赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    縁の下の・・・

    続く言葉は「力持ち」でも「ポニョ」でもありません。

    ひとまずライトユニット関係の工作は一通り終わりましたので、今度は床下機器の工作へと進みます。
    ただし、これもすんなりと作業を進められる確立は0に近いですorz
    まず・・・、いままで手掛けた車輌を振り返ってみます。
    ・Bトレ小田急9000形
    小田急9000形

    ・Bトレ東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    東急7200系

    どちらも「床下機器」という概念は不要でした。
    台車も床下機器に含まれるのでしょうが・・・、これはまた別の話です。

    次に、キットの床下パーツは8000系とはまるで違うため、機器の並び替えや追加を必要とします。

    最後に、上記の理由から、実物を参考にしたくても、現在8000系はすべて引退してしまったため、今となっては実車を目で見て参考にすることは不能です。
    部分的には8500系を参考にすることができますが・・・、全体の機器の配置も含めて全てが同じではありません。
    なので、ネット上で公開されている8000系の画像の中から、床下機器の配置が確認できるものを探し、それを元に作業をする必要があります。
    とはいっても、全号車を真横から、それぞれ山側、海側より撮影した画像など、そう都合よくあるわけもなく、最終的には想像で「それっぽく」配置するしかないようです(´・ω・`)

    というわけで、タイトルの後に続く言葉はワタクシに言わせれば厄介者です。


    まぁ、グダグタと愚痴っていても何も進まないので、とりあえずキットの床下パーツを用意します。
    「形が分かりやすいから」という理由で、GM営団6000系キットに入っていた、グレーの床下パーツを使用します。
    「各自工夫」にも程が・・・
    こいつを、8000系の画像を参考に、「それらしい」部位を切り取ります。
    とりあえず、配置までは考えず、必要なパーツを集めていきます。
    もう元には戻せない・・・
    ところが、同じ形式なのに、床下配置が異なることに気づいてしまいました・・・。
    法則性がないかを明確にするため、集めた画像から、各形式・各号車毎に機器配置を紙に書き出してみました。
    ここで新たな発見が・・・
    8000形の奇数車と偶数車、8200形の2・4・6号車が、それぞれ異なる機器配置でした。
    ただし、異なる配置の中でも、共通して見られる位置に機器があることなど、多少手間を減らせそうな予感がしました。
    そこで、、全車両に共通して存在する機器と、それぞれの形式に共通して搭載される機器とで分け、さらに各形式ごとに搭載される機器を組み合わせて再現できればと考えています。
    また、8200形に関してはその中で共通している機器をベースに、号車毎に機器を付け足すなどして再現できれば・・・と考えています。


    あらかじめ、機器そのものにも多少手を加えてみます。
    例えば、主抵抗器は、キットの状態では数が多すぎ、一個一個の間隔も狭く配置されています。
    実際には8個+ちょっと大きめのが1個の、合計9個が床下に並んでいます。
    そこで無謀にも、一個一個分離してみました。
    8000系列の特徴でもある
    ちょっと大きめのは、抵抗器を二つ用意し、それぞれ縦に3等分に切断します。
    ニコイチにします
    それぞれの抵抗器から、両端と中央部を使用し、いわゆる「ニコイチ」にしてしまいます。
    切断面を整えつつ、3ピース合わせたときの大きさを調節します。
    ここは慎重に・・・
    接着。
    切り継ぎ痕が・・・
    向かって右側が加工品です。
    まぁ、自己満足の世界ですけど・・・。

    さらにこの後、別の車輌から機器をコピーする予定でしたが、意外と時間を取られてしまい、今日はここまでとなりました。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/30(水) 22:32:17|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    電装関係に手を加える

    集電板押さえを作ります。
    仮止め状態
    最初は、プラ片を組んで、集電板押さえを作ってしまおうと考えましたが、それ自体を設置するスペースの無さに閉口。
    最悪、床板と集電板、集電板と錘をゴム系接着剤を使って同時に固めてしまうことも考えました。
    その辺も踏まえて、錘を仮載せしてみると・・・
    最悪こんな感じ・・・
    この瞬間、名案(迷案w)が浮かびました。

