赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    気分転換で西武9000系[2:完成]

    前回の続きからです。

    車体色を塗り終えていましたので、今度は銀色を塗りました。
    塗り分け完了
    微細な吹込みはコンパウンドで磨いて落とす等して修正しました。


    車体に貼るデカールの準備をします。
    今回もMDプリンタを使用しています。
    デカールは自作
    白が印刷できるのがこのプリンタの強みの一つですね。

    それらを貼って、表面保護を行います。
    組立て直前
    今回は銀の質感を維持したかったので、クレオスのメタルプライマー(角瓶に細長い赤キャップのあれ)を吹きました。

    元通りに組立すれば完成です。
    二代目L-train

    正面から。
    正面

    側面先頭部分。
    側面先頭
    側開戸辺りのデカール処理がちょっと手間でしたね。

    側面妻側。
    側面妻側
    ロゴの赤色部分の印刷もきっちき決まりました。
    優先席と女性専用車表記はインクジェットプリンタを使用し、シール紙に印刷したものを貼りつけています。

    表記類
    号車表記は実車通りに、野球ボールを模したものを印刷しました。
    これもデカールですが、縫い目の赤色がちゃんと「縫い目」としてハッキリ印刷されているのも、MDプリンタの強み。

    当然ですが車番も実車通りに改番済みです。
    車番
    全体としてやや太かったかな・・・。

    屋上はベンチレーターを撤去しています。
    ベンチレーターを撤去
    パンタ周りは一部を黄色で色差ししました。

    完成させたい期限があったので最低限のことだけを行い、今回はこれで完成としました。
    最低限のことはしたつもりになってる
    実車とは細部で違いがあるかもしれませんが、誰もが一目見て「L-trainだ」と分かってくれればな・・・と。
    スポンサーサイト
    1. 2016/02/14(日) 17:33:02|
    2. GM・西武9000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    気分転換で西武9000系[1]

    西武6000系の3Dデータ作りにちょっと疲れてきたので、気分転換に同9000系に手を出してみました。
    西武と言えばこの顔なイメージ
    個人的に、西武車といえばこの顔が真っ先に浮かぶんです。
    今でこそ6000系が地元近くの路線まで乗り入れてくるので、最近ではそのイメージも変わりつつありますが・・・。

    このままでは面白くありませんから、ベンチレーターが撤去された姿に仕立てます。
    ベンチレーター撤去
    これで、過去にGMからリリースされた京急カラーの9000系と並べても、色だけでなく見た目の変化も楽しめますからね。

    なんせ4か月くらいぶりにこういう物理的工作をしたわけですから、ついつい途中経過の写真を撮るのも忘れ・・・
    アレですアレ
    気が付けばこんなことになってるんですよ。
    どうやらクリアと間違えて紺色吹いたようですけどねー(棒
    間違えたといいつつ、再塗装前提で先頭部のパーティングラインはきっちり消してあるんですけどねー。

    つまりアレになるんです、アレ。
    1. 2016/02/02(火) 23:11:43|
    2. GM・西武9000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2