赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【限界に】模型合宿で東急9000系9009F[一発落成]【挑戦】

    22日から24日にかけて、二泊三日で「合宿」してきました。
    合宿場所は伊豆高原の「ルネッサ赤沢」です。
    目的は唯一つ、合宿期間中に「完成させること」。

    ワタクシ含め、先輩氏と総勢7人で行う今回の模型合宿。
    元々以前から先輩氏6人で行っていたのですが、今年からはワタクシも参加させて頂きました。

    ●20日(合宿二日前)
    明けで、大井町線9000系の床下資料を撮影。
    その日の夜に、模型上での床下の配置を検討し、翌日の買出しに必要なパーツを洗い出す。

    ●21日(合宿前日)
    不足するパーツを買うために、横浜GMストアへ。
    自宅から車で移動、一人で行くのは初めての事だったりします。
    帰宅後は、付属のステッカーに収録されていない行先表示と前面グラデーション帯を作り、印刷。
    そして・・・
    出来るだけ詰め込む
    パッケージング。
    これ以外に、工具類、塗料、コンプレッサーとブラシ本体などをボストンバッグに詰め込む。

    ●22日(合宿初日)
    ・08:50頃
    集合場所(新横浜駅近くのレンタカー屋付近)に到着。

    ・09:30
    レンタカーの手続きを終え、出発。
    先輩氏の運転で移動開始。
    横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパスを経由し西へ。
    途中の西湘パーキングエリアからはワタクシが運転。
    さらに真鶴ブルーライン、熱海海岸自動車道を経由し、以南は国道135号線を走行。

    ・15:30頃
    昼食、買出しなどを済ませ、合宿地に到着。

    ・16:00頃
    ここが作業場
    準備完了。
    以降は「本気」で作っていきましたので、詳しい説明は省略し、時間毎の進行具合を載せます。

    ・16:14
    それでは作業開始
    作業開始。
    室内灯装着の為、ブリッジを切り落としましたが・・・。
    これを果たして「室内灯組込み可」と言えるのかどうか・・・。

    ・16:34
    配管の一部は別体化する
    屋上配管は、一部を別体化する為の準備をします。

    ・18:14
    テープは1000系のときの使いまわし
    車体を塗装しますが、帯部分の印刷はそのまま生かしますのでマスキング。
    テープは1000系のときの使い回しです。
    塗装については1000系同様、車体の表面仕上げの違いを塗り分けます。
    それ故にマスキングがめんどくさい(・ω・)
    マスク→塗装→剥がしを3回繰り返すなんて・・・。

    ・18:30
    夕食。
    メニューは「和洋折衷膳」だそうで。
    ワタクシ、魚介の「貝」がダメなんですけど(・ω・`)

    ・19:30
    作業再開。
    マスキングめんどくさい・・・

    ・22:00
    風呂。
    温泉があるのでそっちを利用。

    ・22:37
    夜食一回目
    夜食。
    思うに「チャルメラ」は袋タイプが一番美味しい。

    ・24:32
    2回目マスキング中
    車体肩部と裾部、窓枠、ドア枠などを塗り分けるためのマスキング。

    ・25:57
    先頭車床下はそれっぽく並べ替え
    ちなみに床下ですが、先頭車はそれっぽく並べ替え、中間車はほぼキット付属のものを使用。

    ・26:00
    就寝。

    ●23日(合宿二日目)
    この日は丸一日作ることに集中。

    ・07:40
    起床。

    ・07:48
    クーラーはもちろん2種類
    早速作業開始。
    塗装する小パーツを用意。

    ・08:00
    朝食。

    ・08:42
    小パーツは持ち手を装着
    作業再開。
    小パーツには持ち手を装着。

    ・11:09
    昨日から気になっていた列車の通過音に負け、休憩も兼ねて外出。
    185系踊り子号
    185系踊り子号@伊豆高原駅~伊豆大川駅間
    この後追っかけで8000系が通過しましたが、時すでに遅しorz
    ちなみに合宿地から徒歩5分の場所。