    錘自体が、集電板押さえを兼ねている事に気づいたのです。
    ならば、これを生かすためにするべきことは・・・
    まず、集電板と錘を絶縁するために、t=0.13mmのプラシートを用意します。
    なるべく薄い素材で・・・
    これを、このような↑形に切断し、集電板の上に載せます。
    錘が載る部分をカバーする
    錘を載せます。
    基本構造を見直すことも大切
    そうです。GM板キットの標準的な錘の載せ方です。
    今回は、床板と錘の間に、集電板とプラシートが挟まっているだけなのです。
    錘の固定ですが、左右方向は説明不要でしょう。見てのとおりですからw
    前後方向も、元からあったストッパーの一部(集電板が通る個所)を切除している以外は、そのまま使用しています。
    あとは、キット付属の「オモリドメ」を説明書どおりに接着するだけです。
    ただし、錘の設置高さが、集電板とプラシートの厚みの分だけ高くなっているので、t=0.4mmのプラ片で調節をします。
    最終的な固定は、床板塗装後を予定しています。



    標識灯関係の工作も行います。
    まず、光源からライト部分への導光ですが、今回は導光器とレンズを一体化したものを使用します。
    なので、プラ板などはこのような感じに切り出します。
    丸棒は接着して形成
    これを、車体前面のレンズ部分に押し込みます。

    で、光らせようと床板を弄っているときに気づいたのですが、前回台車に取り付けた集電板押さえが、ほぼ全て取れてしまっていました(´・ω・`)
    なので今回は、集電板にt=0.13mmのプラ片を瞬着で固定し、さらに台車へはゴム系接着剤を用いて固定する方法に切り替えました。
    今度は、隙間を埋めるような感じ


    レンズの有無で比較
    レンズが入るとまた印象が変わる

    レンズ取り付け後の点灯イメージ
    光が漏れているのは仕様orz
    今後の課題は「遮光」ですね。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/27(日) 22:29:37|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    マイクロED42にナックルカプラー

    二徹明けで、8000系関係の工作はまったく進んでいないので・・・
    代わりに、マイクロエース製ED42に、カトーのナックルカプラーを取り付けたものを紹介します。
    今回は試作的意味合いも・・・

    使用するのは、お店で見つけた「ナハフ111かもめナックルカプラー」です。
    7/26:ナハフひゃくじゅういち→ナハフ11に訂正
    まずはこいつを組みます。
    小さい故に作業し難い・・・

    ED42の台車を外します。
    目立つ・・・
    アーノルドカプラーが目立ちます・・・。

    ナックルカプラーと台車を並べてみます。
    おや・・・?
    ん?
    なんか・・・いい感じにはまりそうだなと思い・・・
    アーノルドを外すときと逆の要領で
    アーノルドを外したときと逆の手順で、カプラーポケットにねじ込んだところ、ぴったりと収まりました。
    さらに、カプラー付属の「ピンの付いたフタのようなもの」も、カプラーポケットの上から押し込むと、これもまたいい感じに収まったのです。
    ただし、はまり具合がきつい個所があり、そのまま押し込むとポケットが歪んでしまうので(見た目の問題ですけど)、その部分はカットします。

    結果としてはこのとおり。
    だいぶマシになりました
    上から
    差は歴然
    だいぶ落ち着きました。
    このときに気づいたのですが、カプラーポケットにエアホースのモールドがあります。
    大きなアーノルドカプラーが、その存在を隠してしまっていたのですね・・・。


    まぁ、これはあくまでも試作ですので・・・、この1両しか加工は行っていません。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/24(木) 21:56:37|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ライトユニットを作る【仕上げ】

    昨日の段階で形になったのは1両のみなので、もう1両分も作業をします。
    2回目なので、昨日よりかはスムーズに事が進みました。

    まずは仕切り板を作って・・・
    仕切り板

    集電板を加工します。
    不要部分を切り落とす

    基盤に付いていたLEDを外し・・・
    仮止め
    所定の位置にチップLEDを仮止めします。
    仮止めには瞬着を使用しています。
    ついでに、洋白線もあらかじめ曲げ加工をしておきます。

    半田付け。
    最厚でも5.0mm未満しかありません
    1本の洋白線が、基盤の上下に回り込んでいます。
    当然ですが、前照灯と尾灯は、並列に繋ぎます。

    ・小さいチップLEDに、洋白線で「足」を生やす方法
    まずは、適当な大きさのプラ片に、チップLEDを固定します。
    瞬着剤使用可能です。
    まずはマトモに持てるように・・・

