赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    竣工

    今日は大したことは行っていません。
    中紙の図案をPMマット紙に印刷し、切り取って折り曲げ、ケースに収めただけですw
    (・∀・)
    ※希望小売価格:15750円
    あ、もちろん非売品です、というか、売るつもりも一切ありませんw


    というわけで、これを以って「Bトレ東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)」の製作は、全工程を完了しました(`・ω・´)
    工期は約6ヶ月、長すぎですorz
    予定では3月中に完成させるハズなのでしたが・・・、約45日の遅延です。



    んで、早速次の車両の製作に入りたいところですが、その前に作業場の整理をしなくてはいけません・・・
    と同時に、次に作る車両も決めなくては・・・

    今、候補に挙がっているものは、GMの塗装済みキット、完成品の最終仕上げ(小パーツ取り付け、インレタ類貼りつけと、それに伴うクリヤー噴き、室内灯取り付け)です。
    板キットの製作は・・・たぶん無いです、上記の車両の製作・加工がすべて終わった後にでも・・・とは思っていますが・・・。
    小田急3000形(6両・8両)・1000形・クヤ31は・・・さらにその後か・・・?orz
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/15(木) 21:38:05|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    まぁ、デザインはともかく・・・

    ケースとウレタンとの間に挟まる中紙の、図案が決まりました。
    絵柄と中身の車両が食い違いますがw
    箱絵の車両も、こどもの国線仕様に修正できれば・・・と思いましたが、そんなことをすると余計に時間が掛かることは明らかですので、今回は据え置きとしました。

    あとは、質の良い紙に印刷し、不要部分を切り取って、ケースに納めるだけです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/13(火) 23:50:03|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    中紙製作中・・・

    模型そのものの工作が終わり、現在は収納ケースの中紙(←正式名称不明、ケースとウレタンの間
    に挟まっているアレ)の製作を行っています。
    まぁ、そんなに凝ったデザインにする予定も無く、Bトレの箱絵の一部をトレースして、再び配置し直す程度で済ませるつもりです。


    で、今気づいたのですが、どんどん新しい工作を始めないと、ブログのネタにならない=記事が書けないのです(´・ω・`)
    なので、しばらくは更新頻度が下がる見込みです・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/12(月) 21:29:07|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    収納ケース

    完成した模型を持ち運んだり、またその保護をするには、やはり収納ケースが必要です。
    しかし、Bトレ2両分(N換算1両分)を収めるケース単体なんて、市販されているのをワタクシ見たことありません(´・ω・`)

    というわけで、自作してしまいます。
    マイクロの室内灯ユニットと
    都合のいい大きさ
    ポリスチレンフォームを用意します。
    色が蕨社に近い・・・
    本当は、黒系のウレタンフォームが欲しかったのですが、この辺は妥協。

    こいつを、発泡スチロールカッターで、ケースに収まる大きさに切り出します。
    切り出し後
    「それなりに」モデルが納まるように、切り出し位置を罫書き・・・
    もったいない使い方orz
    切り出します。
    今回、ケースの底面、上辺、下辺の3ヶ所に分けました。
    最終形態

    ケースに収めたところ。
    ほぼぴったり

    しかし・・・、中紙が「室内灯云々」のままなので・・・、これは後日、自作して入れ替えます。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/09(金) 21:47:00|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    仕上げ

    いよいよ最終段階へと突入します。

    まずは、今まで存在を完全に忘れていたorz連結器&胴受けを用意します。
    これは、GM板キット(東急8500系)の一部です。
    今更になってこいつの存在を思い出した・・・
    これを、ボディ前面に接着するために、ボディ内側の一部をリューターで削り落とします。
    左:加工後 右:加工前

    胴受けを接着する前に、標識灯の漏光対策を行います。
    カトーの室内灯ユニットに付属しているアルミテープを、このように加工して・・・
    今回は一体形成
    前面内側に貼り付けます。
    市販のアルミテープも併用しています

