブース清掃[4:終了]

    泊まり一本分シンナーに漬け込んでいるフィルターですが・・・
    帰宅すると、部屋中シンナー臭くなっていまして(゚∀。)
    様子が変・・・
    タッパーを見ると、蓋が変形していました(・ω・)
    タッパーを持ち上げてみると、底面がシンナーまみれになっていまして・・・
    ありゃー(゚∀。)
    さらに、机上のゴムマットもシンナーを吸って変形している状態に・・・
    マットを捲ってみれば、シンナーはマットの下にまで染み出していました・・・(´・ω:;.:...

    どうやらタッパーから「染み出て」いたようです。


    タッパーごと外に持ち出して、フィルターを水洗いし、さらにもう一度タッパーの中で揉み洗いして、再び水洗いをして乾燥させます。
    だいぶきれいにはなった・・・
    だいぶキレイにはなりましたが、塗料汚れは完全に落ちてはいません・・・。
    フィルターを交換すればこんなに手間はかからない筈なのですが、このフィルター自体が既に販売されていないようで、結局は再利用する方向で考えないといけないのです・・・。
    これと似たような素材が売っていれば、それに置き換えることも視野に入れています。


    フィルターを本体にセットしまして・・・
    さて、今年は何を作ろう?
    前面パネルなどを装着し、作業完了。

    さて、今年は何を作ろうかな(・∀・)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/01/02(土) 23:44:50|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    あけましておめでとうございます

    あっという間に1年経ってしまいましたね・・・

    とりあえず年賀状代わりに1枚。
    かつての面影を残す唯一のクルマ
    8500系8606F@高津駅~溝の口駅間
    1. 2010/01/01(金) 00:09:22|
    2. 私事・その他雑
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0