    L字に曲げた洋白線を、プラ片に固定します。
    もちろん、LEDの端子と接触するようにします。
    仮止めにはマスキングテープを使用

    クリップで、洋白線とプラ片を同時に挟みます。
    これ、持ち手を確保するためでもあります。
    半田付けし易いように

    半田付けします。
    成功しますた
    多少プラが溶ける臭いがしますがw、よほどプラを溶かさない限りは問題ありません。(ハズです)

    LED本体を摘み、プラ片から外します。
    完成
    あとは好きなように加工するのみです。


    基盤の台座には、さらにプラ棒を重ねて、高さを5.0mmとします。
    計算上は5.0mmのはず・・・

    高さは計算上、[0.5+0.5+0.5+0.5+{0.5}]+0.5+0.5+<1.5>=5.0(mm)のはずですが・・・、測ってみると5.5mmあります・・・。
    なので、仕切り板がはまり込むように溝を設け、その部分の高さを5.0mmとなるようにしてみました。
    前回の台座も見栄えを改善しました


    台車をちょっとだけ弄ります。
    無理矢理集電台車にしたものの・・・
    見てのとおり、台車集電板は、上から溝に入れているだけで、なおかつ溝の幅も大きいので、集電板の振れ幅が大きく、よく車軸の溝から外れてしまうことが見られました。
    なので、簡単に板押さえを装着してみます。
    t=0.13mmのプラシートを、4.0mm四方前後に切り出し、一辺をV字型に切り込みます。
    これを、ボルスター部分にくっつけます。
    ひっくり返しても板は落ちない
    右側(凹型のプラ片)は試作段階のものです。
    まぁ、この試み自体が試作的意味合いが強いですが・・・。

    ・ショータイム
    1両目(前照灯・急行灯点灯)

    2両目(尾灯点灯)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/21(月) 23:25:51|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ライトユニットを作る【光源搭載方】

    前回の続きです。

    乗務員室仕切りを簡単に作ってみます。
    それっぽく見えればいいのです・・・
    なんか妙なサイズですが、これ、床板から5.0mmの高さに取り付けて、「らしく」見えるようにしているためです。
    さらに、U字アングルを取り付けます。
    実は、かなり重要なパーツとなるのです
    仕切りとアングルとの間に空洞を作ってやるのです。

    8.0mm×1.6mmのプラ片を、仕切りに対して垂直に接着します。
    仕切りは前面より8.0mm後ろに設定
    U字アングルで出来た空洞を塞いでしまうので、この部分はφ=0.5mmのドリルで開口します。

    仕切りパーツですが、取り付けイメージはこんな感じです。
    仕切りは最後に塗装する予定です
    ぴったり収まりました。


    さて、ここからは電装関係の工作です。
    前回弄った集電板の、もう一方の端を切り落とします。
    バッサリと
    んで、小さいほうの断片を、幅01.0mmに切り出します。
    細いです・・・
    例によって、リューター+丸鋸で作業しました。


    いよいよ最大の敵、LED置換作業です・・・
    まずは、元のLEDを外します。
    撤去
    で、チップLEDを基盤に仮止めして、洋白線をリード線として半田付けします。
    半田付けは相変わらず・・・(´・ω・`)
    こうやって・・・
    小さくて作業しにくい・・・
    元LEDが半田付けされていた穴に、2本の長めの洋白線を差込み、その両端にLEDを半田付けしています。
    基盤をはさんで、LEDが上下に位置するようにします。
    極性に気をつける
    上側が前照灯、下側が尾灯となります。

    さらに、急行灯への配線も行います。
    基盤前端から8.0mmの位置に、先ほど作った仕切りの「U字アングルと同じ間隔」の場所に穴をあけ、その穴に、洋白線を「垂直」になるように半田付けします。
    裏から差し込んで、安定性を狙ったつもり・・・
    表側はなんか混み合っていたので・・・裏側に半田付けして、穴を通って表へのばしています。
    垂直に・・・
    ここまでは、まぁ順調に進んでいました・・・。

    急行灯側のLEDには、短めの洋白線を半田付けして、前後は基盤搭載のLEDと同じ位置になるように、また、洋白線のもう一端はU字アングルと同じ間隔となるように、上手いこと線を曲げて「足」を作りました。

