赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:15:落成]【重複orz】

    残していた行先表示を貼り付けました。

    ぎりぎり読める程度・・・
    行先表示は自作ステッカーにて再現しました。
    側面行先表示の文字が潰れかかってしまっています・・・。

    前面行先表示は・・・
    一回り小さかった様子・・・
    説明書通り、標識灯ステッカーの裏側から貼り付けました。
    ただ・・・、大きさが一回り小さかったようで、このままでは下地となるアルミテープの銀色が丸見えです。

    そこで・・・
    油性ペンで
    行先表示の付近を油性ペンで黒く塗りつぶしておけば、あまり目立たなくなるだろうと考えました。


    側面については・・・
    側面にも貼り付け
    ほぼピッタリでした。


    3色LEDの1次車と比較。
    1次車と比較
    模型的にはさほどかわり栄えしませんが・・・(・ω・ )
    実車で比較すれば、フルカラーLED搭載車のほうがより引き締まって見えます。

    側面も・・・
    行先表示が入ると引き締まる
    行先表示の有無で見え方がかなり変わります。


    ●記念撮影
    3000形3665F
    小田急3000形3665F
    完成とさせていただきます(`・ω・´)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/12/06(日) 21:58:37|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:14]【重複orz】

    とりあえず、組めるところまで組んでしまいます。
    1次車と同様に・・・
    1次車の時と同じく、前面表示器部分はアルミテープで裏打ちしておきます。

    んで、用意できていない行先表示を残して組み立てていきます。
    行先表示を残すのみ・・・

    8両分組み立てを済ませてしまいました。
    表示器待ち
    残すは行先表示を貼るだけです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/12/05(土) 23:27:10|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:13]【重複orz】

    色挿ししていきます。

    いつものように・・・
    パンタ、台車へは今までと同じ要領で色を乗せていきます。

    屋根にも色挿しを行いますので・・・
    切り出し
    ランナーから切り離しました。

    まずは屋上配管に・・・
    多少のはみ出しはあっても・・・
    多少のはみ出しはキニシナイw
    ってか特にはみ出しが大きい部分はパンタに隠れるので・・・

    ここで、思い出したかのようにアンテナを塗りました。
    忘れがちなアンテナへの色挿し
    思った時に塗らないと忘れてしまうんです(・ω・`)

    続いて雨樋への色挿しを行います。
    烏口で一気に終わらせる
    ここは烏口を使って一気に終わらせました。
    慣れてくると1両分(つまりは雨樋2箇所)を仕上げるのに1分掛かりませんし、しかもマスキング無しで塗りわけも決まるので重宝しています。

    ちょっと前に某所で「雨樋が塗装されていないのに『塗装済みキット』と謳うのは如何なものか」なんて話題があがりましたが・・・
    ワタクシとしては「いいじゃないの、雨樋くらい・・・」と思うところです。
    確かに塗られているに越したことは無いですけど。

    そんなことを思い出しながら、残り1両の屋根パーツを仕上げようとしたところ・・・
    げ
    どうらやマスキングが甘かったらしい・・・。
    確かにかなり薄く希釈された状態で吹いたことは確かなんだけどね。

    ヘラでそぎ落とせるものはそぎ落として、最後に1000番のペーパーで仕上げたところ。
    とりあえずこんなもんで・・・
    傷が残ってしまったのが残念なところ。
    だからと言って、再塗装することは考えていません。
    近くで見るならともかく、レイアウトの遠くまで行ってしまったら分からないでしょうし・・・。


    ここまで来たら、あとはステッカー貼って組み立てるだけ・・・なんですが、肝心のステッカーがまだ用意できていなかったのです・・・。
    これが限界かな・・・
    原画は既に作ってあるのですが、それを縮小して並べることまでは行っていませんでした。
    試しに大きさを合わせて印刷してみたところ、文字が細くて潰れてしまうトラブルが発生。
    文字を太くして再印刷してみるも、なんだか微妙・・・。
    一応読めることは読めるので、これで行こうかと思います・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/12/04(金) 23:29:49|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:12]【重複orz】

    塗装します。

    パンタや台車など、通常塗装できない小物には、先にマッハのメタル用シールプライマーを吹くのですが・・・
    お世辞にもきれいな色とはいえない・・・
    なんか変色しています・・・。
    購入当初は黄土色をしていたのですが、今は容器の中で、黄土色の沈殿物と青っぽい色の液体とに分離してしまっています。
    しかも、いくら混ぜても両者は混じり合わなくなってしまってます・・・。

    吹き付けて、乾いてきたところ・・・
    本当に大丈夫か・・・?
    今度は白っぽいモノが付着しているではありませんか・・・。
    これで本当にプライマーとしての役割を果たしているのかが不安です(・ω・ )

    レジン形成物には、クレオスのレジンプライマー・サーフェイサーを吹きました。
    洗うの忘れてた・・・
    ここで気づいたのですが、レジンパーツ(要するに機器箱)を洗浄するのを忘れていました・・・。
    なんですが、とりあえず塗装できているようなのでそのまま進めます。