    それから、胴受けを接着します。
    接着にはゴム系接着剤を使用
    急に引き締まって見えるようになった気がします・・・。


    続いて、プラ帯を用意しまして・・・
    幅6.5mm・厚さ0.5mm、この辺は適当な素材を使用
    細かく裁断
    現物合わせでカット
    重ねて貼りあわせ、断面をヤスリで整えた後、ステッカーを貼り付けます。
    181運行
    そう、運行表示器ですね。
    こいつを、助手席側の前面ガラス内側に取り付けます。
    前面方向幕にもステッカーを貼り付け・・・
    (・∀・)
    あ、いつの間にかにパンタと足回りがくっついていますが・・・w

    落成記念撮影を行って・・・
    形式写真風に
    東急7200系アルミ試作車+こどもの国線仕様、完 成 (`・ω・´)


    せっかくなので、前照灯が点いた状態で・・・
    長津田駅付近のカーブをイメージ

    余談ですが、↑の写真撮影するのに、かなりの手間が掛かっていたりしますw
    まぁ、こんな具合に・・・
    悪足搔き其の一
    悪足搔き其の二
    悪足搔き其の三
    せつめーすると・・・
    ①:背景を支えているつもり
    ②:動かないように、連結器にプラ帯を引っ掛けて、固定しているつもり
    ③:それでも動くので、テープで台車を直接固定したり、絶縁しているつもり
    ですorz


    そういうわけで、あとは収納ケースを用意すれば、すべての行程が終了です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/07(水) 22:58:20|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ラストスパート

    さーぁそろそろ完成が見えてきましたよぉ(`・ω・´)

    不足していたこどもの国のシンボルマークを、急遽増刷し、貼り付けました。
    貼り付け完了
    ちょっと気になったのが、デカールの厚さです。
    まるで、ステッカーを貼り付けたようにも見えます・・・。

    デカールをすべて貼り終えましたので、最後にクリヤーを噴きつけます。
    このような感じ↓で、土台を作り、ボディを固定しまして・・・
    即席塗装台
    エアブラシで塗っていきます。

    屋根部にもクリヤーを噴いたため、艶消し感が無くなってしまいました・・・。
    テカテカな状態
    まぁそんなことは織り込み済みでして、屋根を残してマスキングを施し、艶消しクリヤーを噴き付けて誤魔化しましたw

    パンタグラフにも艶消しクリヤーを噴き付けましたが、その前に碍子部分に艶消し白、すり板部分は銅色に着色しました。
    どうでもよくない
    特に、すり板の銅色の選択に迷いました・・・。
    タミヤカラーのブロンズでは濃すぎ、チタンゴールドでは赤味が足りない・・・
    結局クレオスのカッパーを塗ることで落ち着きました。
    だったら調色すればいいじゃん⇒めんどくさいw
    上から見る機会が多いですので、一口に「銅」といってもどうでもいい選択は避けたいところです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/06(火) 22:59:19|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    また、あと一歩のところで・・・

    昨日の続きです。

    切り出したデカールに、もう一度クリヤーを噴きつけます。
    まぁ、ざらつかないように・・・
    こうすることで、デカールの断面にもクリヤー層を作り、水の浸入を抑えることができます。

    あとは、ひたすらボディに貼りこみます。
    場合によっては、クレオスのマークセッターやマークソフターも併用します。
    ところでこのデカール、黒以外で印刷した場合、隠ぺい力が弱いことが分かりました。
    例えば、緑のラインの場合ですが、デカール台紙から剥がすと、クリヤーグリーンに見えるのです。
    その状態で、銀の上に貼り付けますので、結果としてはメタリックグリーンのような色合いになるのです。
    イメージとしてはこんな感じ↓
    帯まで輝いてしまって・・・
    こうやって、完成が近づくと、不思議と作業ペースも上がりますが・・・
    あと一歩なのに・・・
    何かが足りないと思いませんか?
    実は、こどもの国のシンボルマークを1両分しか用意していなかったため、7500側のみ未完成な状態なのです
    (´・ω・`)
    つーか、1両貼り終えてから初めて気づいたワタクシ、もうアホというかなんというか・・・