    んで、下の画像を見て欲しい・・・
    結局、急行灯は常時点灯としました・・・でも・・・
    左下には急行灯用LED、中ほどには集電板を1.0mm幅に切り出した胴片、右上には仕切り板があります。
    仕切り板にはU字アングルで作った空洞があります。
    ここに、胴片を差し込みます。
    さらに、急行灯用LEDの「足」を、仕切り板の穴に差し込みます。
    さらに、基盤から垂直に伸びた線も、仕切り板の反対側の穴に差し込みます。
    つまり・・・
    実は予想以上の出来の良さw
    このように、仕切り板を介して、基盤から離れたLEDへと給電させているわけです。

    自分で言うのもアレなんですが・・・、ここまで上手く出来るとは思わなかったのです(・ω・`*)
    汚ねぇwww
    その代わり、机の上はカオスな状態でしたがwww

    おしまいに、仕切り板の高さを決めるためのゲタを、基盤の台座に追加します。
    台座の見栄えが悪くなった・・・

    ●点灯イメージ
    ずれてる・・・
    無事に光ってくれました(・∀・)

    ●取り付けイメージ
    後ろから
    見た目頼りないですがorz

    小型化にも成功
    窓からライトユニットが見えることはありません。
    あ、上から覗いたときは別ですよw

    塗装すればさらに良くなる・・・か?
    ついでにシースルー化も実現。

    仕切りにピントを合わせ・・・られずorz
    車体が載ると、殆ど目立たない・・・


    参考:カトー E531系
    流石にコレはまねできない・・・

    運転台も再現されている

    仕切りの中を導光器が通る

    カトーの場合、床下にライトユニットを設置し、そこから導光器を仕切り板の間に通して、運転台上部に光を導いています。

    今回自作したユニットは、リード線を仕切り板の間(というか、U字アングルで作ったスペース)に通して、運転台上部のLEDを発光させています。

    カトーのように、導光器を精度よく加工できれば、自作でもカトーと似たような方法を採ることができるかもです・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/21(月) 00:22:48|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ライトユニットを作る【基盤の固定方】

    膨らませた構想が萎まないうちに形にしてしまいます。

    今回は、床板に基盤を固定するところまでを実現しました。


    まずは、基盤の設置位置を考えます。
    ここでは・・・
    ・基盤は床板に対して水平
    ・基盤前端と床板前端を合わせる
    ・高さは2.0mm
    としました。

    まずは、基盤の高さを決める台座の製作です。
    t=0.5mmのプラ帯を、1.3mm×3.0mmに切り出し、これを8枚(/1両)用意します。
    プラ板から切り出すよりも楽
    切り出したプラ片を、4枚重ねに接着し、t=2.0mmのブロック状にします。
    どうしても断面は揃いにくい・・・
    まぁ・・・そう巧く断面が揃わないので・・・、軽くヤスリがけをして整えます。
    1.3mm×3.0mmよりも気持ち多めに切り出して、断面を整えながらサイズをそろえると、きれいに仕上がるかもです。
    んで、このブロック状のブツをもう一つ作ります。

    床板には、基盤後端(A)と、線路方向の中心から2.5mmの位置(B)を記します。
    このスペースに基盤を載せる
    (A)よりも先端側、(B)よりも外側の位置に、先ほどのブロックの2辺を合わせて接着(=もう後戻りできない)します。
    接着後は修正がメンドクサイので・・・
    ブロックの、長手方向外側に、0.5mm×1.0mmのプラ棒を接着します。
    だんだん形が見えてキター
    プラ棒は、幅が1.0mm側の面を接着します。
    言い換えると、プラ棒の高さが0.5mmとなるようにするわけです。
    さらに、基盤のストッパーとなる(予定の)背板っぽいものを取り付けます。
    コレは無くても大丈夫かも・・・
    ブロックの断面に合わせて切り欠きを設けます。

    試しに基盤を載せてみます。
    ぴったり
    僅かなはめ込み抵抗があると、安定するかもです。
    気になる高さですが・・・
    LEDはチップ型に交換しますので・・・
    狙ったとおりです。
    ちょうど、前部標識灯と後部標識灯との間に、基盤がセットされました。


