赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    京急600形608Fに小細工[2:完了]

    仕事の関係で休みが少なくなってるんです(´・ω・`)

    本当ならば床下機器だけ換えて塗装しておしまいのはずでしたが、実車に近づけるべくもう少し手を入れることになりまして・・・。

    まずは台車。
    本当は何もしないはずだった
    T車の台車にはブレーキシリンダとブレーキシューがありませんので、それらを切り落としました。
    特にシリンダ部分は、反対側の台車枠と形を整える必要があるので。それっぽく整形しました。

    次は屋上。
    余分な台座と配管を除去
    大山通信でも取り上げられていましたが、屋上のヒューズ箱が一つ多いので、不要部分を削って除去しました。

    それらの加工を済ませ、塗装しました。
    塗った
    床下と、屋上機器類を明るめのグレー(クレオス・No.338)で塗りました。
    屋根板はGMのNo.9で再塗装しています。
    車体は何もせずそのままクリアを吹いて表面保護としました。

    あとは元通り組みなおして、ステッカーを貼って完成です。
    組んで完成だが・・・。
    ・・・窓枠断面の赤が気になる。

    ってことで。
    断面をタッチアップ
    手軽さ重視で油性サインペンで断面を塗ってみました。

    これだけでもだいぶ良くなったか。
    それだけのことですが、見た目でだいぶ良くなります。
    先頭部分のワイパーカバー断面もサインペン塗りです。
    小面積であれば思いのほか使えます、たぶん。

    ・京急600形608F
    608F
    クロポの完成品ですけど、ちょっと手を入れることでグッと引き締まりますね。

    ・Tp屋上
    ヒューズ箱を一つ削除
    メーカーが惜しんでいたTp屋上も実車に即して加工。
    何度か取り上げられていたので、メーカーとしては4次車4両編成との差を作り分けたかったのでしょうかねぇ。

    ・床下
    当時は2種類のメーカーの制御器を搭載
    余っていたトレジャーのパーツに交換しました。てかこれが本来目的としていた加工なんですが。
    編成前後で異なる制御器を再現。
    この商品も制御器部分だけ再現されていましたが、あくまでも余りパーツの消費が目的なので。

    ・台車
    M台車とT台車で作りわけ
    ブレーキシリンダとブレーキシューが無いT台車をそれっぽく再現しました。
    これ、言われなかったら手を入れてないです。
    あ、空気ばね黒く塗っておけば良かったかな?

    あくまでも「お手軽」加工の方針なので、これはこれで完成とします。



    で、ですね・・・
    余り物はまだある
    余り物はもう一つあるんです。
    えぇ、そういうことです(・ω・)
    スポンサーサイト
    1. 2014/08/08(金) 21:30:05|
    2. クロスポイント・京急600形608F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    京急600形608Fに小細工[1]

    今年は死蔵しているパーツ類などの使用と消費を進めようと思っています。

    今回はこちら。
    クロポ・京急608F
    クロスポイントより発売された、京急600形608Fと、トレジャーのパーツ類です。

    注目はこのパーツ。
    これの消費も兼ねる
    ホワイトメタル製の床下機器パーツで、608F一編成分が含まれています。
    元々はGMの600形タイプのキットとそのパーツ類を合わせて608Fを仕立てるつもりでしたが、完成品で608Fが出たことによりお蔵入り。
    608F自体が3年前の4月発売のようだったので、それよりも前から漬けてあったことになりますね(・ω・)

    今回はこの床下パーツのみを使います。一緒に写っていたクーラーは本当にお蔵入りです。

    元の床下パーツと交換するだけなんで、大したことはしていません。
    ただし・・・
    そこそこ削れました
    動力部分はダイキャストを盛大に削り、床下パーツ自身も多少加工して、動力に収まるようにしました。
    同時に動力の搭載号車をを608-3から608-4に変更しました。

    主な加工はこれでおしまいです。
    そして芋づる式に手を入れる場所が増える
    おしまい・・・にするはずでした・・・。

    台車を見ててふと、M車とT車で違いがあるはずと思っていたら、やっぱそのようでした。
    が、加工がちょっと手間になる予感なんですよねこれ・・・。
    しかし、知ってしまった以上見かけだけでも近づけておきたいので加工する方向で考えてます。

    屋上だって、ヒューズ箱とそれに付帯する配管が一つ多いので、そこも直したいですし・・・。

    早くも本来の目的から外れてますけど、仕方ないね(・ω・)
    1. 2014/07/28(月) 21:56:56|
    2. クロスポイント・京急600形608F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0