    ・11:18
    さりげない感じに・・・
    作業再開。
    2回目のマスキング剥がし中。
    今回はさりげない感じに塗り分けされました。

    ・12:54
    おでん
    昼食。
    ざ・おでん。
    このまま塗装場所で食事。

    ・13:16
    3回目マスキング
    作業再開。
    3回目のマスキングは、ドア押さえと車外スピーカーを塗り分ける為です。

    ・13:58
    8000系トラン・バガテル
    8000系トラン・バガテル@伊豆高原駅~伊豆大川駅間
    午前中のリベンジを果たす為にもう一度足を運びました。

    ・14:01
    土石流に注意
    上り列車待ちの間に一枚。

    ・14:05
    8000系
    8000系@伊豆高原駅~伊豆大川駅間

    ・14:16
    車体の塗装は終了
    作業再開。
    これで車体の塗装は完了です。

    ・14:22
    この合宿中に「完成させられない」決定的な事態発生。
    滲んでる(´・ω:;.:...
    印刷が滲んでしまっています(´・ω:;.:...
    どうらや袋にしまった時にはまだ完全乾燥していなかったようです・・・。
    仕方ないので出来るところまで作業することにします。

    ・16:47
    残っているパーツを塗装
    床板などを塗装。

    ・17:10
    輪心も塗る
    輪心も塗ります。

    ・19:11
    屋根組み立て
    屋根を組んだところ。
    パンタとヒューズ箱に繋がる配線は真鍮線で再現。

    ・19:30
    夕食、ところが15分ほど抑止。
    メニューは「和洋折衷膳」(2回目)。

    ・20:39
    クーラーも実車に即して載せる
    作業再開。
    引き続き屋根の組み立て。

    ・22:28
    墨入れめんどくさい・・・
    これから風呂。

    ・23:02
    チョコモナカジャンボ
    風呂あがり、いただきます。

    ・24:23
    夜食2回目
    夜食。

    ・24:59
    床板を組んで、台車をねじ止めしようとしたところ、持ってきたドライバーのサイズを間違えたので・・・
    簡単に削れるドライバー
    リューターで削って調整。
    ちなみにこれは殆ど使っていない100均モノですので・・・。

    ・25:29
    スカートがちょっと収まりが悪い
    仮合わせ。
    スカートの収まりが悪い。

    ・25:37
    調整
    スカート調整後。
    この辺は現物合わせ。

    ・26:00
    ここまでが限界
    ここで限界に到達。
    この場で出来ることはすべてしたが・・・

    ・26:01
    散らかった机上・・・
    散らかしすぎな件。

    ・26:28
    再梱包
    持ち帰りの為梱包、机上を少し片付け。

    ・27:00
    就寝。

    ●24日(合宿最終日)
    最終日は片付けと移動が中心です。

    ・08:00
    起床、すぐに朝食。

    ・08:36
    片付け中
    片付け開始。

    ・09:37
    あっという間の二泊三日
    片付け完了。

    ・10:00
    チェックアウト。
    ワタクシの運転で帰路に付きます。
    途中で土産を買い、北上します。

    例によって国道135号が渋滞しているようなので、天城高原から伊豆スカイライン経由で北上。
    十国峠でトイレ休憩し、箱根新道、小田原厚木道路、東名高速道路経由し東へ。
    12:30頃には海老名サービスエリアで昼食を採ることが出来、周り曰くこの早さは初めてのことだそうで。
    確かに、峠道では規制+10~30Km/h、小厚道路では規制+30~50Km/hで走りましたけどw、それはまた別の話。

    海老名SAからも引き続きワタクシが運転し、横浜町田ICで高速を下り、そのままワタクシの自宅のほぼ目の前まで行き、ワタクシはそこで下車しました。
    これは、海老名SAから新横浜に至るまでの間に、ワタクシと先輩氏の自宅の付近を通るので、それだったら途中で降りたほうが楽だろうという周りの判断の為です。
    ワタクシが下りて以降は、先輩氏が運転をした模様。

    そういうわけで・・・
    ・14:00頃
    自宅到着。

    ・15:00頃
    昼寝。

    ・20:30
    覚醒
    夕食を採り、風呂。

    ・22:18
    荷解き
    荷解き。

    ・22:24
    破損箇所が無いかをチェックしていると・・・
    破損はこれだけ
    カプラー付近に破損有り・・・。
    変な破損のしかた・・・
    てかこういう破損のしかたは初めてのこと。
    瞬着にて復旧。