    さて、今度は集電板を弄ります。
    この辺は現物合わせなのです・・・
    集電板の、黒く塗りつぶした個所を切り落とします。
    今までなら、カッターで根気よく線を何度もなぞっていましたが、今回はリューターに丸鋸を装着して・・・
    回転してない故、ツッコミ不可w
    あっという間に作業完了とさせていただきました(・ω・´)

    曲げます。
    何度も曲げると切れてしまう・・・
    さらに曲げて、このような↓形にします。
    GMの集電板は都合のいい形なのでした。
    ちょうど、基盤の台座と集電板とで、基盤を挟み込む感じになります。

    台車をはめ直し、線路から給電されているかを確認します。
    まずは一件落着
    光りました(・∀・)

    もう一両分も加工します・・・メンドクセェ・・・
    それでも先は長いのです・・・
    余分な集電板は、最後の最後で切り落とす予定です。


    さて、この後ですが、LEDのチップ化と、尾灯、急行灯増設など・・・、重い加工が続きます・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/19(土) 23:37:04|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    膨らむ構想⇔進まない作業

    まず、求めていた東武8000系の床下パーツですが、いわゆる「汎用品」であることが分かりました・・・。
    つまり、これ以上床下パーツを探す必要は無くなりました。

    ここで、床下パーツを探していた経緯をちょっとだけ振り返ると・・・
    現在製作中の東急8000系8017Fの床下を、実物と近づける作業を行っています。
    方法としては、キット付属の床下パーツを「実物っぽく」並べ替え、他のキットや車両からエアタンク・補助電源装置・コンプレッサーをコピーの上追加、主抵抗器の個数調節です。
    今のところ、主抵抗器の部分だけ方法が定まらず、より実物と個数が近い床下パーツを探していた・・・という訳です。
    結局、キット付属の主抵抗器の一部を切り離すなどをして、個数を調節しなければならないようです・・・。


    さて、ここからが本題です。
    秋葉原・下北沢にあるGMショップに行ってきました。
    以前より床下機器と平行して探していた「あるもの」を入手するためです。

    まぁ、途中の行程をズラズラ書き並べても面白くないでしょうから、結果からを書きます。
    ●下北沢店
    @下北沢店
    8000系用はめ込みガラスパーツ×3個です。

    ●秋葉原店
    @秋葉原店
    「あるもの」とは、アルモデルの「とても簡単な・・・」シリーズとそオプションパーツです。
    この「とて簡」シリーズを購入した経緯ですが、今月1日に書いた記事の最後の2行、「スイッチャー」の単語に触発されたようですw
    もっとも、その記事に登場しているEF60よりも確実な動作と牽引力を求めた結果がコレなのですが・・・。

    もうちょっと詳しく見てみましょう。
    とても簡単な【DX】デッキ付電機(私鉄戦後型)
    どこかで見たことある・・・
    Bトレサイズですが金属製
    大きさは正にBトレです。
    この車両、どこかで見覚えがあるんです・・・。
    例えばこれとか、これとか・・・。
    これらの電機を参考にすれば、いい感じに仕上がるのではないかと思いますが・・・。

    とても簡単な近代型ハコロコ
    コレは強烈に見覚えが・・・
    これもBトレサイズです
    これはどうみても、こいつが真っ先に連想されました。
    なので・・・
    EH級スイッチャー誕生かw
    ちゃんと2セット購入しましたwww


    さて、ブツをじっくり眺めて満足した後は、行き詰っている方へと目を向けてみます。
    改めて、8000系のライトユニットについて構造を考えてみます。
    正直、あまり進展は無かったですがorz
    それでも、基盤の固定方など、ある程度構想を膨らませるまでに至りました。
    果たしてこの「構想」が「実現」できるかは未知数なのですけどね(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/19(土) 00:19:36|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    仕事帰りに寄り道

    仕事帰りに、海老名のGMショップに行ってきました。
    「仕事帰り」といっても、勤務終了は10:30ですが・・・。

    これ↓が今日の収穫物です。
    収穫物
    ・汎用ランボード(8001F用)
    ・8590系クーラーパーツ(8536F用)
    ・錘(8017Fなど)

    本当は、東武8000系の床下機器を探していたのですが、見つけられず・・・。
    そもそも、それ自体が専用の床下パーツかどうかも不明なのですがorz

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/15(火) 22:05:22|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    難しいことは考えられず・・・