    ---それが、赤帯クオリィティorz---



    まぁ、堕ちてばかりでは作業効率に影響するかもなので・・・
    富:455系あかべぇ
    トミックス:JR455系あかべぇ
    何故に私鉄厨なワタクシが国鉄急行形に?と思うかもしれませんが・・・
    どっちかというと、「あかべぇが可愛かったから」です。
    向き合うあかべぇ
    HG仕様だけに、「見ても」楽しめる仕上がりです。
    まだ箱から出した状態・・・


    そしてもう一つ・・・
    爺:Y500系
    グリーンマックス:横浜高速鉄道Y500系
    こちらは「お約束」みたいな感じです。
    粗い・・・
    多少印刷が粗く感じますが・・・
    帯の粗さが際立つorz
    こうやって白い前照灯を輝せてレイアウトを走行してしまえば、印刷の粗さなんて分からないはずです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/03(土) 23:41:45|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    同じ轍は踏まない

    今回は、以前とは違う方法で車番プレートの再現を試みます。

    まずは、マスキングテープの一部を、車番プレートの大きさに切り抜きます。
    次に、大きめの紙に、そのマスキングテープよりも一回り小さい穴を空けます。
    そして、紙に開けた穴の上から、マスキングテープを貼り付けます。
    いわゆる「テンプレート」ですね
    つまり、テンプレートを作ったわけです。
    これで、マスキングのテープの使用量と手間を省こうと考え付いたのですw

    使い方は簡単、車番プレートを再現したい場所に貼り付けて、その上から塗装するだけです。
    前回は、「塗装面積が小さいから」と筆を使用して・・・(´;ω;`)
    なので、今回は筆は筆でも「エアーブラシ空気筆」を使用します。
    使用する塗料は、前回と同じ、クレオスのスーパーステンレスです。

    マスキングの上から、適当に薄めた塗料を噴きつけ、すぐにマスキングを剥がします
    そうすることで、マスキングごと塗膜がはがれるのを抑えることに成功しました。

    結果としてはこのとおり・・・
    この質感差が欲しかった
    微妙にプレートに歪みがありますが・・・、前回の失敗に比べれば無傷みたいなものです。



    同時に、デカールの切り出し作業も行いました。
    切り出すと小ささが際立ちます・・・

    この後、クリヤーを噴き付けて、ボディに貼り付けます。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/02(金) 21:07:28|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    デカール微調整

    以前に、車番などの大きさに不具合が見つかったため、修正しました。
    相変わらず小さすぎ・・・
    修正・・・といっても、このくらいの大きさだろー程度ないい加減さですがw

    今現在、表面にクリヤーを噴いていないため、水濡れ厳禁な状態です。


    さて、車番プレートはどうやって再現するべ・・・

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/04/30(水) 21:03:44|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    復活

    今回は、細部への色差しがメインです。

    まずは、窓・標識灯部のマスキングを一旦剥がします。
    慎重に・・・
    表面保護に使用した水性ウレタンですが、意外と塗膜が厚く、マスキングを剥がすときに注意を要しました。「明け」で集中力が散漫な時にですがorz
    マスキングを剥がすと、マスキング材との境界に位置していた塗膜が捲れてしまいましたので、軽くペーパーをかけて均しておきます。

    ここで、ようやく色差しに入ります。
    今回は、あくまでも「模型的」な塗り分けを行っています。
    また前面には、2種類の銀を使用し、同じ「銀」でも微妙な違いを狙ってみました。
    さて、具体的には・・・
    ・屋上機器(配線、アンテナ):GMカラー 灰色9号
    ・標識灯枠(前照灯、尾灯、種別灯):ガイアカラー スターブライトシルバー
    ・幌枠:クレオス スーパーステンレス
    ・Hゴム(行先表示器、窓):タミヤ フラットブラック
    ・ワイパー:タミヤ クロームシルバー
    前回よりかはマシな仕上がり
    繰り返しですが、あくまでも「模型的」な塗り分けをしています。

    今回は、「明け」での作業にしては大きな失敗も無く、無事に作業が終わりました。
    というわけで、ここに復活を宣言します。
    水性ウレタンを噴いておいて正解でした

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/04/29(火) 23:02:19|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