    ・22:32
    一旦分解
    最終仕上げの為の準備完了

    ●25日(合宿後)
    合宿期間中に出来なかったことを中心に作業しました。

    ・13:40
    デカール再印刷
    作業開始。
    滲んだデカールは再印刷し用意。

    ・14:18
    とりあえず貼って
    とりあえず、余白は気にせずに貼る。

    ・15:45
    余白を切り取る
    デカールが乾いたら余白を切り取る。

    ・16:09
    車番インレタ貼り付け
    そして車番インレタを貼り付け。

    ・17:00
    表面保護
    表面保護。

    ・17:18
    だんだん「らしく」なってきた
    乾燥中。
    だんだんと「らしく」なってきた。

    ・18:05
    G各停 溝の口
    種別と行先表示を貼り付け。
    G各停・溝の口

    ・18:58
    車番ステッカー貼り付け
    車番ステッカー貼り付け。

    ・19:00
    夕食、そして風呂。

    ・19:50
    ワイパーの印刷は消去
    前面ガラスに印刷されたワイパーは消去。

    ・20:09
    大井町線ステッカーも貼り付け
    大井町線ステッカーも貼り付け。

    ・20:42
    あと少し
    あと少し。

    ・21:31
    手すりとステップなどを装着
    手すり、ステップなどを装着。

    ・22:17
    点灯試験
    電装関係の動作試験。
    前照灯は例によって白色LEDに交換のうえ、導光材に着色です。

    ・22:21
    東急9000系9009F
    出来たε=(・ω・`)

    ・前面アップ
    前面アップ

    ・屋上
    実車に即してシングルアームパンタ
    パンタは実車に即してシングルアームタイプ。

    当然クーラーも載せ分け
    もちろんクーラーも載せ分けてますよ。

    かっこいい・・・
    登場から20年以上経っても見劣りしないデザインですな・・・。

    気が付けば大井町線の主力になりつつある・・・
    気が付けば大井町線の主力になりつつありますね。
    すでに8500系の4本を上回っています・・・。

    ちょっと前までは、大井町線内では異端児だった9000系でしたが、今ではすっかり見慣れた存在になりましたね。

    完全燃焼ε=(・ω・`)
    このグラデーション帯、ワタクシは好きですよ。



    ・2010/10/28追記
    メールにて「前面に何かが足りない」と指摘を受け、調査。
    何かが足りない・・・だと?
    一瞬何のことだか分からなかったのですが、すぐに気づきました。
    貼ってないほうがかっこいい気がするけど・・・
    前面貫通扉部分に、大井町線ステッカーを貼り忘れていたのです。
    正直、貼ってないほうがかっこいいのですが(・ω・)

    修正し、記念撮影。
    東急9000系9009F(大町線仕様)



    そういうことで、合宿期間をオーバーしてしまいましたけど・・・
    東急9000系9009F(大井町線仕様)、 完 成 (`・ω・´)




    ●まとめ
    こういうタイプの旅行は初めてでしたので、何を持っていくべきか、いつもと違う環境で上手く組めるか、多少の不安はありました。
    また、同行者が今回は友人ではなく先輩氏であることも、今までとは異なる点ですね。

    まぁ結果はこの通り、持っていったデカールの印刷が滲んでしまっていた為に、現地で完成させることは出来ませんでした・・・。
    帰宅してからの作業時間を考えると、それでも現地での完成はちょっと厳しかったかもです。

    周りに気を逸らすもの、例えばネット環境のあるPCが無いだけに、本当に模型作りに集中できたのではと思います。
    てか、二日目なんて朝から深夜まで、食事と風呂とトイレと8000系を見に行く以外はずっと作業を続けていたのですからw
    当然ずっと座布団の上で座りっぱなしなものですから、おかげさまで股関節と膝が痛くなりましたよ・・・。

    夜は「作業用BGM」をイヤホンで聞きながら作業していたのですが・・・、イヤホンのコードの長さが短くて、ちょっと動き辛かったです。
    イヤホンくらい1本買っておいても損は無いかな。


    ・今回運転した車はこちら
    トヨタ・ハイエース
    トヨタ・ハイエース
    左後輪の位置が分からんw


    ・合宿地、基、引き篭もっていた宿。
    いわゆる「貸し別荘」です
    いわゆる「貸し別荘」です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/10/26(火) 02:36:54|
    2. GM・東急9000系9009F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0