    今日は、ライトユニット関係の工作を行う予定・・・でした

    12:10 作業開始
    12:15 急行灯スイッチをどうしよう・・・
    12:20 スイッチは、貫通路から操作できるようにするか・・・
    12:25 あ・・・、基盤の高さを決めないと・・・
    12:30 基盤は床面から2.1mmの高さだな・・・
    12:35 貫通路までの配線は、GMの集電板を活用できそうだ
    12:40 急行灯点灯用のLEDへの配線は・・・
    13:00 う~ん・・・
    13:15 こうか?いや、これじゃ常時ONの状態じゃん・・・
    13:30 そもそも、床面から天井まではどうやって配線しようか・・・
    13:45 車体側面に這わせる?それとも乗務員室との仕切り壁を再現して、それに這わせる?
    14:00 ってか、ライトユニットの搭載方法は?床置きか、それとも車体組み込みか?
    14:10 あれ・・・なんかだんだん訳分からんなってきたぞ(・ω・`;)
    14:20 あれ・・・(*ω*`;)
    14:30 (゚∀。)←オーバーヒートした模様・・・

    だいいち、室温34℃、風通し無し、湿度過大、クーラー未設置、こんな環境で良いアイデアなんか思いつくはずもないですよorz

    なので、難しいことを考えるのは止めて、準備工作としてアクリル板を導光器っぽく切り出してみました。
    めんどくさいので、簡単な形状でw
    これ、Bトレ7200系のとほぼ同じような形状です。

    この後一旦休憩します。

    16時を過ぎた頃、部屋を風が通っていることが多くなったので、作業再開です。
    エバーグリーンのt=0.4mm透明プラ板を・・・
    硬くて脆いのです・・・
    10mm×14.3mmくらいに切り出して、↓のように加工します。
    厚さも重要なのです
    使用イメージはこんな感じ↓
    ぴったりと収まれば成功
    赤い塩ビ板も、同様に切り出します。
    赤いのは尾灯用
    そう、これは角灯部分のレンズを再現するためのものなのです。
    どちらも0.4mm厚の板を使用していますが、これ、角灯部分の天地方向の大きさと一致するのです。

    あとは・・・上手いこと導光器からの光を受けて光ってくれれば良いのですが・・・
    それ以前に、光源の設置すらできていない状況で、果たして標識灯点灯化が実現するのかも分からないです・・・

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/13(日) 22:27:34|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    HB-2000 【その後】

    というわけで・・・やってしまった・・・orz
    西武301系
    カトー・西武301系です。

    求めていたのはコレ↓
    HB-2000
    この、1cm四方にも満たないパーツのためだけに、18k円出してしまいました・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/08(火) 20:59:31|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    HB‐2000

    HB‐2000とは、鉄道車両に搭載されているコンプレッサーのことです。
    前回の記事で、コンプレッサーにこだわりたいというようなことを書きまして、その後に「あること」を行いました。

    「あること」をする前に、手持ちの中で同型のコンプレッサーを持つ車両が在るかを確かめたものの、存在せず…。
    ネット上では、機器単体で販売しているのを見つけたものの、生憎向きが逆…

    googleの画像検索を用いて調べていると、何かと西武の車両が目に付きました。
    ここで、考える…

    少なくても、西武車の中に求めているコンプレッサーを搭載した車両が存在する。
    西武の車両は、カトーから模型化されている。
    で、調べてみると、コンプレッサーの向きも求めている向きと一致。


    はい、後は想像にお任せしますorz
    お決まりのアレですがw

    @仮眠時間中に携帯から投稿

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/08(火) 02:24:32|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    知った幸せ⇔知らない幸せ

    さて、サフを盛った個所を整形します。
    盛り付けたサフの殆どは削られる・・・

    最初はこのように、サフの部分が盛り上がっています。
    切削前
    この状態から、#100→#360→#600の順にペーパーをかけて均していきます。
    最後に、サテライトツールスの「タイラー800」で仕上げます。
    軽くさらう感じで

    盛り付けたサフの殆どは削り落とされ、最終的に残ったのは、へこみに埋まったごく僅かです。
    「雀の涙」程度の量しか残らない



    側面と屋根との隙間に盛り付けたサフも削り落とします。
    同じくサテライトの「ペンスクレーパー」を使用します。
    そぎ落とす
    これ、持ち手の先端に金属板が取り付けられているだけの簡単なツールです。
    これを用いて、余分なサフを「削ぎ落とし」ます。
    他には、コルゲーションの間にあるサフをかき出したり、接着剤が付いて不鮮明になったコルゲーションの復活に使用したりと・・・、かなり重宝しました。