    各種プライマーを吹いた後、所定の色を塗り重ねていきます。
    が・・・、どうもブラシの具合が良くないらしく、思うように作業が進まなかったのですね。
    ノズルが詰まっているとか、塗料の希釈不足とかは考えられず、どうもそれ以外のところに原因があるようなのですが・・・。


    続いてガラスパーツへの塗装も行います。
    最近の車輌はUVカットガラスが採用され、側面ガラスが緑色や青色に染まった車が多くなっています。

    3次車キット付属のガラスパーツは、特に着色はされていないので、それっぽく見せるために着色します。
    数ヶ月ぶりに・・・
    前回3000形3次車6両編成を作った時に使用した塗料の残りを引っ張り出してきました。
    これ、クリヤーブルーにクリヤーグリーンをてきとーに混ぜたものです。

    今回はこれに加えて・・・
    リターダー
    最近見つけたペイントリターダーなるものを混ぜて吹き付けてみました。
    ペイントリターダーは、「塗料の乾燥を遅らせて伸びを良くし、塗り斑を低減する」とアナウンスされています。
    これが果たしてエアブラシ塗装の時でも効果を発揮するかどうかは不明ですが・・・。


    さてガラスの全てが同じ濃さで着色されているかというと、そうではありません。
    側面窓ガラス部分は、濃い目に着色されている一方、側面ドアガラス部分は殆ど色はついていません。
    ってことで・・・
    側面ガラス部分を先に塗る
    先に窓ガラス部分を着色し、最後に全体的に薄く塗料を吹くことにしました。
    でも、結果としてはあまり変化がないように見えるんです・・・(・ω・`)

    一通り塗装作業を終えて、乾燥中。
    とりあえず塗装は終了
    ここまで来ると、一ヤマ超えた感じがしてホッとするのです・・・ε=(・ω・`)

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/12/03(木) 22:20:33|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:11]【重複orz】

    模型工作は久しぶりな感じです・・・
    最近「明け」の日は、おおよそ昼頃に帰宅して昼食を採り、その後夜まで「昼寝」をしてしまうため、模型弄りの時間があまり無いためです・・・。

    なんで、公休の日に作業するんですが、最近起床時間が14時を過ぎてから・・・ってパターンが多く、時間を有効に活用できていない状態が続いています。

    そんなわけで、今日も14:30起床で、作業開始が15:30。
    とりあえず機器箱を床板に配置していくところから始めました。
    並べ替え中・・・
    こうやって資料を見ながら、おおよその位置に機器箱を配置していきます。
    T車に関しては左右の位置だけ気をつけていればほぼ問題はありません。

    唯一面倒なのが、動力への機器箱の取り付け。
    動力へはそのまま配置できず・・・
    動力の下辺と車体の裾の高さが同じなので、そのまま機器箱を装着すると、機器箱の台座が丸見えになってしまいます。

    なんで、台座部分をカットしてから装着します。
    機器箱の台座をカットして貼り付け

    一通り8両分作業を終えたところ。
    一通り装着したところ

    ここで一手間かけます。
    まずはこちらをご覧ください。
    資料の見方でこんなに違う
    機器箱の配置はほぼ同じなのですが、全体的な位置が異なっています。

    これは、資料にした車輌を斜め前方から見た時と、真横から見た時で、機器箱の左右位置を判断したためです。
    なるべく編成で位置を揃えておきたいので、画像下半分の車輌は再度機器箱を配置し直しました。

    また、台座部分が薄く、機器の半分ほどが車体に隠れてしまうものもありましたので・・・
    モノによっては台座の嵩増しも必要
    台座部分にプラ片を貼り付けて嵩増ししておきました。

    床下部分についてはこれで作業は完了です。


    後は塗装するのみなので・・・
    マスキング完了
    他に塗装するパーツもかき集めて、必要に応じてマスキングや持ち手の装着を行いました。

    既に時間切れの状態でしたので、塗装は次回にでも・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/30(月) 23:22:07|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:10]【重複orz】

    毎度毎度同じような画像ばっかりですが・・・
    整形前
    複製時に欠けた部分にポリパテを乗せた部分は・・・

    整形後
    最終的には整形してある程度きれいな状態にしておきます。

    この車特有の形をしたインバータ装置は・・・
    これは一体・・・
    適当な箱を寄せ集めた結果こんな形に(´・ω:;.:...