    おかげさまで、キレイに整形することに成功しました。
    同じ作業を約6両分行います・・・

    で、コレと似たような作業を約6両分行いまして・・・
    8両分でもしんどい・・・
    大きな事故も無く、無事に作業完了です。

    今回使用したツール類。
    パスネットも立派なツールのひとつ



    前々から、「キットの床下機器と8000系の床下(ry...」などとぼやいてますが、具体的にはどうなのよ?ということで・・・

    抵抗器の数
    主抵抗器の数が多すぎます。
    ウワサだと、東武8000系のパーツを使用することで、数を近づけることができるらしいです。(要検証)

    見覚えの無い機器が・・・
    一番気になるのがこの床下機器。
    例えば・・・
    これは一体・・・
    8000系列で、このような機器は覚えがありません・・・。

    無難
    一番無難です。
    機器の配置を「知らなければ」これはそのまま使用しても良さげです。
    しかし・・・「知ってしまった」以上、これも加工の対象です・・・。

    また、逆に見当たらない機器類もあります。
    5050系
    枕木方向に2基並んでいるエアタンクです。

    1000系
    補助電源装置です。

    これらは、該当部分を複製して使用する予定です。

    もうひとつ、ちょっとだけこだわりたいのがコンプレッサー。
    キット付属のものを流用しても雰囲気は出ますが・・・
    最悪これを使用予定・・・
    どうもイメージとのズレがあります。
    また、将来8500系を作るときに、吊枠のみを再現する必要が出てくる可能性があります。
    そのときのことを考えると・・・ちょっと辛いものがあります・・・(´・ω・`)
    これも「知ってしまった」ことが良くなかったのですorz

    もう・・・知ってしまった以上・・・、やらない訳にはいかなくなってしまっています。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/06(日) 22:32:27|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    問題山積状態

    というわけで、サフも剥がして完全に振り出しへと戻ってきました。
    「やり直し」が利くだけでも助かる・・・
    もちろん、隙間やへこみを埋めていた液体サフも落ちてしまっています。

    車体自体は、「厨」時代に組んだシロモノなので、組み付け状態はかなり悪いです。
    なので、再び液体サフを用いて、隙間などを埋めます。
    多めに盛り付け
    特に、側面と屋根との間にある隙間は目立つので、完全に塞いでしまいます。


    車体関係は、まぁじっくりと作業すればどうにかなりそうなのですが、床下・ライト装置関係については、かなり時間を必要とするかもです・・・。

    キット付属の床下機器と、8000系の床下機器は、比べる必要のないほど全く異なるものなのです。
    機器を並べ替えるだけでも印象は変わると思いますが、それでも足りない部分が発生するため、不足分のみ他のキットからコピーして流用する必要があります。
    じゃあ、そのコピー元となるキットは?と言われると・・・
    全く未知の領域ですorz

    ライト装置関係では、レンズ類と導光器、光源をどのように取り回すかで悩んでいます。
    また、それらを如何にして固定するかなど、課題は山積み状態です(´・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/05(土) 23:13:10|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    塗装サンプルを作る

    もういい加減に塗装関係での失敗は避けたいので、塗装サンプルを作ってみました。
    今まで、ネット上で得た情報を鵜呑みにしていましたが、それではもう限界に達しているようです。

    というわけで、ベースには事実上廃車と化している車体を利用しました。
    「元」8500系8800形
    あらかじめサフを吹いておきます。
    今回の目的は二つ。

    ●アルクラッドカラーの発色具合
     ・下地塗装の有無、アルクラッド同士の塗り重ね
    ●クリヤーとの相性
     ・水性ウレタン、ラッカー、アクリルで比較

    塗装の方法ですが、車両を4つの「コマ」に分け、左右面合わせて8コマを確保します。
    1コマごとに異なる塗装を行い、それらを比較をします。
    コマの分け方ですが、客室ドアと左右1対の窓で構成します。
    1コマ分
    これ↑で1コマです。

    まずは、1コマのみ黒を吹きます
    1コマ分のみ黒く塗装
    続いて、アルクラッドカラーの「STAINLESS STEEL」で、7コマ分を塗装します。
    1コマ余りましたので、ここにはガイアカラーの「スターブライトシルバー」を専用溶剤「メタリックマスター」で希釈したものを吹きました。
    実は、一番重要なアルクラッドの吹き付けに失敗しかけた件について
    左から順に
    1コマ:下地に黒を吹いた場合
    2コマ:サフに直接吹いた場合
    3コマ:戸袋部分に、上から「ALMINIUM」を重ね塗りした場合
    4コマ:専用溶剤で希釈したガイアカラーで塗装

    下地に黒を吹くと発色が良くなるとのことですが、1コマと2コマでは確かに深みが異なります。
    模型的には2コマが無難に思えます。
    3コマは、8590系などのように、質感の異なる銀を狙ったものです。
    4コマは、むしゃくしゃしたのでやった。反省はしてない。
    ・・・いいえ、専用溶剤で希釈して塗装するとすごいことになる、と聞いて試したものです。
    確かにかなりの輝きが確認できましたが、どうしても「メッキ」っぽい感じです。
    1コマと4コマを比べれば、重厚感では1コマ、輝きでは4コマ、といった具合です。
    ただし、どちらも2コマに比べれば輝いているので、模型では逆に「玩具」っぽくなってしまいそうです。


    反対側では、クリヤーとの相性を比較しました。
    油と水のようで・・・
    左から順に
    5コマ:クリヤーなし
    6コマ:水性ウレタン系
    7コマ:ラッカー系
    8コマ:アクリル系

    結論から言えば、アルクラッドカラーとクリヤーは併用不可です。
    クリヤーを吹いた個所は、すべて黒ずんでしまいました。
    6コマは、水性ウレタンを水で希釈したものを吹いています。
    吹き付けすぎに注意し、下地の荒れを最小限に抑えました。
    7コマは・・・もう目も当てられない状態です(´*ω*`)
    8コマは、これが一番安全に吹き付けられました。
    6コマと比べれば多少黒ずみ具合が大きいですが、作業性は8コマが上です。
    水性ウレタンは、ちょっとでも吹きすぎるとすぐに水滴状となり、その部分がかなり黒ずんでしまいますが、アクリルでは、それほどシビアではなかったです。

    まぁ・・・、一番良いのは5コマのクリヤーを吹かないですが・・・。

    ●結論
    車体の塗装は「下地塗装は無し」で・・・
    1~4コマ

    表面保護は「しない・できない」
    5~8コマ

    つまり、塗装後は極力触らないことに尽きます。
    とは言っても、アルクラッドカラーの上から触ったり、マスキングして重ね塗り出来る(と謳っている)ので、余程無神経に扱わない限り、特に大きな問題は無いように思えます。
    じゃあ、「収納ケースのウレタンと長時間触れていた場合は?」と訊かれても・・・そこまでは知らんがな(´・ω・`)



    以前から気になっていたので、つい・・・
    マルチ車輪クリーニングレール
    トミックスより発売されている「マルチ車輪クリーニングレール」です。
    画像では、カトーの「ジョイント線路」を介して接続しています。

    これ、線路の傍らにある箱の中にモーターが入っていて、モーターの軸にはクランク(のようなもの)が付いているようです。
    クランクとクリーニングヘッドは接続されていて、モーターが回るとヘッドが枕木方向に激しく振動します。
    試しに、パワーパックのダイヤルを最大まで回したところ、激しい騒音とともに道床も移動するほどのモノであることが分かりましたw

    清掃中・・・
    試しに、6軸化改造したBトレEF60に、GM動力を搭載した車両を牽かせて(いるように見せかけて)みました。
    どうもEF60の調子が良くないようでしたので・・・
    もちろんT車1両くらいなら牽引できますが・・・。


    んで、実用的な使い方としては、例えば10両編成の列車の場合、列車長の倍以上の線路を敷き、ちょうど中間地点にクリーニングレールを挿入し、往復運転させるのがベターではないかと。

    或いは、机上など狭い範囲に線路を敷き、1両ずつスイッチャーに牽引させるのも有りかなと・・・
    これは非効率ですが、時間潰しにはちょうど良いでしょうw

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/01(火) 23:59:03|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0