    一通り8両分の機器箱が揃いました。
    とりあえず8両分
    後は床板に並べていくだけです。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/25(水) 22:41:40|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:9]【重複orz】

    引き続き、コピーした床下パーツへの作業です・・・。

    原型みたいにバリやヒケ等を作らずにスポンとコピーできればだいぶ楽なのですが、実際そういう訳にはいかなくて・・・
    この加工がめんどくさい・・・
    特大のバリや気泡による形成不具合など、何かしらの加工を行わないと使えない状態です・・・。

    必要な機器箱を切り出しては・・・
    必要な機器箱を切り出して・・・

    バリを取る・・・
    バリ取り
    これをひたすら繰り返していくわけです・・・。

    機器箱複数個を組み合わせる場合も、それぞれの箱のバリを取ってから・・・
    組み合わせる場合も同様にバリ取りして・・・

    接着面を整えて、接着します。
    接着

    バリ取りが無くなれば、どれだけ作業が楽になることなのでしょう・・・(・ω・ )

    量も、一つ二つの世界ではなくて・・・
    あまり進み具合を感じられない作業・・・
    数十個の世界ですから、全ての機器箱のバリ取りだけでもかなりの時間が掛かります。
    今日もあと1/3程を残して、時間切れ。
    残りは次回にでも・・・

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/24(火) 22:40:51|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:8]【重複orz】

    レジンコピーした床下パーツは、モノによっては箱単位で切接ぎ加工を施すものもあります。

    ただ単に切って貼ってするだけなら簡単なのですが、それを行った場合切断面に「面」が無くなってしまうことが殆どです。

    例えば・・・
    見えにくいですけど・・・
    白飛びして見え難くなってしまってますが・・・、表から見れば2つの箱がピッタリ並んで見えますが、裏から見れば二つを一まとめにしてモールドしていることが分かります。

    切断後にプラ片などで断面に「面」を作っても良いのですが、それはそれでめんどくさそうですので・・・。

    ってことで、先にポリパテで裏打ちを行って・・・
    裏打ち
    それから切断すれば、切断面に「面」が出来上がる、という話です。


    折角なので・・・
    復元したり・・・
    床下パーツの台座部分が欠けている部分にパテを盛って台座を形成したり・・・
    修正したり・・・
    機器箱の角が欠けてしまった所にパテを盛って修正したりしています。

    ポリパテ乾燥後に形を整え、床板に直接配置していく予定です。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/21(土) 22:03:58|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:7]【重複orz】

    昨日の話しですが、3次車の床下配置の資料を撮ってきました。
    ちょうど外出する予定もあって、目的地とは逆方向であることも省みず、和泉多摩川駅へ。


    こんな感じで、入線してくる車輌を連写で撮影し、資料としましたが・・・
    こんな感じで・・・

    連写

    途中で人が被ったり・・・
    途中で人が被ったり(これは仕方ない)
    これの1コマ前はど真ん中に人が被っています・・・
    まぁこれは仕方のない事。

    これも仕方ないといえば仕方ないのですが・・・
    これはひどい・・・
    30000形に邪魔された時には流石に「あ゛っ(゚Д゚#)」と感じましたが・・・。

    被写体ブレを起こしてはいますが、あまりハッキリし過ぎると今度は床下パーツの選択で困ってしまいますので・・・。
    だいたいの形と大きさが分かればよいのです。

    一通り、山側、海側の機器配置が分かるものを撮影できた段階で、撤収しました。

    残念なことを挙げれば・・・
    とにかく寒かった・・・
    この駅で上りと下りの各停がバッティングすることと、2000形が自分の居る側のホームに来たことでしょうか?
    この画像がそれらの条件を一まとめにした感じです。(手前2000形、奥3000形)
    そして、とにかく寒かったです・・・。


    そして今日、その資料を基に必要な床下機器箱をレジンコピーしました。
    レジン臭充満中(゚∀。)

    事前に、何処にどの機器箱が該当するかをメモ書きしておきます。
    配置メモ
    これはワタクシ独自の書き方です。
    どの床下パーツの何番目の箱を使うかを示しています。
    例えば、画像中央の下部に「C16」と書かれています。
    これは「床下パーツ[C]の1番、左から6番目」という意味でして・・・
    つまりはこういうこと↓
    たまに例外あり

    このやり方では、全車に共通して搭載される機器箱では全て同じパーツを当てはめていくことになりますから、床下バルクを大量に買ってきて・・・なんて事態が発生します。
    もちろん財布に優しくありませんし、必要以外の部分は全て無駄になります。
    それを防ぐために、わざわざレジンコピーという方法を採っているわけです。

    一通りコピーを終わらせて・・・
    とりあえずコピー完了
    一晩寝かせます。
    硬化が不十分だと簡単に形が歪んでしまいますので・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/20(金) 22:44:04|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:6]【重複orz】

    1次車を先行させる・・・としていますが、3次車については表面保護だけは行える状態でしたので、1次車と同時に作業をしました。

    1次車の仕上がり具合があんな感じでしたから・・・
    やっぱり・・・
    こちらも・・・
    滲んでるorz
    例外なく滲みが発生してしまってます(・ω・`)

    もちろん一度に大量に吹き付けた覚えも無いです。
    むしろ、車番の文字の滲みを警戒して少し控えめで吹いたはずなんですよ・・・。

    やっぱり薄め液の入れすぎが原因のようですね・・・。

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/16(月) 23:20:13|
    2. GM・小田急3000形(8両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